Jira Cloud を Bitbucket に接続

Jira Cloud アプリケーションを Bitbucket Cloud アカウントと接続すると、チームは課題とコードのシームレスな連携を実現できます。

Bitbucket に接続することで、次の操作を実行できます。

  • リポジトリのアクティビティの可視化 – Jira 課題は、リポジトリのブランチ、コミット、プル リクエスト アクティビティ、および Bitbucket Pipelines が有効な場合にはビルドとデプロイも自動的に更新して表示します。詳細については「開発作業で課題を参照する方法」をご参照ください。

  • Bitbucket との緊密な連携 – コンテキストを変更することなく Jira 課題の重要な詳細情報を表示します。Bitbucket のコミット メッセージ、プル リクエスト コメント、およびデプロイ情報などの任意の場所で Jira の課題キーを表示できます。

  • Jira ワークフローの自動化 – Jira ワークフローはリポジトリのアクティビティと同期し、作業に伴って自動的に更新されます。

Bitbucket Cloud と Jira アプリケーションの連携のメリットについて、詳細をご覧ください。Jira Server アプリケーションを使用している場合、「Bitbucket または GitHub リポジトリを Jira とリンクする」を参照してください。

Jira Cloud と Bitbucket アカウントを接続する

前提条件:

  • Jira と Bitbucket Cloud をリンクするには、Jira Software のサブスクリプションが必要です。

  • Jira 管理者として Jira にログインします (Jira プロジェクト管理権限では十分ではありません)。

Jira Software プロジェクトを接続する場合

  1. プロジェクトから [プロジェクト設定] に移動して Jira プロジェクトでコードを有効にします

  2. コード ページに移動して [Bitbucket に接続] を選び、接続する Bitbucket ワークスペースを選択します。

  3. Jira を Bitbucket Cloud に接続すると、ブランチ名、コミット メッセージ、またはプル リクエストの先頭に課題キーを含めることで、リポジトリをプロジェクトに接続できます。

プロジェクト ナビゲーションから [ショートカットを追加] > [リポジトリ] の順に選択することでも、Bitbucket Cloud ワークスペースに接続できます。リポジトリ リンクが作成されたら、[Integrate Bitbucket (Bitbucket との統合)] を選択して Jira アカウントと Bitbucket のアカウントを同期させます。

Jira Work Management プロジェクトを接続する場合は、次の手順に従います。

  1. > [製品] の順に選択します。

  2. [統合] の下で、[DVCS アカウント] を選択します。

  3. [Bitbucket Cloud アカウントのリンク] をクリックします。

Jira Service Management プロジェクトを接続する場合

  1. [設定] > [プロジェクト] の順に選択します。

  2. 接続先のプロジェクトを選択します。

  3. [プロジェクト設定] を選択します。

  4. [デプロイメント ツール] までスクロールします。

  5. [接続] をクリックして、Bitbucket Cloud を選択します。

リンクが作成されたら、Bitbucket との統合を選択して Jira と Bitbucket のアカウントを同期させます。

Bitbucket で接続プロセスを続行

接続プロセスにより Bitbucket に遷移します。Jira と接続するリポジトリにアクセス可能な Bitbucket アカウントにログインしていることを確認してから、Jira に Bitbucket アカウントへのアクセスを許可します。

Bitbucket で、Jira への Bitbucket アクセスを許可します。

アカウント内にあるすべての既存のリポジトリと今後追加されるリポジトリで、スマート コミットを有効にできます (「スマート コミットで Jira 課題を処理する」参照)。これらの設定は、Jira の DVCS アカウント設定ページで後から管理できます。下記の「リンクされているアカウントを管理する」をご参照ください。

一度接続すると、Jira の DVCS アカウント設定ページで Bitbucket のリポジトリの一覧を確認できます。

未完了の接続要求の承認

Jira と Bitbucket Cloud の接続を開始する場合、(たとえば、Jira プロジェクト管理者としてログインしていても) Jira 管理者としてログインしていないと、接続プロセスを完了できません。

この場合のオプションは次のとおりです。

  • Jira 管理者アカウントを持っている場合、一旦ログアウトし、Jira 管理者アカウンで再ログインします。

  • Jira 管理者に接続を完了してもらいます。

いずれの場合も、Jira 管理者は上記の手順を使用し接続を完了できます。

リンクアカウントの設定を管理する

Jira Software との Bitbucket Cloud アカウントをリンク後、Jira の「DVCS accounts」ページから接続を管理できます。

もし接続に問題があれば、 Troubleshoot connections with Bitbucket Cloud をご覧ください。

操作

手順説明

スマートコミットの管理

アカウントに対して: アクション メニューで既定のリポジトリ設定を選択します。

ここで、必要に応じて スマート コミットのデフォルト設定を変更します。

変更した設定は、Bitbucketアカウントに追加された新しいリポジトリにのみ適用されます。

レポジトリに対して: 必要に応じて、リポジトリの行にあるスマートコミットのチェックボックスを選択、またはクリアします。

詳細は スマートコミットでJira課題を処理する をご覧ください。

リポジトリのリストを更新

手動で接続されたリポジトリのリストを更新するには、リポジトリの更新 (Refresh repositories)を選択します。

Jira にリポジトリのアクティビティを手動で同期

  1. Jira でリポジトリを手動で更新するには、左側のナビゲーション メニューから [Jira 設定] を選択します。[Jira 設定] メニューで [製品] を選択し、[統合] 見出しの下の [DVCS アカウント] を選択します。

  2. リポジトリ リストの右上にある をクリックします。

  3. [その他のオプション] ドロップダウン メニューから [リポジトリの更新] を選択します。

Bitbucket アカウントの切断

アクション メニューで [既定のリポジトリ設定を構成 (Configure default repository settings)] を選択し、切断してください。

 

その他のヘルプ