robotsnoindex

robotsnoindex

現在、このページのコンテンツに影響する変更をロール アウト中です。ご利用の組織 (admin.atlassian.com)で、 [ ユーザー ] リストと [ グループ ] リストが [ ディレクトリタブの下にある場合、改善されたユーザー管理エクスペリエンスが有効になっています。



Jira ファミリーの製品と Confluence 製品のすべてに、それぞれ専用のファイル ストレージ スペースが付属しています。これは、同じ製品のインスタンスが複数ある場合も同様です。たとえば、2 つのサイトのそれぞれの Confluence インスタンスを使っている場合、これら 2 つのインスタンスの各々に専用のストレージがあります。このストレージは、主に添付ファイルに使用されます。

製品が利用できるストレージの量は、そのプランによって異なります。次のストレージ割り当て量を参照してください。

各製品のストレージ使用量の確認方法

ストレージの使用量を確認するには、サイト管理者である必要があります。

  1. admin.atlassian.com でサイトの管理領域にアクセスします。

    • 1 つのサイトの管理者であった場合、ご利用のサイトの [ユーザー] ページに遷移します。

    • 複数のサイトの管理者や組織管理者であった場合、サイトの名前および URL をクリックすることで対象のサイトの管理領域を開くことができます。

  2. [サイト設定] で [ストレージ] を選択します。各製品について、使用されているストレージ量と残りの量 (無制限ではない場合) を確認できます。

改善されたユーザー管理エクスペリエンスを使用している場合は、この異なる方法を実行することにご注意ください。

ストレージを追跡するには、組織の管理者である必要があります。

  1. ログイン (admin.atlassian.com).

  2. 組織のヘッダーから 製品 を選択します。

  3. ページの左側から、サイトの名前と URL > ストレージの順に選択します。 各製品について、使用されているストレージ量と残りの量 (無制限ではない場合) を確認できます。

ストレージ制限を超えるとどうなりますか?

ストレージ制限は、現時点では強制されるものではありません。Confluence または Jira 製品でプランのストレージ制限を超過した場合も、弊社製品の  使用ポリシー に従っている場合、サブスクリプションのキャンセルやデータの削除は行われません。

ただし、ストレージ制限の適用を近日中に適用することを予定しています。これによってアップグレードが必要な場合は事前にお知らせします。

ストレージ制限を増やすことはできますか?

Jira および Confluence のプランではそれぞれ、ストレージ量が決められています。現在、ストレージを増やす方法は、プランのアップグレードのみです。

Premium プランから Standard プランまたは Free プランに切り替えた場合、ストレージや保存済みのデータはどうなりますか?

弊社製品の Acceptable Use Policy に従っている限り、現時点ではストレージ制限を超えていた場合も保存済みのデータへの影響はありません。ただし、ストレージ制限の適用を近日中に適用することを予定しています。

Free プランの製品が長期間非アクティブだった場合、どうなりますか?

Confluence

Free プランの Confluence サイトは、120 日間非アクティブな状態が続くと無効化されます。サイトの無効化を防ぐには、ログインして任意の Confluence ページを表示します。これがアクティビティとして扱われ、120 日間のカウントがリセットされます。

Jira

サイトのすべての Jira Cloud 製品が Free プランを利用している場合、非アクティブな状態が 120 日続くと、Jira Cloud 製品は無効化されます。ただし、サイトのいずれかの Jira Cloud 製品が有料プランである場合、これはサイトに適用されません。

ここでのアクティビティとは、サイトの Jira 製品へのログインや、任意のページの参照です。たとえば、ログインしてダッシュボード、レポート、Jira 管理者画面、または課題を表示した場合、それらすべてがアクティビティとして計上されます。サイトをアクティブに保つには、ログインしていずれかのページを表示します。これによって 120 日の日数がリセットされます。

Free プランでの非アクティブな製品の無効化とその他の制限事項をご確認ください

データはどこに格納されていますか。

クラウド ホスティング インフラストラクチャ」ページをご覧ください。

データをバックアップする頻度はどの程度ですか。

Amazon Relational Database Service (RDS) の自動化されたバックアップが毎日生成されて、ポイント イン タイムのデータ復元が実行できるように 30 日間保持されます。RDS のスナップショットは、保存時に暗号化されます。

Atlassian の RDS バックアップを使用して変更をロールバックできますか?

RDS バックアップを使用して変更をロールバックすることはできません。これらには、スクリプトを使用して上書きされたフィールド、削除された課題、プロジェクト、またはサイトなどの変更が含まれます。

この理由は、データが単一の中央データベースに格納されていないためです。代わりに、データは多くのマイクロ サービス間で保存されているため、変更のロールバックはリスクの高いプロセスになります。

データの損失を避けるため、定期的なバックアップをお勧めします。方法については、次のドキュメントをご参照ください。 

データを保護するために、どのようなセキュリティ手順が実施されていますか。

Atlassian のセキュリティ プラクティス」のページをご覧ください。

アトラシアン製品のサブスクリプションの支払いを行わないとどうなりますか。

アトラシアン製品のサブスクリプションの支払いに失敗した場合、お支払い期限の 15 日後にすべての製品のサブスクリプションが解約されます。この時点で、ユーザーは製品にアクセスできなくなります。

データ保持について

解約後、アトラシアンではユーザーのデータを 15 日 (評価用サイト) または 60 日 (有料サブスクリプション サイト) 間保持します。

アトラシアン製品のサブスクリプションの支払いが行われなかったことによる解約の場合、データは 15 日 (評価用サイト) または 60 日 (有料サブスクリプション サイト) 後に削除されます。


アトラシアンは、Google Apps データベース、Google Docs、Gmail メッセージ、Google Calendar のエントリー、Google Chat、Google Sites 内のユーザーや情報など、Google Apps Marketplace に保存されたデータは削除しません。

請求情報が未登録の製品への再サブスクライブ

サイトの解約後 15 日または 60 日以内に請求情報を登録することで、再度サブスクライブできます。サイトの削除後に請求情報を登録しても、サブスクリプションの再アクティベートやサイト データの復元は行われません。 

アトラシアン製品のサブスクリプションを解約するとどうなりますか。 

製品のサブスクリプションをキャンセルした場合、それ以降はサイトの更新が処理されません。サブスクリプション期間の終了後、サイトには 15 日間アクセスできます。その後、サイトは非アクティブとなって製品はデータ保持期間に入ります。

データ保持期間

製品のデータ保持期間の長さは、ライセンスまたはプランによって異なります。次をご参照ください。

  • 評価ライセンス – データは 15 日間保持されます。

  • Free、Standard、または Premium プラン – データは 60 日間保持されます。

このデータ保持期間を過ぎると、製品データは完全に削除されて復元できなくなります。

キャンセルされたサイトの再サブスクライブ

サイト データが完全に削除される前に未払い分の更新料金を支払うことで、再サブスクライブを行うことができます。サイトの削除後に請求情報を登録しても、サブスクリプションの再アクティベートやサイト データの復元は行われません。 

Google Apps Marketplace データ

Atlassian は、Google Apps データベース、Google Docs、Gmail メッセージ、Google カレンダーのエントリー、Google Chat、Google サイト内のユーザーや情報など、Google Apps Marketplace に保存されたデータは削除しません。

アトラシアン製品のサブスクリプションの 1 つの製品を削除または解約するとどうなりますか。 

アトラシアン製品のサブスクリプションの個々の製品は次のように、製品に応じて複数の方法で削除されます。 

Confluence

Confluence を削除するには、アトラシアン製品のサブスクリプションから Confluence を削除します。これにより、ただちにConfluence データが削除され、すべてのユーザーから Confluence へのアクセス権が削除されます。以降、Confluence の契約の更新は行われません。 

Jira

Jira 製品を削除するには、Jira 製品をアトラシアン製品のサブスクリプションから解約します。すべてのユーザーから製品へのアクセス権が削除され、以降、契約の更新は行われません。

1 つの Jira 製品 (例: Jira Software) を解約したが Jira 製品 (例: Jira Service Management) は残っている場合、Jira データは保持されます。サイトのすべての Jira 製品を解約した場合、Jira データはただちに削除されます。

アトラシアン製品の年間サブスクリプションでの個々の製品の評価期間の終了時はどのようになりますか。

アトラシアン製品の年間サブスクリプションでの個々の製品の評価は、30 日間行えます。支払いが行われない場合、支払い期日の 17 日後に Jira および Confluence が解約されます。この時点で、ユーザーは Jira および Confluence にアクセスできなくなります。

Confluence データ は、 この製品のサブスクリプション 解除の 15 日後に削除されます。ある Jira 製品 (Jira Service Management など) の評価が終了しても年間サブスクリプションに別の Jira 製品 (Jira Software など) がある場合、お客様の Jira データは NOT 削除されません。Jira データは、すべての Jira 製品を解約した場合にのみ すべて 削除されます。 


削除したデータを復元することはできません。後述のように、Confluence サイトまたは Jira サイトのバックアップを作成することを強く お勧めします。.


データのインポート

Jira 製品の課題や Confluence のスペースなどの既存の情報を取り込むことができるため、情報をゼロから構築する必要はありません。詳細については、必要なインポートのタイプを選択してください。

Jira 製品

Confluence


データのエクスポート

データのインポートと同様、使用している各クラウド製品からコンテンツ データをエクスポートします。Atlassian 管理ハブからユーザー データをエクスポートすることもできます。

Jira 製品

Confluence