GitLab と統合する

GitLab アカウントを Jira Software に接続すると、チームは作業中の Jira 課題のコンテキストで開発アクティビティを表示できます。ツールは切り替え不要です。GitLab のコミット、ブランチ、またはマージ リクエストで Jira 課題キーが参照されると、Jira 課題が自動で更新されて最新の開発情報が表示されます。

CI/CD パイプラインを GitLab でセットアップすると、Jira で Jira 課題、ボード、デプロイ タイムライン、リリース ハブに関するビルドとデプロイの情報も表示されます。デプロイと Jira の統合に関する詳細についてご確認ください。

GitLab アカウントを Jira Software に接続する

GitLab Marketplace アプリをインストールする

  1. Atlassian Marketplace に進んで GitLab.com for Jira Cloud アプリをインストールします。

  2. アプリをインストールしたら [アプリを管理] リンクをクリックします。アプリが Jira サイトにすでにインストールされている場合は、Jira にログインして [設定] アイコン > [アプリ] > [アプリを管理] の順に選択します。

GitLab 名前スペースを Jira に追加する

  1. Jira の [アプリを管理] ページで、GitLab for Jira アプリの詳細を展開して [開始] を選択します。

  2. [名前スペースを追加] を選択します。

  3. GitLab プロジェクトの名前スペースを選択または入力します。プロジェクトの URL が https://gitlab.com/mynamespace/new-project の場合、名前スペースは mynamespace です。

Jira 統合を GitLab でセットアップする

  1. GitLab.com アカウントにログインします。

  2. プロジェクトに移動して [設定] > [統合] の順に選択します。

  3. [統合を追加] で [Jira] を選択します。

  4. Jira サイトの詳細を次のように入力します。

    1. Web URL - Jira サイトの URL (例: https://myjirasite.atlassian.net)

    2. ユーザー名またはメール アドレス - Jira プロファイルに登録されているユーザー名またはメール アドレス。

    3. パスワードまたは API トークン - API トークンを作成してクリップボードにコピー & ペーストします。Atlassian アカウントの API トークンの管理に関する詳細についてご確認ください。

  5. [テスト設定] を選択して、接続が機能しているかどうかを確認します。

  6. [変更を保存] を選択します。 

Jira 課題キーをコミット、ブランチ、マージ リクエストに追加する

チームの開発アクティビティを Jira にリンクするために、コミット メッセージ、ブランチ名、マージ リクエストのタイトルに課題キーを含めましょう。開発作業の課題参照に関する詳細についてご確認ください。

GitLab Jira 統合の動画デモをご覧ください。

CI/CD パイプラインを GitLab でセットアップする

  1. GitLab.com アカウントにログインします。

  2. プロジェクトに移動して [CI/CD] > [Pipelines] の順に選択します。

  3. パイプラインを含む .gitlab-ci.yml ファイルを作成します。

  4. デプロイ ステージを追加して環境を設定します。GitLab の環境設定に関する詳細についてご確認ください。

ビルドとデプロイの情報を GitLab から Jira に送信するには、チームでコミット メッセージとブランチ名に Jira 課題キーを含めておく必要があります。パイプラインが GitLab で実行されるたびに、統合によってブランチ名とコミット メッセージで Jira 課題キーを検索します。課題キーが見つかると、ビルドとデプロイの情報が Jira に送信されます。この情報はチームの Jira 課題の開発パネル、ボード、デプロイ タイムラインリリース ハブに表示されます。

その他のヘルプ