カスタム ドメインを削除または無効にする

この機能はアーリー アクセス プログラム参加者のみが利用できます。EAP 全体で Jira 製品と Confluence のカスタム ドメインを追加できます。 Jira Service Management エージェント ポータルのカスタム ドメインの一般利用が開始されています。

それまでの間、製品 URL のサブドメインを変更することはできます。製品 URL を新しい Atlassian URL に更新する方法を確認する

カスタム ドメインを使用することで、アトラシアン製品にアクセスするための、覚えやすい自社独自の URL を作成できます。既定の製品 URL に戻す場合は、カスタム ドメインを無効化するか削除します。

カスタム ドメインを無効化する

カスタム ドメインで問題が発生した場合は、問題のトラブルシューティング中にカスタム ドメインを無効化しておくことをおすすめします。これを実行できるのは組織管理者だけです。

操作できるユーザー

  • 組織管理者

カスタム ドメインを無効化する方法は以下のとおりです。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [製品] > [製品 URL] の順に選択します。

  3. [カスタム ドメイン] タブを選択します。

  4. 無効化するドメインで、[その他のアクション] () > [ドメインを無効化] を選択します。

ステータスが「非アクティブ」の状態でドメインがリストに表示されます。すべてのリクエストが既定の製品 URL にフォールバックされます。

カスタム ドメインを削除する

カスタム ドメインが不要になった場合は削除できます。削除されたドメインはリダイレクトされないので、ユーザーが製品にアクセスするには atlassian.net URL を使用する必要があります。必要に応じて DNS プロバイダーからも削除できるように、DNS レコードを書き留めておくことをおすすめします。

操作できるユーザー

  • 組織管理者

カスタム ドメインを削除する方法は以下のとおりです。

  1. admin.atlassian.com に移動します。複数の組織がある場合は、組織を選択します。

  2. [製品] > [製品 URL] の順に選択します。

  3. [カスタム ドメイン] タブを選択します。

  4. 削除するドメインで、[その他のアクション] () > [削除] を選択します。

ドメインの削除には数分かかる場合があります。処理が完了するまで、リストではカスタム・ドメインのステータスが「削除中」になります。処理が完了したら、ドメインを再度使用する予定がない場合は DNS プロバイダーからレコードを削除しても構いません。

ドメインの削除で問題が発生した場合は、カスタム ドメインに関する問題のトラブルシューティング方法を参照してください。

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。