サンドボックスへのアクセスを許可する

一元化されたユーザー管理を使用しているのか、従来のユーザー管理を使用しているのかによって、ユーザーとグループにサンドボックスへのアクセス権を付与する仕様が異なります。利用しているユーザー管理エクスペリエンスの確認

サンドボックス環境は製品のテスト環境であるため、サンドボックス環境へのアクセスは既定で許可されていません。

一元的なユーザー管理へのアクセスを許可する

本番サイトでは、ユーザーとグループは組織レベルに存在するため、サンドボックスにコピーする必要はありません。サンドボックスを作成すると、組織管理者だけがグループにアクセスできるようになります。サンドボックス内のグループ名には、製品のグループ名と類似する名前が付きます。たとえば、jira-software-users-test という名前のグループは、サンドボックスでは jira-software-users-test-sandbox-123 という名前になります。

サンドボックスへのアクセスを許可する方法は次のとおりです。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [製品] を選択します

  3. ユーザーにアクセスを許可するサンドボックスで、[アクセス管理] を選択します。

  4. 適切なサンドボックスのグループにユーザーを追加します。

グループへのユーザー追加に関する詳細をご確認ください。

オリジナルのユーザー管理へのアクセスを許可する

本番サイトからサンドボックスにデータをコピーすると、ユーザーとグループは別々にコピーされます。ただし、ユーザーはサンドボックスのグループに自動的に追加されるわけではなく、サンドボックスにユーザーを招待して手動で追加する必要があります。

本番サイトからサンドボックスにデータをコピーすると、ユーザーとグループもコピーされますが、ユーザーがグループに自動で追加されることはありません。サンドボックス内のグループ名には、製品のグループ名と類似する名前が付きます。たとえば、本番サイトにある jira-software-users-test という名前のグループは、サンドボックスでは jira-software-users-test-sandbox-123 という名前になります。

サンドボックスへのアクセスを許可する方法は次のとおりです。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [製品] を選択します

  3. ユーザーにアクセスを許可するサンドボックスで、[その他のアクション] (…) > [ユーザー管理] を選択します。

  4. サイドバーから [グループ] を選択します。

  5. 適切なサンドボックスのグループにユーザーを追加します。

グループへのユーザー追加に関する詳細をご確認ください。

 

その他のヘルプ