Azure DevOps と Jira との統合

Azure DevOps アカウントを Jira Software に接続すると、デプロイ パイプラインを通って出荷される作業を Jira で追跡できるようになります。ビルドとデプロイの情報は、チームの Jira 課題、Jira ボード、デプロイ タイムライン、リリース機能から入手できます。Jira でのデプロイ連携の詳細をご確認ください。

Azure DevOps for Jira を接続するには、以下が必要です。

  1. Jira サイト管理者の権限。

  2. Azure DevOps 組織へのアクセス権。

Azure DevOps アカウントを Jira に接続する

Azure DevOps for Jira (公式) Marketplace アプリをインストールする

  1. Jira プロジェクトのトップ ナビゲーションから、[アプリ] > [その他のアプリを探す] に移動します。

  2. Azure DevOps for Jira を検索します。タイトルに「Official」が付いているバージョンを選択します。

  3. [アプリを入手] > [今すぐ入手] の順に選択します。

  4. アプリをインストールしたら、「今すぐ設定」を選択します。その後、Azure DevOps アカウントと組織を接続するように求められます。

Azure DevOps アカウントと組織を接続する

Azure DevOps アカウントを接続するには、Microsoft アカウントにサインインして、要求される権限を受け入れる必要があります。

  1. 設定画面で、[続行] を選択します。

  2. 新しいタブが開き、Microsoft のサインイン ページが表示されます。資格情報を入力して、Jira に接続したい Azure DevOps アカウントにサインインします。

  3. 次に、Microsoft は Jira にデータを送信する許可を求めます。[承認する] を選択します。

Azure DevOps アカウントが接続されると、Jira に接続できる組織のリストが表示されます。リンクしたいすべての組織で [接続] を選択します。

お使いの Microsoft アカウントに複数の Azure DevOps テナントへのアクセス権があり、間違ったテナントを使用して接続した場合に別の Azure DevOps テナントに切り替える方法は次のとおりです

Azure DevOps で OAuth を有効にする

Jira にデータを送信する前に、Azure DevOps 組織で OAuth を有効にする必要があります。OAuth がまだ有効になっていない組織に接続すると、OAuth を有効にする必要があるというメッセージが Jira に表示されます。

  1. [Go to Azure DevOps (Azure DevOps に移動)] を選択します。

  2. Azure DevOps 組織の設定で、[セキュリティ] > [ポリシー] に移動します。

  3. [Application connection policies (アプリケーション接続ポリシー)] で、トグルを使用して、[Third-party application access via OAuth (OAuth によるサードパーティ アプリケーション アクセス)] および [SSH authentication (SSH 認証)] をオンにします。

Azure DevOps で CI/CD パイプラインをセットアップする

Azure DevOps アカウントにサインインしてパイプラインを作成します。Azure DevOps for Jira によって、パイプラインを介して実行されるデプロイ ジョブごとにデプロイ イベントが作成されます。パイプラインによってトリガーされる他のジョブ (テストの実行やモジュールのインストールなど) がある場合、Azure DevOps for Jira ではそれらがデプロイ イベントとして扱われません。Azure DevOps のデプロイ ジョブの詳細はこちらをご覧ください。

デプロイ イベントには、アプリがデプロイされた環境の名前が含まれます。Jira 課題に環境の詳細を表示するには、環境が、developmenttestingstagingproduction のいずれであるかを Jira が知る必要があります。Jiraは、環境名に基づいて、デプロイ イベントをマッピングする環境の推測を試行します。たとえば、dev という名前の環境へのデプロイでは、development 環境が想定されます。

他の環境名 (英語以外の環境名など) を使用すると、Jira はこれらを未定義の環境として表示することがあります。これを解決するには、.jira/config.yml という名前で次の内容を含むファイルをリポジトリのメイン ブランチに追加して、カスタム環境を指定できます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 deployments: environmentMapping: development: - "dev*" - "Entwicklung" - "desenvolvimento" - "дев" testing: - "testes" - "Test" - "TST-*" - "тест" staging: - "Pre-Prod" - "STG-*" - "staging" production: - "Produktion" - "produção" - "продакшн" - "PROD-*"

上記の例を使用すると、「STG-2」という名前の環境へのデプロイ イベントは、staging 環境へのデプロイとして Jira に表示されます。一方、「Produktion」という名前の環境へのデプロイは、production 環境として Jira に表示されます。

Jira の 4 つの有効な環境タイプのそれぞれに、最大 10 個の glob パターンを指定できます。この設定ファイルを追加すると Jira で環境名を自動的に検出できなくなるため、すべての環境名のパターンを指定する必要があります。

チームの開発アクティビティを Jira にリンクするためには、コミット メッセージ、ブランチ名、プル リクエストに Jira 課題キーを含める必要があります。リンクされたブランチ、コミット、またはプル リクエストでデプロイが実行されると、Jira 課題、ボード、デプロイのタイムラインにデプロイ情報が表示されます。開発作業における課題の参照に関する詳細はこちらをご覧ください。

アプリでは、パイプラインのリポジトリ内に直接追加されたキーのみがリンクされます。他のリポジトリのキーは認識されません。

 

その他のヘルプ