Confluence を使用していないときに Team Calendars イベントを確認するには、お気に入りのサードパーティ カレンダー アプリから Team Calendars を登録することが最適な方法です。 

Team Calendar をカレンダー アプリと同期するには、次の 2 通りの方法があります。

  • 双方向同期 (CalDAV) - カレンダー アプリ内の Team Calendars イベントを表示して更新できます。

  • 一方向同期 (iCal) - カレンダー アプリ内の Team Calendars イベントを表示できますが、更新できません

すべてのカレンダー アプリが、Team Calendars との双方向同期 (CalDAV) をサポートしているわけではありません。CalDAV をサポートするアプリを Team Calendars と適切に統合する必要があります。以下のアプリはテストを実施して、問題なく統合できることが確認されています。

その他のカレンダー アプリ

使用しているカレンダー アプリが上記のリストにない場合も、Team Calendars を登録できる可能性があります。アプリのドキュメントを参照して、iCal または CalDAV 標準がサポートされているかどうかをご確認ください。iCal をサポートしている場合は、一方向同期を設定できるはずです。CalDAV をサポートしている場合は、双方向同期を設定できるはずです。 

上記以外のカレンダー アプリを登録するには、次の手順を実行します。

Confluence の場合

  1. カレンダーの上部にある [登録] を選択します。

  2. カレンダー アプリのドロップダウンから [iCal] または [CalDAV] を選択します (カレンダー アプリがサポートしている標準については、カレンダー アプリのドキュメントをご参照ください)。

  3. カレンダー URL をコピーします。  

次に、カレンダー アプリで、アプリのドキュメントに記載されている手順に従って、カレンダーを追加または登録します。 

タイム ゾーン

タイムゾーンはわかりにくい表現かもしれません! ここでは、表示する時間を決める方法を示します。

  • Confluence プロファイルで設定されたタイムゾーンを使用して、Confluence でイベントの時刻を表示します。

  • カレンダー アプリには、アプリまたはデバイスで設定されているタイムゾーンを使用して、イベントの時刻が表示されます。

  • Team Calendar 自体で定義されたタイムゾーンを使用してイベントを保存し、イベントを表示するときに適切なタイムゾーンに変換します。 

常に正しい時刻が表示されるはずですが、場所を変更する場合は、カレンダー アプリと Confluence の間に不一致が見られないように Confluence プロファイルを更新してください。