既定のダッシュボードの設定

ユーザーが初めて Jira Cloud アプリケーションにログインする際には、既定ダッシュボードが表示されます。Jira 管理者は、既定ダッシュボードのガジェットやレイアウトを変更して、チームにとって最も重要な情報を表示するようにできます。既定ダッシュボードは削除できません。 

初期設定のシステム ダッシュボードにガジェットを追加する

  1. > [システム] の順に選択します。

  2. ユーザー インターフェイス セクションで [システム ダッシュボード] を選択します

  3. [ガジェットを追加] を選択します。利用可能なすべてのガジェットを表示するには [すべてのガジェットを読み込む] を選択します。

  4. 追加するガジェットを検索します。また、左側でカテゴリを検索またはクリックしてガジェットをフィルターすることもできます。

  5. 追加するガジェットで [ガジェットを追加] を選択します。

権限を持たないユーザーがいるガジェットを追加した場合、そのユーザーが既定のダッシュボードを開いても、対象のガジェットは表示されません。たとえば、「管理者」ガジェットは管理者以外のユーザーには表示されません。

既定のシステムダッシュボードのレイアウトを編集するには

  1. > [システム] の順に選択します。

  2. ユーザー インターフェイス セクションで [システム ダッシュボード] を選択します。

  3. レイアウトの編集をクリックします。 

  4. デフォルトのシステムダッシュボードのレイアウトを選択します。

初期設定のシステム ダッシュボードをウォールボードとして表示する

既定のシステム ダッシュボードを設定し、チームに必要なガジェットを追加した後、ダッシュボードをウォールボードとして表示することができます。

  1. > [システム] の順に選択します。

  2. ユーザー インターフェイス セクションで [システム ダッシュボード] を選択します

  3. ツール > ウォールボードとして表示 を選択します。 

ウォールボードのスライドショーを設定して表示する

ウォールボード スライドショーを設定および表示するには、最初に複数のダッシュボードを設定する必要があります。つまり、カスタム ダッシュボード を作成してから、それらを ウォールボード スライドショー として表示する必要があります。

その他のヘルプ