アトラシアンの組織とは

コンテンツの正しい表示

admin.atlassian.com で、ご利用の組織から [ユーザー] と [グループ] の各リストが [ディレクトリ] タブにある場合は、改善されたユーザー管理コンテンツを表示します。

[ユーザーとグループ] ではなく新しい [ディレクトリ] タブを表示する、新しい admin.atlassian.com ビューの図

Atlassian の組織によって、企業のユーザーと製品をひとまとめにできます。組織管理者は、従業員の Atlassian アカウントと自社製品を管理できます。

組織の製品を管理する

Atlassian Cloud 製品の新しいインスタンスを作成すると、組織からその製品を管理できます。製品の各インスタンスはサイトに関連付けられており、各サイトには独自のサイト URL と管理機能が付いています。組織に含められる製品には、Jira 製品 (Jira Software、Jira Service Management、Jira Work Management)、Confluence、Statuspage、Opsgenie などがあります。今のところ、Bitbucket と Trello は組織に関連付けられません。

製品のあるサイト 1 と 2 を含む組織を持つ Atlassian 環境。

ここで製品を一元管理すると、すべての管理設定と請求の詳細にアクセスできます。Atlassian Access のサブスクリプションによって、製品の使用状況やセキュリティの導入に関する監査ログやチャートを見ながら、組織全体の活動をより詳しく把握できます。Atlassian Access に関する詳細をご確認ください

組織のユーザー アカウントを管理する

ユーザーは 1 つの製品に関連付けられていません。つまり、組織内外の製品にアクセスできます。

ユーザーは、1 つの組織に関連付けられるまで、アカウントの所有権を請求できません。1 つの組織に関連付けられると、そのアカウントは組織の管理アカウントになります。

管理対象アカウントを完全に制御できます。メール アドレスやその他の詳細をアップデートしたり、アカウントを無効化または削除したり、安全なログインのための認証ポリシーを施行したりできます。Atlassian Access のサブスクリプションでは、組織外のディレクトリからユーザーを同期するなどの詳細な機能が提供されています。ユーザーを管理対象アカウントに同期すると、図に示すように、Access の設定がこれらのアカウントがサイトや製品にログインする方法に影響を与えます。

組織の管理対象アカウントを指す外部ディレクトリ。2 つのサイトを指す Atlassian Access を指している

従業員のアカウントの管理を開始するには、会社のドメインの所有権を認証します。これによって、そのメール ドメインを使用したアカウントを取得できるようになります。組織のドメインの認証に関する詳細をご確認ください。

この表には、組織内の子アカウントで使用できるものの一覧が表示されます。

ユーザー管理アクティビティ

認証済みドメインが必要

Atlassian Access も必要

製品アクセスを許可する

-

-

ドメインを認証

-

-

メール アドレスと管理対象アカウント名を更新

-

管理対象アカウントを削除または無効化

-

パスワード ポリシーを更新

-

セッションのアイドル期間の更新

-

2 段階認証の強制

シングル サインオンを要求

ユーザーを G Suite から同期

-

ID プロバイダーからユーザーを同期


ユーザー管理エクスペリエンスの向上

Atlassian の組織によって、企業のユーザーと製品をひとまとめにできます。組織管理者は、従業員の Atlassian アカウントと自社製品を管理できます。

組織の製品を管理する

Atlassian Cloud 製品の新しいインスタンスを作成すると、組織からその製品を管理できます。組織に含められる製品には、Jira 製品 (Jira Software、Jira Service Management、Jira Work Management)、Confluence、Statuspage、Opsgenie などがあります。今のところ、Bitbucket と Trello は組織に関連付けられません。

製品を含む組織を持つ Atlassian 環境 (サイトへの分割なし)

ここで製品を一元管理すると、すべての管理設定と請求の詳細にアクセスできます。Atlassian Access のサブスクリプションを利用すれば、製品の使用状況やセキュリティの導入に関する監査ログやチャートを見ながら、組織全体の活動をより詳しく把握できます。Atlassian Access に関する詳細をご確認ください

組織のユーザー アカウントを管理する

ユーザーは 1 つの製品に関連付けられていません。つまり、組織内外の製品にアクセスできます。

ユーザーはアカウントの所有権が要求されるまで、どの組織にも紐づけられません。所有権が要求されるとユーザーは組織の管理対象アカウントになりますが、組織外の製品には引き続きアクセスできます。

管理対象アカウントを完全に制御できます。アカウントのメール アドレスやその他の詳細を更新したり、アカウントの無効化または削除を行ったり、セキュリティで保護されたログインのために認証ポリシーを適用したりできます。Atlassian Access サブスクリプションでは、組織外のディレクトリからのユーザーの同期など、より高度な機能を提供します。ユーザーを管理対象アカウントに同期すると、図に示すように、アクセス設定は、それらのアカウントが製品にログインする方法に影響します。

組織の管理対象アカウントを指す外部ディレクトリ。ディレクトリを指す Atlassian Access を指している

従業員のアカウント管理を開始するには、会社のドメインの所有権を認証します。これによって、そのメール ドメインのアカウントを取得できるようになります。組織のドメインの認証に関する詳細をご確認ください。

この表には、組織内の子アカウントで使用できるものの一覧が表示されます。

ユーザー管理アクティビティ

認証済みドメインが必要

Atlassian Access も必要

製品アクセスを許可する

-

-

ドメインを認証

-

-

メール アドレスと管理対象アカウント名を更新

-

管理対象アカウントを削除または無効化

-

パスワード ポリシーを更新

-

セッションのアイドル期間の更新

-

2 段階認証の強制

シングル サインオンを要求

ユーザーを G Suite から同期

ID プロバイダーからユーザーを同期

 

その他のヘルプ