高度なケースでスプリントの権限管理を使用する

「スプリントの管理」権限(Jira Software ユーザーのみ利用可能)はユーザーが次のスプリント関連のアクションを実行できるプロジェクト権限です。

  • スプリントの作成

  • スプリントの開始

  • スプリントの完了

  • スプリントのレポート

  • 以降のスプリントの並び替え

  • 以降のスプリントの削除

  • スプリント情報 (スプリント名および日付) の編集

  • スプリント フッターの移動

「スプリントの管理」権限の注意事項

この権限により、ボードのフィルタークエリは、ユーザーが権限を持っている必要があるプロジェクトを決定します。「スプリントの管理」権限により、スプリント内の課題に対してだけでなく、 元のボード のフィルタークエリに対しても権限が検査されるようになりました。

ボードに複雑なフィルタークエリがある場合

クエリよって返されるプロジェクトを Jira Software が決定できない場合、フィルタークエリは複雑であるとみなされます。その場合、Jira Software では、ユーザーはインスタンス内のすべてのプロジェクトに対して「スプリントの管理」権限を持っている必要があります。基本的に、すべてのプロジェクトに関してこの権限を手動でユーザーに設定する必要があります。

これをうまく処理するには「スプリントを管理」権限に Jira プロジェクト ロールを使用することをご検討ください。プロジェクト ロールはインスタンス レベルで定義されますが、プロジェクト レベルで適用されます。したがって、プロジェクト レベルの権限はプロジェクト ロールのメンバーに加えて、グループ、個々のユーザー、またはユーザーを指定する他の方法によって付与できます。基本的には、プロジェクト ロールによって、特定のプロジェクトの特定の機能にユーザーを関連付けられます。

たとえば、次のことを行うことを検討することができます。

  1. スプリント マネージャーと呼ばれる新しいプロジェクト ロール作成します。

  2. 対応する権限スキームでは、スプリントマネージャー プロジェクトロールに「スプリントの管理」権限を割り当てます。

  3. インスタンスで権限スキームと対応するプロジェクトを関連付けます

  4. 適切なユーザーをスプリント マネージャーのプロジェクト ロールに追加します。

「スプリントの管理」権限がスプリントマネージャーのプロジェクトロールに割り当てられているため、これらのユーザーは、スプリント関連の操作を実行することができます - これらの手順を完了すると、適切なユーザーは、対応するプロジェクトでスプリントマネージャーのプロジェクトロールを持っていることを確認します。

次の表は、このようなクエリを簡素化する上で複雑なフィルタクエリ、および提案のいくつかの例を示しています。

複雑なフィルタクエリ

なぜクエリが複雑なのか

クエリを簡素化する方法

1 assignee = someone

結果はインスタンスにある任意のプロジェクトから来る可能性があるため、これらのクエリはグローバル コンテキストの結果を返します。

project 句をクエリに追加します。これにより、Jira Software が権限を検査するプロジェクトの数が減ります。

1 project = TIS OR issuetype = Bug

project = TIS OR (issuetype = Bug AND assignee = someone)

(プロジェクト = TIS OR 担当者 = A)

AND

(project = PMO OR assignee = B)

Jira Software はこのクエリを次のように評価します。

(プロジェクト = TIS AND 担当者 = B)

または

(project = TIS AND project = PMO)

または

(assignee = A AND project = PMO)

または

(assignee = A AND assignee = B)

 

クエリの赤い部分は結果を返さないため、クエリが複雑化します。クエリは未定義の結果を返すので「スプリントを管理」権限は、インスタンスにあるすべてのプロジェクトのために必要になります。

クエリを次のように書き換えます:

1 (project = TIS AND assignee = B)
1 OR
1 (project = PMO AND assignee = B)

 

このクエリを使用すると、ユーザーは 2つだけのプロジェクト上で 「スプリントの管理」権限を持っている必要があります。

要約すると、クエリは AND 句はサブ句であり、他の方法はなく、  OR 句に含まれていることをお勧めします。

簡単に言えば、

  • OR 句はカッコの外

  • AND 句のサブ句は、カッコの中

推奨クエリ形式: <節> OR(<節>AND<節>)OR <節> OR(<節>AND<節>)

複雑なクエリの形式: <節> AND(<節> OR <節>)AND(<節> OR <節>)

ボードに他のボードからのスプリントが含まれている場合

「スプリントの管理」権限により、スプリント内の課題に対してだけでなく、元のボード (スプリントが作成されたボード) のフィルタークエリに対しても権限が検査されるようになりました。

使用されるフィルター クエリに応じて、ボードに他のボードからのスプリントが表示されることがあります。たとえば、TIS ボードに、別のボード (PMO ボード) で作成されたスプリント 3 が表示されているとします。この場合、PMO ボードはスプリント 3 の元のボードです。

TIS ボードで、スプリント 3 をクローズしようとする場合、次の項目が検査されます。

  1. Jira Software によって、ユーザーが元の PMO ボードでそのプロジェクトの「スプリントの管理」権限を持っているか検査されます。

  2. 権限を持っている場合、スプリントはクローズされます。スプリント 3 に未完了の課題がある場合、Jira Software に宛先オプションが提示され、バックログか、TIS ボードの将来のスプリント (スプリント 4 など) のいずれかに未完了の課題を移動できます。

  3. 未完了の課題をスプリント 4 に移動するように選択した場合、課題は TIS ボードのスプリント 4 に移動されます。

  4. スプリント 4 が PMO ボードにも存在する場合、未完了の課題は PMO ボードのスプリント 4 に表示されます。
    一方、スプリント 4 が PMO ボードに存在しない場合、未完了の課題は PMO ボードのバックログに移動されます。

その他のヘルプ