Jira Service Management 権限の設定

サービスデスク用に権限スキームをカスタマイズしたい場合、次のものをユーザーに付与していることを確認します。

  • 管理者: Administrators ロール

  • エージェント: Service Desk Team ロール

  • カスタマー: サービスデスクのカスタマー - ポータルへのアクセス セキュリティ タイプ 

グループまたは個々のユーザーにロールやセキュリティ タイプではなく権限を付与する場合、サービス プロジェクトの一部の機能が使用不可にされる場合があります。

プロジェクト ロール別の必須権限

カスタム権限スキームを使用する場合、次の表の権限は一般的なサービス デスクのコンテキストにおいて、プロジェクト ロールに必須です。表に示されている権限と異なる権限をロールに設定して問題が生じた場合は、問題の説明とその修正方法を「Jira Service Desk 権限エラーの解決」で見つけられます。

プロジェクト ロールの必須権限: 管理者

このプロジェクト ロールには、サービスデスクのセットアップと管理を行うためにプロジェクトの管理というプロジェクト権限が必要です。この権限により、ユーザーは、新規リクエスト タイプの作成、新しいキューのセットアップ、SLA の作成、およびレポートの生成などのサービスデスク機能を管理できます。

また、このプロジェクト ロールには、他のユーザーが使用することになるすべての機能を確認できるように、サービスデスクの他のユーザーに付与されるすべての権限も付与する必要があります。

プロジェクト ロールの必須権限: サービス デスク チーム

  • 課題の作成 (この権限により、ユーザーはポータルで課題を作成できます)

  • プロジェクトの参照 (この権限により、ユーザーはサービス デスク プロジェクトのレポートユーザーSLA の各タブに読み取り専用でアクセスできます。これに加えて、プロジェクトのポータルにもアクセスできます。さらに、ユーザーはキュー タブを表示して、キュー内から課題に取り組むこともできます)

  • 課題の編集

  • 課題のスケジュール

  • コメントの追加

  • 添付の作成

プロジェクト ロールの必須権限: サービス デスク カスタマー

カスタマーの権限は、サービス デスク カスタマー ロールではなく、サービス デスク カスタマー - ポータル アクセスというセキュリティ タイプに付与する必要があります。ポータル アクセスのセキュリティ タイプは、カスタマーによるポータルへのアクセスを許可します (Jira は不可)。セキュリティ タイプは、ユーザーがカスタマーかどうかを判別するためにロールを読み取ります。

  • 課題の作成 (カスタマーはリクエストを作成したり、ポータルで登録したリクエストを表示したりすることができます)

  • プロジェクトの参照 (カスタマーは、ポータルでプロジェクトにアクセスできます)

  • コメントの追加 (カスタマーは自分のリクエストにコメントを追加できます)

  • 添付ファイルの作成 (カスタマーは自分のリクエストに添付ファイルを追加することができます)

  • 課題の割り当て (この権限は担当者フィールドの動作に必須です。担当者フィールドはオプションの非表示フィールドで、課題を特定のチーム メンバーに自動的に割り当てます)

さらに、サービス プロジェクトで課題セキュリティ スキームを使用する場合は、サービス デスクのユーザーが課題を表示できるように設定されていることをご確認ください。未設定の場合、カスタマーは課題を作成しても、作成後にその課題を表示できない可能性があります。「課題レベルのセキュリティを設定する」をご確認ください。

その他のヘルプ