次のタイプのカスタムフィールドにオプションの値を指定できます。

  • 選択リスト
  • 複数選択リスト
  • カスケード選択リスト
  • ラジオ ボタン
  • 複数チェックボックス

上記のカスタム フィールド タイプのオプション値を編集するには、次の手順に従います。 

  1. > [課題] を選択します。
  2. [フィールド] で、[カスタム フィールド] をクリックします。
  3. 設定するカスタム フィールドを見つけ、 > [コンテキストと既定値] > [オプションを編集] の順にクリックします。ここでは、以下のことを実行できます。
    • 親選択リストの編集 ドロップダウンを選択し、編集するかすけーディング選択リストを選択します。 
    • アルファベット順に並べ替え をクリックし、オプションをアルファベット順に並べ替えます。
    • オプションを手動でレンダリングするには、 順序 列の矢印をクリックするか、移動 ボタンをクリックします。
    • 編集 をクリックしてオプションのテキストを変更します。
    • 選択できなくなったオプションを非表示にするには、無効化 をクリックします。既に使用されているオプションを削除することはできません(データを保持するため)が、新しい課題でそれらを利用できなくすることはできます。
    • 削除 をクリックして使用されていないオプションを削除します。

新しいカスタム フィールドを追加するには、[値の追加 ] フィールドにカスタム フィールド名を入力し、[追加] をクリックします。 

これらのオプションは大文字と小文字を区別しません。そのため、通知スキームに選択リストまたは複数選択リストを使用する場合、JIRA-ADMINISTRATORSjira-administrators グループと一致します。つまり、JIRA-ADMINSITRATORSjira-administrators オプションは同じ名前となるため、これらの両方を使用することはできません。

コンテキストを使用することで、フィールドがフィールド構成に従って表示されるコンテキストに応じ、選択フィールドの特定のオプションを表示または非表示にすることができます。フィールド構成の詳細は、こちらをご覧ください