セキュリティ ツールと統合する

チームが Jira Software のセキュリティ脆弱性を確認できるようにするには、次のことが必要です。

  1. セキュリティ ツール用の Atlassian Marketplace アプリをインストールします。

  2. セキュリティ ツール用のアプリを設定します。

  3. セキュリティ ツールセキュリティ コンテナーJira Software に接続します。

セキュリティ ツール用のアプリをインストールする

セキュリティ ツール用の Atlassian Marketplace アプリをインストールして Jira Software に接続します。

セキュリティ機能には、サポート対象のセキュリティ ツールのリストと Atlassian Marketplace アプリへのリンクがあります。

アプリをインストールするには、サイト管理者権限が必要です

プロジェクトでセキュリティ機能を有効化したら、次のことを実行します。

  1. プロジェクトのサイドバーから [セキュリティ] を選択します。

  2. [セキュリティ ツールを Jira に追加する] でセキュリティ ツールを見つけ、[今すぐ入手] を選択します。または、右上のその他のアクション アイコン () を選択し、[ツールを追加して設定] を選択します。

  3. セキュリティ ツールのアプリに関する情報を確認して、[今すぐ入手] を選択します。

これで、選択したアプリが Jira Software サイトにインストールされます。

セキュリティ ツール用のアプリを設定する

アプリのインストールが完了したら、[アプリを設定] を選択します。

アプリによって設定プロセスが若干異なるため、画面の指示に従ってください。セキュリティ ツールによっては、ログインや認証情報の確認、 Jira Software へのセキュリティ ツール内のコンテナーへのアクセス権の付与、アクティベーション キーの生成などが求められることがあります。

アプリの設定が完了したら、 Jira Software に戻り、セキュリティ コンテナーをプロジェクトに接続します。

セキュリティ コンテナーをプロジェクトに接続する

Jira Software に戻り、次のことを実行します。

セキュリティ コンテナーを接続するには、プロジェクト管理者権限が必要です

  1. プロジェクトのサイドバーから、[プロジェクト設定] > [ツールチェーン] の順に移動します。

  2. リストでセキュリティ ツールを見つけ、接続追加ボタン () を選択します。

  3. リストからコンテナーを選んで、[コンテナーを追加] を選択します。

コンテナーが接続されると、チームはそのプロジェクトのセキュリティ機能を使用して、そのコンテナーで見つかった最近の脆弱性を確認し、それらを課題にリンクできるようになります。

 

その他のヘルプ