カスタムの権限スキームを使用する際、権限設定が標準の権限スキームの設定と異なると、以下のような権限エラーが発生します。


権限スキーム エラーの説明

Jira Service Management は、ユーザーの権限スキームとJira Service Management の標準の権限スキームとの差異をエラーと見なします。エラーには、次の 2 種類があります。

  • 重大なエラー (赤): このエラーは、特定の管理機能を無効にするエラー (たとえば、エージェントをサービス プロジェクトに追加できない等) であるか、日々のサービス プロジェクトの利用に影響があるエラー (たとえば、カスタマーがカスタマー ポータルにログインできない等) です。以下の表は、Jira Service Management が重大なエラーと見なす内容の詳細です。Jira Service Management を通常の運用に戻すには、このようなエラーを修正する必要があるため、エラーメッセージを無視することはできません。  
  • 重大ではないエラー(黄): Jira Service Management の運用に影響しない権限スキームの差異は、重大ではないエラーとみなされます。標準的な権限設定を使用しない場合は、これらのエラーメッセージを無視できます。

エラーを解決する

権限エラーは、権限スキームを変更するか、エラーメッセージ内の権限の修正ボタンを使用して解決します。  

権限確定ボタンの内容

メッセージ内の [権限の修正] ボタンは、カスタム権限スキームをサービス プロジェクトから切り離し、以下のような名前でご利用の権限スキームのコピーを作成します。<your_permission_scheme [number]>。その後、新しいスキームをプロジェクトに割り当てます。新しいスキームは次のようにエラーを修正します。

  • 管理者 ロールおよび Service Desk チーム ロール、Service Desk カスタマー ポータル アクセス セキュリティ タイプに標準権限を付与した場合。
  • Service Desk Customers ロールからすべての権限を削除
  • 他の権限セットアップは変更なし 
元の権限スキーム
新しい権限スキーム

元の名前は"プロジェクト OA 用 JIRA サービスデスク権限スキーム"

次の権限が標準権限スキームとは異なる内容でセットアップされています。

  • ユーザー John Smithプロジェクトの参照権限が割り当てられている。これは軽微なエラーです。 
  • Service Desk Customers ロールに課題の作成権限が割り当てられている。これは重大なエラーです。 
  • サービスデスクのカスタマー - ポータルへのアクセスセキュリティ タイプに課題の作成権限が割り当てられていない。これは重大なエラーです。 

[権限の修正] ボタンをクリックすると、「プロジェクト OA 用の Jira Service Management 権限スキーム」がプロジェクトから切り離され、新しい権限スキームが「プロジェクト OA 用の Jira Service Management 権限スキーム 1」として作成され、サービス プロジェクトに適用されます。 

  • ユーザー John Smith は、引き続きプロジェクト参照権限を持ちます。
  • Service Desk Customers ロールは課題の作成権限から削除されます。
  • サービスデスク カスタマー - ポータルへのアクセスセキュリティ タイプに課題の作成権限が付与されます。 

重大な権限エラーとは

重大な権限エラーにより、Jira Service Management の特定の機能が無効になります。 

エラー説明

Administrators ロールに次の必須権限が割り当てられていない。

  • プロジェクトの参照
  • プロジェクト管理
  • 課題の編集
  • プロジェクトの参照権限がない = 管理者はサービスデスクにアクセスできません。
  • プロジェクト管理 権限がない = 管理者はサービスデスクの設定を変更できません。  
  • 課題の編集権限がない = 管理者は課題を編集できません。

サービス デスク カスタマー - ポータルへのアクセスセキュリティ タイプに次の必須権限が割り当てられていない。

  • プロジェクトの参照
  • 課題の作成
  • コメントの追加
  • プロジェクト参照権限がない = カスタマーはサービスデスクのカスタマー ポータルにアクセスできない、つまりログインできません。
  • 課題の作成権限がない = カスタマーはカスタマー ポータルでリクエストを作成できません。
  • コメントの追加権限がない = カスタマーは自分のリクエストにコメントを追加できません。

Service Desk Customers ロールに権限が直接付与されている。

このロールに権限を付与すると、カスタマーに Jira 機能へのアクセスが許可されます。カスタマーはカスタマー ポータルへのアクセス権のみを持つべきであり、権限はサービスデスク カスタマー - ポータルへのアクセスセキュリティ タイプに対して付与される必要があります。

結果として、管理者はカスタマーをサービス プロジェクトに追加できなくなります。オープンなサービス プロジェクトは制限されます。パブリック サイン アップが無効になります。

Service Desk Team ロールに次の必須権限が割り当てられていない。
  • プロジェクトの参照
  • 課題の編集
  • プロジェクト参照権限がない = エージェントはサービス プロジェクトを表示できません。
  • 課題の編集権限がない = エージェントは課題を編集できません。

Service Desk Team ロールにプロジェクト管理権限が付与されている。

エージェントにプロジェクト管理権限を付与することは、すべてのエージェントがサービス プロジェクトの管理者になることを意味します。

これは重大な問題です。Jira Service Management のエージェント管理機能が無効になります。その結果、管理者はエージェントを追加できなくなります。