カスタム ドメインのトラブルシューティング

この機能は、アーリー アクセス プログラム参加者のみが利用できます。EAP 全体で、Jira ファミリー製品のカスタム・ドメインを追加することができます。Jira Service Management エージェント・ポータルのカスタム・ドメインの一般利用がまもなく可能になります。

それまでの間、製品 URL のサブドメインを変更することはできます。製品 URL を新しい Atlassian URL に更新する方法を確認する

カスタム ドメインを使用することで、アトラシアン製品にアクセスするための、覚えやすい自社独自の URL を作成できます。

サイトを安全に保つため、DNS レコードまたは証明書に対する特定の変更が検出された場合、カスタム ドメインが一時停止されます。DNS が変わった場合も問題が発生することがあります。

問題

推奨されるアクション

新しいカスタム ドメインを追加しても、[製品] ドロップダウンに製品が表示されない。

カスタム ドメインをサポートしている製品がない場合、またはサポート対象の全製品に対してカスタム ドメインを構成済みの場合にこの問題が発生します。

アーリー アクセス プログラムに参加している場合は、Jira 製品のカスタム・ドメインのみ追加できます。

「一致する CNAME レコードが見つかりません。このドメインの DNS エントリをご確認ください」というエラーが表示される。

ご利用の DNS で必須 CNAME レコードのいずれか、またはすべてを検出できない場合にこのエラーが発生します。

ユーザーがカスタム ドメインを使用して製品にアクセスしようとすると、404 エラーが表示されます。

これを解決するには、必須レコード (詳細ビューで確認できます) を書き留めてから、DNS プロバイダーを確認してください。

「<理由>されたため、このドメインを一時停止しました」というエラーが表示される。

疑わしい DNS の変更が検出されたときにこれらのエラーが発生します。

場合によっては変更が正当なものである可能性もありますが、予防措置としてカスタム ドメインが直ちに一時停止されます。

このエラーが発生した場合は、アトラシアン サポート チームまでお問い合わせください。

レコードが DNS プロバイダーに追加された後も、ステータスが「プロビジョニング済み」のまま変わらない。

通常、DNS レコードの伝達には数時間かかりますが、ご利用の DNS プロバイダーによっては、それ以上かかる場合もあります。

24 〜 48 時間が経過しても、ステータスが「非アクティブ」に変わらない場合:

  • 必要なレコードがすべて正しく追加されていることをご確認ください。

  • DNS が CAA レコードを使用してドメインの証明書を発行できる認証局を管理しているかどうかをご確認ください。CAA の問題の詳細

60 日経ってもステータスがプロビジョニング済みのままの場合は、カスタム ドメイン リクエストが削除されます。

「カスタム ドメインを作成できません。製品が利用できなくなっているか、ドメインがすでに使用されていることが原因である可能性があります」というエラー

このエラーは、製品の選択、ドメイン詳細の入力、カスタム ドメインの作成を実行する間に行った変更に起因する場合があります。

たとえば、対象となる製品の削除、Free プランへの変更、別の管理者による同じ製品のドメイン作成、または完全修飾ドメイン名の使用が検知された場合などが当てはまります。

カスタム・ドメインをリクエストするときに「Domain can’t include ‘www’.(ドメインに 'www' を含めることはできません。)」エラーが発生する。

公開サフィックス・リストを使用して、ドメイン・フィールドに入力された内容が正しく有効な最上位ドメインであることを確認します。公開サフィックス・リストを見る

カスタム・ドメインを「www」で始めたい場合は、サブドメイン・フィールドに入力してください。

問題

推奨されるアクション

ドメインを作成した後に「ドメインの証明書を発行できません。AWS は、機密性の高いドメインやよく利用されるドメインについては追加の認証を要求します。」エラーが表示される。

このエラーは、リクエストされたドメイン名が AWS の一般的なドメイン名のリストにある場合、または最上位ドメインが機密であるか制裁の対象となっている場合に発生します。AWS Certificate Manager の認証要件の詳細を確認

このエラーが発生した場合は、アトラシアン サポート チームまでお問い合わせください。

ドメインを作成した後に「ドメインの証明書を発行できません。DNS が CAA レコードに基づいて一部の認証局をブロックしています。」エラーが発生する。

DNS が CAA レコードを使用してドメインの証明書を発行できる認証局を管理しているかどうかをご確認ください。

これを解決するには、次のことを行う必要があります。

  • amazon.com の CAA レコードを追加してこの問題を解決する。CAA の問題の詳細を確認

  • このカスタム・ドメインを削除して、新規に作成する。

ドメインを作成した後に「ドメインの証明書を発行できません。これは、このドメインは安全でない可能性があると VirusTotal が報告したためです。」エラーが発生する。

VirusTotal は、ファイルと URL を分析して、ウイルス、ワーム、トロイの木馬、その他の悪意のあるコンテンツがないか調べるサービスです。

入力した完全修飾ドメイン名またはリダイレクト URL が安全でない可能性があると報告された場合、カスタム・ドメインを作成することはできません。

これを解決するには、次のことを行う必要があります。

  • VirusTotal であなたのドメインを調べて、そのソースとレポートの原因を調べてください。VirusTotal を検索する

  • ドメインについてレポートした組織に、問題を解決して VirusTotal を更新するように通知してください。

  • このカスタム・ドメインを削除して、新規に作成する。

「そのドメインの証明書はすでに存在します」というエラー

このエラーは、カスタム ドメイン用の SSL 証明書を作成しようとして、指定したドメインと一致する既存の SSL 証明書が検出された場合に発生します。

通常、これは証明書で *.example.com などのワイルドカードが使用されているためです。これを解決するには、ネットワーク管理者との協力が必要となる場合があります。

「ドメインと一致する別の証明書が検出されました。」エラーが表示される。

このエラーは、作成したドメインと一致するが、まだ有効化されていない新しい証明書が検出されたときに発生します。

上記のように、これはワイルドカードを使用している証明書が原因である可能性があります。完全修飾ドメイン名にはそれぞれ一意の証明書が必要です。独自の証明書は使用できません。

これを解決するには、カスタム・ドメインを削除して新しいドメインを作成する必要があります。

既知の問題

カスタム ドメインに関して、アトラシアンは次のような問題を認識しています。

  • カスタム・ドメインの URL は、Slack と MS Teams を使用した場合、コンテンツのプレビュー表示に展開されません。ただし、カスタム・ドメインの URL をクリックして、Jira チケットに移動することはできます。

  • 異なるサイトのカスタム ドメイン リンクはスマート リンクとしては表示されません。スマート リンクを使用すると、テキストのみのリンク タイトルをさまざまな形式でプレビューできます。たとえば、画像や動画などです。

  • Confluence のスペースとページには Jira の [プロジェクト] ページからアクセスできなくなります。

モバイル アプリ

モバイル・デバイスからカスタム・ドメインの Jira リンクを選択しても、モバイル・アプリを開くことはできません。モバイル ブラウザで Jira リンクを開くことはできます。

Jira の機能をテストしする

管理者は他のユーザーのメール アドレスでログインして、使用したい Jira の機能をテストすることはできません。

不審な活動

正当な SSL 証明書が検出された後でドメインが一時停止されるアトラシアンは、ご利用のカスタム ドメインに不審なアクティビティがないか監視しています。何らかの理由で同じドメインの SSL 証明書を作成する必要がある場合は、ワイルドカードを使用できません。たとえば、ご利用のカスタム ドメインが customer.support.acme.com である場合、アトラシアンが *.support.acme.com の証明書を検知すると、予防措置としてお客様のドメインを一時停止します。

その他のヘルプ