DNS レコードをコピーして、ドメイン プロバイダーに追加する

ドメインを追加すると、ドメイン プロバイダーに追加する必要がある DNS レコードのリストが提供されます。DMARC の設定に必要な DNS レコードの詳細についてご確認ください。

ドメイン プロバイダーに DNS レコードを追加すると、DNS の仕組みの性質上、プロバイダーに加えた変更が弊社のシステムに反映されるまでに時間がかかる場合があります。

お客様が DNS レコードを追加すると、弊社はレコードを照合し、すべてのレコードがまだ存在し、正しくフォーマットされていることを検証します。次に、ドメイン プロバイダーの DNS レコードが、弊社が提供する DNS レコードと一致するかどうかシステムでチェックされます。これは DNS レコードの確認と呼ばれます。

admin.atlassian.com にドメインを追加すると、24 時間ごとに DNS レコードの確認が実行され、レコードが一致するかどうか判断されます。確認中に一致しない DNS レコードが 1 つでもあれば、組織のすべての管理者に通知するメールが送信されます。すべてのレコードが一致すると、これらのメールを受け取らなくなります。

DNS レコードをコピーして追加する

レコードを初めて表示して [DNSレコード] モーダルを閉じた後は、いつでも戻ってそれらレコードをコピーできます。DNS レコードをコピーして追加するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [設定] > [メール] の順に選択します。

  3. [メール ドメイン] タブを選択します。

  4. 管理するドメインの [DNS レコードを表示] を選択します。5 または 6 つの DNS レコードが表示されます。

  5. ドメイン プロバイダーを開いて、 DNS カスタム レコードを追加できる画面を見つけます。これらのレコードは、admin.atlassian.com で追加した同じドメインに追加されます。

  6. 各 DNS レコードの名前と値をコピーして追加し、ドメイン プロバイダーにカスタム レコードを作成します。追加する方法の詳細については、以下の表を参照してください。

  7. これらのレコードをドメイン プロバイダーに保存します。

  8. [メール ドメイン] タブに戻って [DNS レコードを表示] を選択します。

  9. [DNS レコードの確認を実行] または [閉じる] を選択します。
    DNS レコードの確認を実行すると、確認がすぐに開始されます。この確認が完了するまでしばらくかかる場合があります。閉じることを選択した場合も、メール ドメインを追加してから 24 時間後に確認が実行されます。

タイプ

追加する方法

SPF

  1. ドメイン プロバイダーに名前をコピーします。

  2. 既存の SPF TXT レコードがある場合は、include: _spf.atlassian.net を既存のレコードに追加します。

  3. 既存の SPF TXT レコードがない場合は、

    1. レコードの値をコピーし、v=spf1-all を追加して、優先メール サーバーを指定します。値は次のようになります:
      v=spf1 include:_spf.atlassian.net -all

    2. DNS レコード タイプとして [TXT] を選択します。

CNAME (DKIM1 および DKIM2)

  1. 両方の名前とレコード値をドメイン プロバイダーにコピーします。

  2. DNS レコード タイプとして CNAME を選択します。

BOUNCECNAME

  1. 名前とレコード値をドメイン プロバイダーにコピーします。

  2. DNS レコード タイプとして CNAME を選択します。

TXT

  1. 名前とレコード値をドメイン プロバイダーにコピーします。

  2. DNS レコード タイプとして [TXT] を選択します。

個々のレコードのステータスを取得する

DNS レコードの確認を実行する際、DNS レコード テーブルの各レコードのステータスをアップデートします。個々のレコードのステータスを確認するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [設定] > [メール] の順に選択します。

  3. [メール ドメイン] タブを選択します。

  4. 管理するドメインの [DNS レコードを表示] を選択します。

  5. メール ドメインの [設定]>[メール] で、[DNS レコードを表示] を選択します。

  6. [ステータス] 列には、レコードごとに または が表示されます。

    • レコードに が表示されている場合、ドメイン プロバイダーのものと一致していることが確認されています。

    • レコードに が表示されている場合、まだ一致を確認できていません。詳細については、 にマウス カーソルを合わせてください。

  7. [閉じる] を選択します。

DNS レコードの確認を開始する

DNS レコードの確認は自分で開始することもできます。確認を開始するには、次の手順に従います。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [設定] > [メール] の順に選択します。

  3. [メール ドメイン] タブを選択します。

  4. 管理するドメインの [DNS レコードを表示] を選択します。

  5. 必要な場合は、レコードをコピーしてドメイン プロバイダーに追加できます。

  6. [DNS レコードの確認を実行] を選択します。

その他のヘルプ