Jira Software で表示できる開発データ

開発ツールを接続すると、Jira Software のさまざまな場所でリンクされた開発情報を表示できます。

課題の開発パネルに開発情報を表示する

作業に課題キーが含まれている場合、Jira 課題の開発パネルによって開発ツールの情報が自動的にプルされます。作業に参考情報を追加する方法をご確認ください

次のデータを開発パネルにリンクできます。

  • ブランチ - ブランチ名に課題キーが含まれている必要があります。

  • コミット - コミット メッセージに課題キーが含まれている必要があります (課題あたり 100 コミットまでに制限されています)。

  • プル リクエスト プル リクエストのタイトルまたはソース ブランチ名に課題キーが含まれている必要があります。

  • レビュー - レビューのタイトルに課題キーが含まれているか、レビューから課題がリンクされている必要があります。

  • ビルド - ビルドに、コミット メッセージまたは課題キーを参照するブランチ名が含まれている必要があります。

  • デプロイ - デプロイに関連付けられているコミットのコミット メッセージに課題キーが含まれている必要があります。

 課題に対する開発情報を表示する方法の詳細をご確認ください

Jira ボードで情報を表示する

ボードの課題カードには、プル リクエスト、ブランチ、コミット、またはデプロイがいつ関連付けられたかを示す開発アイコンが表示されます。アイコンにカーソルを合わせると、開発アクティビティの詳細が表示されます。アイコンを選択すると、接続されている開発ツールに移動します。

ボードに開発アイコンが表示されるのは、ボード上の 1 件以上の課題にリンクされた開発データがあり、なおかつボード上の課題が 100 件未満である場合に限られます。

[コード] ページで情報を表示する

ツールを接続しており、開発アクションに課題キーを含めている場合、[コード] ページには Jira Software プロジェクトに関連するすべてのリポジトリが表示されます。

プル リクエストのタイトルに課題キーを含めると、以下も表示されます。

  • 過去 30 日以内にプロジェクトの課題にリンクされたすべてのプル リクエスト

  • すでにリンクされているが、過去 30 日以内に更新されたプル リクエスト

"コード" ページは、Applinks または DVCS で統合された開発ツールをサポートしていません。

コード機能の詳細をご確認ください

ワークフロー トリガーを使用してタスクを自動化する

ワークフロー トリガーは、Jira Software 課題を開発ツールの情報と常に同期させておくのに役立ちます。

作業後に開発者が課題のステータスを手動で更新する代わりに、自動的に課題をトランジションするようトリガーを設定できます。たとえば、ブランチが作成されたら、課題を「作業前」から「進行中」に自動的にトランジションするようトリガーを設定できます。

ワークフロー トリガーで他に設定できる処理をご確認ください。

その他のヘルプ