GitHub Cloud を Jira に接続する

これらの手順は、GitHub Cloud または GitHub Enterprise CloudJira に接続するためのものです。GitHub Enterprise Server を接続する方法を見る

GitHub Cloud 組織を Jira に連携すると、チームで開発アクティビティを Jira 課題にリンクできます。これにより、Jira 課題のコンテキストで、Jira ボード、リリース機能などでブランチ、コミット、プル リクエストを追跡できます。

はじめる前に

Jira 向け GitHub アプリをインストールしてセットアップするには、次のものが必要です。

  • Jira サイトのサイト管理者権限

  • GitHub 組織の組織所有者権限。

組織によっては、GitHub を Jira に接続する作業に複数のチーム メンバーが関与することがあります。

  • Jira サイト管理者が GitHub for Jira アプリをインストールします。

  • GitHub 組織の所有者が GitHub 組織を Jira サイトに接続します。

Jira 向け GitHub アプリをインストールする

  1. Jira で [アプリ] > [その他のアプリを探す] の順に選択します。

  2. GitHub for Jira を検索し、結果から GitHub for Jira を選択します。

  3. [アプリを入手] > [今すぐ入手] の順に選択します。

GitHub 組織を接続

  1. アプリをインストールしたら、[開始する] を選択します。アプリが Jira サイトにすでにインストールされている場合は、[アプリ]、[アプリを管理]、[GitHub for Jira] の順に選択するとこのセクションが表示されます。

  2. [続行] を選択します。

  3. [GitHub Cloud] > [次へ] の順に選択します。

  4. GitHub のユーザー名とパスワードを入力して、[サインイン] を選択します。

  5. Jira に連携する組織を見つけて、[連携] を選択します。

GitHub 組織の権限を確認するには、GitHub の組織設定を開き、組織名の横にある権限レベルを探します。組織の所有者は、組織設定で Jira からの権限のリクエストを確認して承認できます。GitHub for Jira に必要な権限についての詳細

Jira アプリを新しい GitHub 組織に追加する

Jira に連携できる組織がない場合は、新しい GitHub 組織に Jira アプリをインストールする必要があります。

  1. 上記の手順のステップ 5 から、GitHub の組織を選択します。

  2. GitHub サイトが新しいタブで開き、GitHub アカウントで利用できるすべての組織のリストが表示されます。Jira に連携する組織を選択します。

  3. [全リポジトリ] か [Only select repositories (一部のリポジトリのみ)] を選択して、Jira へのアクセス権を付与するリポジトリを選択します。

  4. [インストール] を選択します。

[全リポジトリ] と [Only select repositories (一部のリポジトリのみ)] が表示されている、GitHub の Jira アプリをインストールするためのリポジトリ設定

新しい GitHub リポジトリを連携する

GitHub Organization に連携したときに [全リポジトリ] を選択した場合、Jira では作成した新しいリポジトリを含め、その組織のすべてのリポジトリにアクセスできるようになります。

[Only select repositories (一部のリポジトリのみ)] を選択した場合、作成した新しいリポジトリは自動的に追加されません。追加する方法は次のとおりです。

  1. Jira で、[アプリ]、[アプリの管理] の順に選択します。

  2. サイドバーの [GitHub for Jira] で [設定] を選択します。

  3. 追加するリポジトリを含む組織を見つけて 3 点メニュー () を選択すると、実行できるアクションが表示されます。

  4. [設定] を選択します。

  5. 新しいタブが開き、GitHub の組織設定が表示されます。[リポジトリ アクセス] で [リポジトリを選択する] ドロップダウンを選択します。

  6. 連携するリポジトリを選択して[保存] を選択します。

GitHub 組織のリポジトリ アクセス設定 ([リポジトリを選択する] というドロップダウン メニューが表示されている)

GitHub 組織で IP 許可リストを使用している場合は、正しい IP アドレスが IP 許可リストに含まれていても、GitHub for Jira の使用に問題がある可能性があります。回避策については「GitHub の IP 許可リスト設定を更新する方法」をご確認ください。

サポートが必要な場合は、担当チームまで問題をご報告ください

ブランチ、コミット、プル リクエストを Jira にリンクするには、チームの開発アクションに Jira 課題キーを含める必要があります。

  1. リンクする Jira 課題の課題キー (「JRA-123」など) を探します。このキーは、Jira のいくつかの場所で確認できます。
    • ボードでは、カードの下部に課題キーが表示されます。
    • 課題の詳細では、ページの上部にあるナビゲーションに課題キーが表示されます。

  2. ブランチ名に課題キーを付けて、リポジトリで新しいブランチをチェックアウトします。例: git checkout -b JRA-123-<branch-name>

  3. 変更をブランチにコミットする際は、課題キーをコミット メッセージで使用して、それらのコミットを Jira 課題の開発パネルにリンクします。例: git commit -m "JRA-123 <summary of commit>"

  4. プル リクエストを作成する際は、プル リクエストのタイトルに課題キーを使用します。

ブランチをプッシュすると、Jira 課題に開発情報が表示されます。

GitHub for Jira アプリの使用方法

 

その他のヘルプ