本番データをサンドボックスコピーする

本番データをサンドボックスにコピーする場合、一部のデータ・タイプはコピーされません。サンドボックスにコピーされるデータについて確認する

クラウド間でのデータ・コピーを使用してサンドボックス・データを本番環境にコピーすることはお勧めしません。これを行うと、本番環境でデータが重複する可能性があり、それをクリーンアップする必要が生じます。

すべてのスペースまたはプロジェクトをコピーする

本番環境からサンドボックスにデータをコピーすると、サンドボックス内の既存データがコピーした新しいデータに置き換わることにご注意ください。新しくデータをコピーするたびに、サンドボックス内の既存のデータが上書きされます。

データを本番環境からサンドボックスにコピーする手順は以下のとおりです。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [製品] > [サンドボックス] の順に選択します。

  3. 製品テーブルの [アクション] で、[Copy production data (本番データをコピー)] を選択します。

  4. メディア・ファイルとともにコピーするか、メディア・ファイルなしでコピーするかのいずれかを選択し、[データをコピー] を選択します。メディア・ファイルなしでコピーすると、サンドボックスへのデータのコピーに要する時間が短縮されます。

以下の機能は、ベータ版を通じて一部のお客様のみ利用可能です。

データを本番環境からサンドボックスにコピーする手順は以下のとおりです。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [製品] > [サンドボックス] の順に選択します。

  3. 製品テーブルの [アクション] で、[Copy production data (本番データをコピー)] を選択します。

  4. [添付ファイルありでデータをコピーする] または [添付ファイルなしでデータをコピーする] を選択します。

  5. コピーするデータをレビューします。

  6. [データをコピー] を選択します。

特定のスペースまたはプロジェクトをコピーする

この機能は、ベータ版を通じて一部のお客様のみ利用可能です。

本番環境から特定のプロジェクトまたはスペースを選択してサンドボックスにコピーすると、選択したデータのみがサンドボックスにコピーされます。これにより、完了時間が短縮され、エラーのリスクが最小限に抑えられます。

特定のスペースやプロジェクトを本番環境からサンドボックスにコピーする方法。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [製品] > [サンドボックス] の順に選択します。

  3. 製品テーブルの [アクション] で、[Copy production data (本番データをコピー)] を選択します。

  4. 手順に従って、特定のプロジェクトまたは特定のスペースを選択します。

  5. サンドボックスで添付ファイルを表示する場合は、[添付ファイルを含める] を選択します。
    一元的なユーザー管理を行っているか、従来のユーザー管理を行っているかによって、ユーザーやグループにサンドボックスへのアクセス権を付与する手順が異なります。ご利用のユーザー管理エクスペリエンスをご確認ください。

  6. 組織が独自のユーザー管理を行っているかどうかに応じて、サンドボックスでグループ メンバーシップを保持するかどうかを選択します。

  7. [検証] を実行します。

  8. コピーするデータをレビューします。

  9. [データをコピー] を選択します。

グループ メンバーシップを保持する

ユーザーをそれぞれのグループとともにサンドボックスにコピーします。 コピーしたグループと同じ名前のグループがサンドボックスにすでに存在する場合は、2 つのグループをマージします。 したがって、ユーザーがサンドボックスを最初に使用する場合、既存のサンドボックス グループの権限が自動的に取得されます。 つまり、ユーザーは望まない権限を継承する可能性があります。

データを検証

移行を実行する前に、移行先サイトが移行用に正しく設定されているか確認して潜在的な競合や不要な設定を特定するためのチェックを実行します。

チェックによって警告やエラーが発生した場合は、データのコピーを実行する前にそれらを解決する必要があります。

チェック内容は次のとおりです。

  • 名前が重複するスペースがサンドボックスにすでに存在するかどうか
    サンドボックス上のすべてのプロジェクトまたはスペースには、データのコピー後に一意の名前とプロジェクト キーまたはスペース キーが必要です 。これには、変更されたまたは古いプロジェクト キー/スペース キーの履歴が含まれます。重複するプロジェクトやスペースが見つかった場合は、サンドボックス上の重複プロジェクトを削除するか、選択から重複するプロジェクトやスペースを削除する必要があります。

  • 一般に公開されているスペースがあるかどうか
    お客様の本番環境で設定されているスペース権限をコピーします。場合によっては、プロジェクトの権限で公開アクセスが許可される場合があります。つまり、データをコピーした後は、サンドボックス内の Confluence スペースと関連データにインターネット上のすべてのユーザーがアクセスできる状態になります。ログインしていないユーザーをこのサンドボックス内のデータにアクセスできないようにする場合は、データをコピーする前に本番環境の権限を更新してください。

  • プロジェクトに無効なフィルターがあるかどうか
    Jira サンドボックスへのデータのコピーを開始する前に、ボード フィルターが無効または不足していないかのチェックが行われます。無効または不足しているフィルターが見つかった場合は、プロジェクト ボードに有効なフィルターを追加する必要があります。有効なフィルターがない場合は、新しいフィルターを作成してプロジェクト ボードに追加する必要があります。

ユーザーとグループ

新しいデータをサンドボックスにコピーすると、ユーザーとグループがサンドボックスにあるデータとマージされます。

本番環境とユーザーへの影響を与えないよう、Webhook または OAuth トークンはコピーされません。また、アプリ リンク、外部メール通知、Bitbucket および Slack との統合も無効にします。

データのコピーにかかった時間

データのサイズによっては、本番環境からサンドボックスへのデータのコピーに最長で 14 日かかる場合があります。 コピーするデータのサイズが大きいほど時間がかかります。完了後はメールでお知らせします。

Jira 製品ファミリーのデータのコピー

Jira と Jira Service Management の各サンドボックスを同じ URL によってリンクしている場合はどちらもプラットフォーム上に構築されるため、データはすべての Jira サンドボックスに対してコピーされます (Opsgenie を使用した機能を除く)。これによって、インシデントのリンクが本番環境と異なる表示になる可能性があります。

フィードバック

アトラシアンでは、サンドボックスのデータ・コピー機能の合理化に取り組んでいます。サンドボックスへのデータ・コピーに対するご要望について、フィードバックをぜひお聞かせください。フィードバックは「クラウドのサンドボックス環境」までお願いします。

手動でデータをコピーしている場合、Confluence サイトのインポート/エクスポートまたは Jira の CSV インポートはサンドボックスの失敗率が高いため、使用をお勧めしません。

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。