サンドボックス用のアプリを管理する

リンクされた本番環境で有料サブスクリプションを持つアプリを追加する

リンクされた本番環境で有料サブスクリプションを持つ Atlassian Marketplace アプリは、サンドボックスに無料で追加できます。これらのアプリは無料トライアルで追加されて、トライアル期間後も引き続き無料で利用できます。

サンドボックスにアプリを無料で追加するには、次の手順に従います。

  1. サンドボックスの Jira Software、Jira Service Management、または Confluence の管理セクションに移動します。

  2. [アプリ] > [新しいアプリを検索] の順に移動します。

  3. 使用するアプリを選び、[サンドボックスに追加] を選択します。

本番環境でアプリをキャンセルまたはアンインストールすると、サンドボックス内のアプリへのアクセスも取り消されます。

リンクされた本番環境で有料サブスクリプションを持たないアプリを追加する

リンクされた本番環境で有料サブスクリプションを持たない Atlassian Marketplace アプリは、トライアル期間の終了時に支払いの詳細を追加するオプションによって無料トライアルに追加できます。つまり、Atlassian Marketplace か、サンドボックスの Jira Software、Jira Service Management または Confluence の管理セクション内にある [アプリを管理] 画面からアプリをインストールして、トライアルをお試しいただけます。

トライアル期間が終了する前に、アトラシアンからその旨をお知らせするメールを送信します。トライアル後にアプリをサンドボックスで引き続き使用するには、サブスクリプションを購入するための支払い情報を追加する必要があります。サンドボックスのアプリには月間サブスクリプションをご利用いただけます。アプリの料金は、本番環境ではなくサンドボックスにアクセスできるユーザーの数に基づいて計算されます。現在、サンドボックスにあるアプリの年間サブスクリプションはサポート対象外です。

アプリのインストールや請求に問題がある場合は、サポートに連絡してください

アプリをサンドボックスから削除する

サンドボックスでアプリを試用していてトライアル終了日後に課金されないようにするには、トライアルを停止してアプリをサンドボックスから削除する必要があります。

期限切れのアプリを Sandbox から削除するには、次の手順に従います。

  1. サンドボックスの Jira Software、Jira Service Management、または Confluence の管理セクションに移動します。サンドボックス環境にいることを確認するには、URL をご確認ください。本番サイトの URL が acme.atlassian.net の場合、サンドボックス URL は acme-sandbox-123.atlassian.net になります。サンドボックスの URL を手動で変更した場合は、次の手順に従ってサンドボックス内にいることをご確認ください。

    1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

    2. [製品] を選択します

    3. 製品のリストからサンドボックスを選択します。サンドボックスは ‘sandbox’. というラベルで示されます。

    4. 選択してサンドボックスを開きます。

  2. [アプリ] > [アプリを管理] の順に移動します。

  3. まだ試用中のアプリがある場合は、削除するアプリを選択して [トライアル停止] を選択します。有料サブスクリプションのアプリを削除する場合は [登録解除] を選択します。

  4. [アンインストール] を選択してアプリを削除します。

[アプリを管理] で登録解除またはトライアルを停止する前に [アンインストール] を選択しても、アプリは請求に加算されます。[トライアル停止] (まだ試用中のアプリの場合) または [登録解除] (有料サブスクリプションのアプリの場合) を選択して、アプリが課金されないようにします。

既存のサンドボックスで期限切れのアプリがある場合は、これらのアプリを削除するまで新しいアプリを作成できません。これらのアプリを削除すると、新しいサンドボックスの作成前に 24 時間待つ必要があります。

アプリの詳細については、「Confluence アプリの管理」と「Jira アプリの管理」を参照してください。

サンドボックス内のすべてのアプリはまだサポートされていません。

 

その他のヘルプ