サイトの課題を最適化する

この機能は、Jira Software の Enterprise エディションを使用しているお客様のみが利用できます。

The issue archival tool in the Site optimizer helps administrators remove issues in bulk that are no longer relevant. Archiving issues can improve the speed and responsiveness of your site.

The processes described in this section are only possible with Jira administrator permissions.

To archive issues using the Site optimizer, select System from your global settings, Site optimizer, then Issues from the sidebar menu.

このページには次の情報が表示されます。

  • サイト内のアクティブな課題の総数

  • パフォーマンス データに基づいて推奨する理想の数値

    • この推奨値は厳しい制限ではなく、超えても構いません。ただし、この数字は、サイトのパフォーマンスが低下し始める時期を反映したものであると考えられます。

  • この推奨数と比較した現在の使用量

  • 最後にこのツールを使用してサイトをクリーンアップした日時

これらの数値に基づいて、課題をアーカイブしてサイトのパフォーマンスを向上できます。

課題を一括でアーカイブする

  1. JQL ルールを使用してアーカイブする課題を選択します。 [古い課題をアーカイブ] の [事前設定フィルター] ボタンからルールを選択するか、その横にあるテキスト ボックスを使用してカスタム JQL クエリを記述します。クエリを選択したら、 を使用してクエリを実行します。

  2. クエリを実行したら、課題をアーカイブするプロジェクトを選択して [] を選択します。

アクティビティ ログを使用して過去の変更を表示する

ページ上部の [アクティビティ ログ ] を選択すると、サイト最適化ツールで過去に実行されたアクションを表示できます。 ここには、次の情報が表示されます。

  • サイト最適化ツールを使用してサイトに対して実行された措置

  • 変更を加えたユーザー

  • 変更のタイプ

  • 各変更で削除または削除されたレコードの量

また、対応する行のメニュー () から、過去の変更を復元することも、レコードを CSV ファイルとしてダウンロードすることもできます。

その他のヘルプ