Jira 管理者は、サイトに追加されたすべての Jira アプリケーションのプロジェクトを作成できます。企業管理対象プロジェクトを作成するには、Jira 管理グローバル権限が必要です。Jira 管理者はスキームを使用して、企業管理対象プロジェクトを作成して管理します。

  • チーム管理対象プロジェクトを作成するには、次の手順を実行する必要があります。 チーム管理対象プロジェクトを作成する グローバル権限。 チーム管理対象プロジェクトの作成に関する詳細を参照してください。.
  • 対応する Jira アプリケーションへのアクセス権を持っている場合にのみ、Jira アプリケーション プロジェクトを表示、削除、またはごみ箱に移動できます。たとえば、サービス プロジェクトで作業するには、Jira Service Management へのアプリケーション アクセスが必要です。 

企業管理対象プロジェクトを作成するには、次の手順に従います。

  1. > [設定] > [プロジェクト] を選択します。
  2. [プロジェクトの作成] を選択します。
  3. 企業管理対象プロジェクトを選択します。
  4. プロジェクトに名前を付けます。
  5. プロジェクト テンプレートを変更するには、[テンプレート] で、[変更] を選択します。次に、利用可能なプロジェクト テンプレートの 1 つ (スクラム ソフトウェア開発など) を選択します。

    表示されるプロジェクト テンプレートはサブスクリプション契約中の Jira 製品によって異なります。たとえば、Jira Service Management を利用中の場合、[IT サービス デスク] および [カスタマー サービス デスク] という名前のテンプレートを使用してプロジェクトを作成できます。共有構成でプロジェクトを作成して、既存のプロジェクトの権限、ワークフロー、課題タイプ、およびその他のスキームを使用することもできます。

    Jira Software または Jira Work Management の Free プランでは、プロジェクトの権限またはロールを編集できません。また、すべての Free プラン (Jira Service Management を含む) で、課題レベルのセキュリティを構成できません。Free プランでのプロジェクト権限の仕組みについて確認してください。Jira の強力なプロジェクト権限管理機能を利用するには、プランをアップグレードします


    また、他のツールからプロジェクトとその課題をインポートすることも可能です。詳細は、「他の課題トラッカーからの移行」を参照してください。

  6. プロジェクト タイプまたは共有構成のための既存のプロジェクトを選択したら、[作成] をクリックします。

    アクセス権を持っていない Jira 製品に関連するテンプレートを使用してプロジェクトを作成する場合、Jira によって、ユーザーがそのアプリケーションへのアクセス権を自分自身に付与するためのチェックボックスが表示されます。チェックボックスを選択すると、ユーザーはそのアプリケーションの既定グループに追加され、そのライセンスのユーザーとしてカウントされるようになります。

プロジェクトの編集

詳細は、「プロジェクトの詳細を編集する」を参照してください。