Jira Cloud からデータをエクスポートする

Jira Cloud サイトのバックアップを作成します (添付ファイルを含む)。バックアップは、データの復元やリカバリ、Jira Server または Jira Data Center への移行に役立ちます。

Jira Cloud サイトのバックアップでは、次のデータをエクスポートできます。 

  • 課題

  • ユーザーとユーザー グループ設定

  • 課題添付ファイル、ユーザー アバター、プロジェクト ロゴ(選択した場合)

Jira データのバックアップはいつでも作成できます。ただし、添付ファイル、アバター、およびロゴを含めるように選択した場合、バックアップに 48 時間の間隔を空ける必要があります。

Jira Cloud のバックアップを作成する

クラウドのバックアップを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [設定] () > [システム] の順に選択します。

  2. [インポートとエクスポート] セクションで、[バックアップ マネージャー] を選択します。

  3. [クラウドのバックアップ] から [クラウドのバックアップを作成する] を選択します。

課題の添付ファイル、ユーザー アバター、プロジェクト ロゴをエクスポートに含める場合は [Include additional files (追加ファイルを含める)] オプションを選択します。

バックアップが完了したら、[バックアップ ファイルのダウンロード] を選択します。

Jira Server または Jira Data Center のバックアップを作成する

サーバー用のバックアップを作成するには、次の手順を実行します。

  1. [設定] () > [システム] の順に選択します。

  2. [インポートとエクスポート] セクションで、[バックアップ マネージャー] を選択します。

  3. [サーバー用のバックアップ] から [サーバー用のバックアップを作成する] を選択します。

課題の添付ファイル、ユーザー アバター、プロジェクト ロゴをエクスポートに含める場合は [Include additional files (追加ファイルを含める)] オプションを選択します。

バックアップが完了したら、[バックアップ ファイルのダウンロード] を選択します。

チーム管理対象プロジェクトとサーバー用バックアップについての注意事項

Jira Cloud 製品は、最新の機能や改善が常に適用されるため、定期的に更新されます。このような更新は、Jira Server または Jira Data Center 製品の最新のダウンロード バージョンとは完全に異なる開発ブランチで実行されています。機能の一部は、クラウドとサーバー製品の間で互換性を持たない場合があります。

たとえば、チーム管理対象プロジェクトは Jira Server または Jira Data Center に存在しません。使用可能なサーバー用バックアップを作成するには、Jira Cloud サイトからすべてのチーム管理対象プロジェクトを削除する必要があります。チーム管理対象プロジェクトの詳細をご確認ください

これらのプロジェクトに含まれる重要な課題は、サーバーに対応するプロジェクト テンプレート (スキームによって管理されるテンプレート) に移動させることをお勧めします。これを行うには、次の手順を実行します。

  1. チーム管理対象プロジェクトの課題を受け取るための新しいサーバー対応プロジェクトを作成します。

  2. [設定] () > [システム] の順に選択します。

  3. [インポートとエクスポート] セクションで、[バックアップ マネージャー] を選択します。

  4. [サーバー用バックアップ] の下で、[課題の移動] を選択し、手順に従って重要な課題を新しいサーバー対応プロジェクトに移動させます。

Jira では、すべてのチーム管理対象プロジェクト、これらのプロジェクトの課題を含むフィルターへのリンク、プロジェクトの所有者に関する情報がリストされるため、ユーザーはこれらを参照してバックアップに含める課題を判断できます。

また、すべてのチーム管理対象プロジェクトを完全に削除できます。これを行うには、次の手順に従います。

  1. [設定] () > [システム] の順に選択します。

  2. [インポートとエクスポート] セクションで、[バックアップ マネージャー] を選択します。

  3. [サーバー用バックアップ] で、[すべてのチーム管理対象プロジェクトを削除] を選択します。

エクスポート ファイルを構成する

バックアップ ファイルを生成および解凍すると、以下のように出力されるはずです。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 JIRA-backup-20161021 ├── activeobjects.xml ├── entities.xml ├── data │ ├── attachments │ └── avatars └── logos

データベース データは activeobjects.xml と entities.xml の両方に格納されていることに注意してください。課題の添付ファイル、ユーザー アバター、プロジェクト ロゴは対応するディレクトリに格納されています。新しい Jira Cloud サイトに、添付ファイル、アバター、またはロゴをインポートしたくない場合、インポート前に対応するディレクトリを削除してから、変更後のディレクトリ ツリーを zip ファイルに圧縮します。 

Jira Cloud にバックアップ データをインポートする

  1. まず、クラウド バックアップ ファイルを 2 つのファイルに分割することをお勧めします。2 つのファイルとは、activeobjects.xmlentities.xml を含むデータベース ファイルと、添付ファイルやその他のメディアを含むファイルです。これによってタイムアウト エラーを防いで、インポート時の問題のリスクを軽減できます。

  2. バックアップを個別のデータベースおよびメディア ファイルに分割したら、「課題のインポート」に従ってそれらをクラウドにインポートします。 

  3. インポート後、元のサイトにログインするために使用していたのと同じ管理者アカウントで新しい Jira Cloud サイトにログインします。 

アプリケーション間リンク (Jira 課題からソース ファイルのページへのリンク) は、インポート後の対応するソースの場所を示します。

Jira Cloud サイトからエクスポートされた Jira Cloud サイトのバックアップをインポートする場合は、カスタム メール パスワードはコピーされません。カスタム メール チャネルを使用している場合は、インポートの完了後に再設定する必要があります。

ただし、Jira Cloud サイトのバックアップを Jira Server サイトにインポート (その逆も含む) すると、カスタム メール パスワードがコピーされます。

Jira Server にバックアップ データをインポートする

  1. エクスポート ファイルを上記のように構成します。 

  2. Jira Cloud から Jira サーバーへ移行する」の手順を参照してください。

  3. インポート後、sysadmin ユーザー名と対応するパスワードで Jira Server インスタンスにログインします。 

アプリケーション間リンク (Jira 課題からソース ファイルのページへのリンク) は、インポート後の対応するソースの場所を示します。

バックアップ プロセス中には sysadmin ユーザーが作成されます。Jira のデータをリストアした後に、このユーザーは必要な Jira システム管理者権限 (クラウドでは利用できないサーバー固有の権限) を持ってログインできるように作成されます。

 

その他のヘルプ