最近の更新マクロを挿入する

最近の更新マクロは Confluence 内で最近変更されたコンテンツの一覧を表示します。

最近アップデートされたマクロを使用する

最近アップデートされたマクロを追加するには:

  1. 編集時には、ツールバーから を選択します。

  2. 挿入するアイテムを探して選択します

  3. [挿入] を選択します。

このページに「/」と入力して、ツールバーからを選択し、同じリストを表示することも可能です。

最近アップデートされたマクロを編集するには:

  1. マクロのプレースホルダーを選択します。フローティング ツールバーが表示されます。

  2. 編集を選択します。右側のパネルが開きます。

  3. パラメータを修正します。変更内容は、移動するごとに保存されます。

  4. ページの編集を再開すると、パネルが閉じます。

パラメーター

パラメータは、マクロ出力の内容や形式を制御するために設定するオプションです。 

Confluence Cloud ストレージ形式または wikimarkup で使用されるパラメーター名が、ブラウザやスラッシュ コマンドを使用してマクロを挿入する際に使用されるラベルと異なる場合は、下記の角括弧内に記載します ()。

パラメーター

既定

説明

Author(s) by username
(author

指定なし。つまり、すべてのコンテンツを表示します。

結果を作成者でフィルタリングします。ここで指定した作成者 (複数可) が最後に変更したページ等のみがマクロで表示されます。

複数のユーザーを指定できます。

Space(s)
(spaces

@self

マクロが使用されているページを含むスペース

このパラメーターによって、スペースごとにコンテンツをフィルタリングできます。ここで指定したスペース (複数可) に属するページ等のみがマクロで表示されます。

コンマまたはスペース区切りで複数のスペース キーを指定できます。

  • 指定したスペースのコンテンツを除外するには、そのスペースキーのすぐ前に マイナス記号( - )を付けます。例:-BADSPACE のスペースキーを指定した場合、BADSPACE にないコンテンツのみを取得します。

  • 指定したスペースから間違いなく結果を取得するには、そのスペースキーのすぐ前にプラス記号(+)を付けます。例:+GOODSPACE のスペースキーを指定した場合、GOODSPACE のコンテンツだけを取得します。(各コンテンツ項目は 1 つのスペースだけに属しているため、この方法が特に役立つわけではないことにご注意ください。1 つのスペースキーにプラス記号を付け、あわせて他のスペースキーも記載する場合、他のスペースキーは無視されます。)

特別な値:

  • @self - 現在のスペース。

  • @personal - すべてのパーソナルスペース。

  • @global - すべてのサイトスペース。

  • @favorite - お気に入りに登録したスペース 。

  • @favourite - 上記の @favorite と同じ。

  • @all - Confluence サイト内のすべてのスペース。

  • * - 上記の @all と同じ。

パーソナルスペースを指定する場合、ユーザー名の前に ~jbloggs または ~jbloggs@example.com などのように、チルダ (~) 記号を忘れずに付けてください 。

Label(s)
(labels

指定なし (すべてのコンテンツを表示)

結果をラベルで絞り込みます。ここで指定したラベル(複数可)によってタグ付けされているページだけがマクロによって表示されます。

カンマまたはスペースで区切ることで、1 つ以上のラベル値を指定できます。

  • 指定したラベルに一致するコンテンツを除外するには、そのラベル値のすぐ前にマイナス記号 ( - ) を付けます。例: -badpage のラベル値を指定した場合、'badpage' のラベルが付いていないコンテンツのみ取得します。

  • 指定されたラベル値と結果を間違いなく一致させるには、そのラベルの値のすぐ前にプラス記号(+)を付けます。例:+superpage、+goodpageのラベル値を指定した場合、少なくとも 2 つのラベル、「 superpage 」と「 goodpage 」が付いたコンテンツしか取得しません。

ラベル パラメーターは pageblog の各コンテンツ タイプにのみ適用されます。

Width of Table
(width

100%

マウロの表示幅を、ウィンドウ幅に対するパーセント値で指定します。

Include these Content Types Only
(types

すべてのタイプ

このパラメーターによって、コンテンツ タイプでコンテンツをフィルタリングできます。ここで指定したタイプのコンテンツのみがマクロで表示されます。

コンマまたはスペース区切りで複数のタイプを指定できます。

指定したコンテンツ タイプのコンテンツを除外するには、そのコンテンツ タイプの直前にマイナス記号 ( - ) を付けます。たとえば、-blogpost コンテンツ タイプを指定すると、ブログ投稿以外のページとその他のコンテンツを取得します。

利用可能な値:

Maximum Number of Results
(max

15

表示される結果の最大数を指定します。このパラメーターが省略されている場合は、最大 15 件の結果が表示されます。このパラメーターが許可できる論理的な最大値は 2 の 31 乗マイナス 1 (または 2147483647) ですが、パフォーマンス上の理由によってコード上で 200 に制限されています。詳細をご確認ください。

theme
(theme

concise

このマクロの外観を選択します。

  • concise — 更新またはコメントされたページ名、ページ通知を行ったユーザー、変更日時を表示する初期設定のリスト。

  • social — 最近の変更を新しい順にリストしますが、ユーザー別に短期間のセグメントにグループ化します。各ユーザーの時間セグメントには「サブ」リストが表示されて、更新またはコメントされたページの名前と、これらの変更が行われた日時を示します。

  • sidebar — 最近の更新を新しい順にリストして、更新またはコメントされたページの名前と、ページの変更日時を示します。このテーマでは作成者は表示されません。

Show User Profile Pictures
(showProfilePic

false

コンテンツを更新したユーザーのプロファイル画像を表示するには、showProfilePic=true を指定します。

Hide Title (hideHeading)

False

コンテンツ一覧でのタイトルとして、"Recently Updated" テキストをマクロで非表示にするか表示するかを決定します。wiki マークアップとストレージ形式でのみ利用できます。

許可される値:

  • true – タイトルを非表示にします。

  • false – タイトルを表示します。

Wiki マークアップの例

Wiki マークアップは従来のエディタでのみサポートされます。

Wiki マークアップはエディタ外部でマクロを追加する必要がある場合 (スペースのサイドバー、ヘッダー、またはフッターのカスタム コンテンツなど) に便利です。

Macro name: recently-updated

マクロ本文: なし。

1 2 3 4 {recently-updated:spaces=ds|author=admin|max=10|hideHeading=true|width=50%|theme=sidebar|showProfilePic=true|labels=choc|types=page}

最近更新されたダッシュボード マクロはこのマクロと似ていますが、Confluence ダッシュボードにおける表示を目的に作成されています。

 

その他のヘルプ