Jira ファミリーとサンドボックス

Jira ファミリー製品は同じプラットフォームに構築されます。つまり、Jira Software、Jira Service Management、Jira Work Management は、共通の Jira フレームワークを共有しています。その結果、変更した内容は同じ URL を持つすべての Jira 製品に影響します。たとえば、Jira Service Management サンドボックスを acme-sandbox-123.atlassian.net から削除すると、Jira Software サンドボックスも acme-sandbox-123.atlassian.net から削除されます。

Jira Service Management サンドボックスには、Opsgenie URL と Jira Service Management URL からアクセスできます。

さまざまな Jira 製品プランがある場合は、さまざまなサンドボックス作成オプションを利用できます。

Premium プランまたは Enterprise プランの Jira 製品と、Free プランまたは Standard プランの別の Jira 製品 (Jira Product Discovery を除く。この製品は現在サンドボックスでサポートされていないため) がある場合は、Free プランまたは Standard プランで Jira 製品の無料サンドボックスを利用できます。

たとえば、Jira Software Enterprise プランのユーザーは、Jira Software サンドボックスにアクセスできます。Jira Work Management など別の Jira 製品を Free プランに追加する場合、Enterprise プランですでに Jira 製品があるため、Jira Work Management サンドボックスが無料で提供されます。



その他のヘルプ