Azure DevOps を Jira に連携する

Connecting your Azure DevOps account to Jira allows your team to track their work in Jira as it ships through the deployment and development pipelines. You’ll get deployment, build, and development information in your team’s Jira issues, on your Jira board, on the deployments timeline, in the development dialog, and in the Releases feature. Read more about integrating deployments with Jira

Azure DevOps for Jira を接続するには、以下が必要です。

  1. Jira サイト管理者の権限。

  2. Access to an Azure DevOps organization with Access level set to Basic.

Azure DevOps アカウントを Jira に接続する

Azure DevOps for Jira (公式) Marketplace アプリをインストールする

  1. Jira プロジェクトのトップ ナビゲーションから、[アプリ]、[その他のアプリを探す] の順に移動します。

  2. Azure DevOps for Jira を検索します。タイトルに「Official」が付いているバージョンを選択します。

  3. [アプリを入手] > [今すぐ入手] の順に選択します。

  4. アプリをインストールしたら、「今すぐ設定」を選択します。その後、Azure DevOps アカウントと組織を接続するように求められます。

Azure DevOps アカウントと組織を接続する

Azure DevOps アカウントを接続するには、Microsoft アカウントにサインインして、要求される権限を受け入れる必要があります。

  1. 設定画面で、[続行] を選択します。

  2. 新しいタブが開き、Microsoft のサインイン ページが表示されます。資格情報を入力して、Jira に接続したい Azure DevOps アカウントにサインインします。

  3. 次に、Microsoft は Jira にデータを送信する許可を求めます。[承認する] を選択します。

Azure DevOps アカウントが接続されると、Jira に接続できる組織のリストが表示されます。リンクしたいすべての組織で [接続] を選択します。

お使いの Microsoft アカウントに複数の Azure DevOps テナントへのアクセス権があり、間違ったテナントを使用して接続した場合に別の Azure DevOps テナントに切り替える方法は次のとおりです

Azure DevOps で OAuth を有効にする

Jira にデータを送信する前に、Azure DevOps 組織で OAuth を有効にする必要があります。OAuth がまだ有効になっていない組織に接続すると、OAuth を有効にする必要があるというメッセージが Jira に表示されます。

  1. [Go to Azure DevOps (Azure DevOps に移動)] を選択します。

  2. Azure DevOps 組織の設定で、[セキュリティ]、[ポリシー] の順に移動します。

  3. [Application connection policies (アプリケーション接続ポリシー)] で、トグルを使用して、[Third-party application access via OAuth (OAuth によるサードパーティ アプリケーション アクセス)] および [SSH authentication (SSH 認証)] をオンにします。

Azure DevOps で CI/CD パイプラインをセットアップする

You can trigger deployment events in Azure DevOps that the Azure DevOps for Jira app will recognize by using:

  • deployment jobs

  • the classic release pipeline

Use deployment jobs to trigger deployment events

When your deployment is part of the YAML pipeline, you can use the deployment jobs to trigger deployment events. The Azure DevOps for Jira app will create a deployment event for each deployment job that runs through your pipeline. The app won't consider other jobs, such as running tests or installing a module, as deployment events.

You must have each deployment job in a separate stage in the pipeline. The environment name in the job will be mapped to the corresponding environment name in the deployment information in your Jira issues, on the board, and on the deployment timeline.

Here is an example of a stage in a pipeline with a deployment job:

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 - stage: 'development' displayName: 'Dev Deployment' jobs: - deployment: Deploy pool: vmImage: 'ubuntu-latest' environment: dev strategy: runOnce: deploy: steps: - download: current artifact: www

In this example, the pipeline contains a stage with a deployment job to the dev environment. This will be mapped to deployment with environment name dev in Jira.

Use the classic release pipeline to trigger deployment events

You can trigger deployment events by using a classic release pipeline in Azure DevOps.

For this method to work, select Build as the Source type when you add a trigger artifact.

Artifact setting in the Azure DevOps release pipeline

Each deployment should have its stage. A stage name will be mapped to the corresponding environment name in the deployment information in your Jira issues, on the board, and on the deployment timeline.

Release pipeline setting in Azure DevOps

Deployment events include the name of the environment to which your app was deployed. To show the environment details in your Jira issues, Jira needs to know whether the environment is a development, testing, staging, or production environment. Based on the environment name, Jira tries to guess the environment to map your deployment event. For example, a deployment to an environment named dev would be considered a development environment.

他の環境名 (英語以外の環境名など) を使用すると、Jira ではこれらが未定義の環境として表示されることがあります。これを解決するには、.jira/config.yml という名前で次の内容を含むファイルをリポジトリのメイン ブランチに追加して、カスタム環境を指定できます。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 deployments: environmentMapping: development: - "dev*" - "Entwicklung" - "desenvolvimento" - "дев" testing: - "testes" - "Test" - "TST-*" - "тест" staging: - "Pre-Prod" - "STG-*" - "staging" production: - "Produktion" - "produção" - "продакшн" - "PROD-*"

In this example, a deployment to an environment named “STG-2” would be mapped as a deployment to the staging environment in Jira, and a deployment to an environment named “Produktion” would be mapped as a deployment to the production environment in Jira.

In Jira, you can specify up to 10 glob patterns for the four valid environments: development, testing, staging, or production.

チームの開発アクティビティを Jira にリンクするためには、コミット メッセージ、ブランチ名、プル リクエストに Jira 課題キーを含める必要があります。リンクされたブランチ、コミット、またはプル リクエストでデプロイが実行されると、Jira 課題、ボード、デプロイのタイムラインにデプロイ情報が表示されます。開発作業で課題を参照する方法の詳細をご確認ください。

アプリでは、パイプラインのリポジトリ内に直接追加されたキーのみがリンクされます。他のリポジトリのキーは認識されません。

Azure Repos で作成されたブランチ、コミット、プル リクエストをリンクするには、チームの開発アクションに Jira 課題キーを含める必要があります。

  1. リンクする Jira 課題の課題キー (「JRA-123」など) を探します。このキーは Jira の複数の場所で確認できます。

    1. ボードでは、課題キーはカードの下部に表示されます。

    2. 課題の詳細では、ページの上部にあるナビゲーションに課題キーが表示されます。

  2. ブランチ名に課題キーを付けて、リポジトリで新しいブランチをチェックアウトします。例: git checkout -b JRA-123-<branch-name>

  3. 変更をブランチにコミットする際は、課題キーをコミット メッセージで使用して、それらのコミットを Jira 課題の開発パネルにリンクします。例: git commit -m "JRA-123 <summary of commit>"

  4. プル リクエストを作成する際は、プル リクエストのタイトルか説明に課題キーを使用します。

ブランチをプッシュすると、Jira 課題に開発情報が表示されます。開発作業で課題を参照する方法の詳細をご確認ください。

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。