アプリケーション トンネルとは何ですか?

アプリケーション トンネルは、Atlassian Cloud 組織とネットワークで稼働している Data Center または Server インスタンス間の安全な経路として機能します。この経路によって製品をアプリケーション リンク経由で統合できて、ネットワークへの受信接続を許可不要になります。ネットワーク トンネリングによって、アトラシアン製品を統合して安全な方法でデータや機能をやり取りできます。ネットワークの公開や着信接続と IP の許可リスト化は不要です。

動作の仕組み

ここでは、アプリケーション トンネルとそれを使用するリンクがどのように製品を統合するかを確認できます。

図: アプリケーション トンネルがアトラシアンのクラウドとオンプレミスの各製品を接続する方法
  1. トンネル サーバー: トンネルを作成した admin.atlassian.com からアクセスします。

  2. トンネル クライアント: オンプレミス インスタンスに Marketplace アプリとしてインストールされます。

  3. アプリケーション リンク (クラウド): 各クラウド製品にトンネリングされたアプリケーション リンクを作成して、それを既存のトンネルに向けます。複数のクラウド製品を単独のトンネルにリンクできます。

  4. アプリケーション リンク (オンプレミス): 相互リンクは、オンプレミス インスタンスに作成されます。ネットワークへの着信接続のみがトンネルを使用して、送信接続はクラウド製品に直接到達します。

サポート対象製品

アプリケーション トンネルをサポートしているのは次の製品です。

クラウド

  • Jira Work Management Cloud

  • Jira Software Cloud

  • Jira Service Management Cloud

  • Confluence Cloud

Data Center または Server

  • Jira Core/Software 8.8 以降

  • Jira Service Management 4.8 以降

  • Confluence 7.4 以降

  • Bitbucket 6.9 以降

制限事項

各オンプレミス インスタンスは、admin.atlassian.com から 1 つのトンネルのみを受信できます。ただし、このトンネルに複数のクラウド製品をリンクしたり、別々のオンプレミス インスタンスにつながる複数のトンネルをクラウド内に作成したりはできます。この制限は、サポート対象外の単一のオンプレミス インスタンスに複数のクラウド組織をリンクする場合に影響します。

利用可能な機能

クラウドとオンプレミスの各製品を統合する際は、現在の統合でお馴染みの機能とはいくらかの差異があります。利用可能な統合と機能の差異に関する詳細については「アトラシアンのクラウドとオンプレミスの各製品を統合する」をご参照ください。

その他のヘルプ