robotsnoindex

組織内の複数のユーザーに同じ権限または制限が必要な場合は、ユーザーをグループに追加してからグループに製品に対するアクセス権を与えられます

Jira Service Management ポータルのみの顧客 (例: サービス プロジェクト リクエストを送信するユーザー) はグループに追加できません。ポータルのみの顧客管理に関する詳細をご確認ください

グループの作成

  1. admin.atlassian.com にログインします。

  2. ご利用の組織で、ページの左側から [ディレクトリ] > [グループ] の順に選択します。

  3. [グループを作成] ボタンを選択して新しいグループを作成します。

  4. グループの名前を入力してグループのメンバーを追加し、グループの説明を入力します。

    • 作成後はグループの名前を変更できません。別名で新しいグループを作成する必要があります。

  5. [作成] を選択します。

  6. グループの詳細ページにリダイレクトされて、そこで製品をグループに追加してグループ メンバーに製品アクセス権を付与できます。[製品を追加] を選択して製品リストを表示します。

  7. [製品] の [プロダクト ロール] ドロップダウンから、プロダクト ロールを選択します。

  8. 追加 を選択します 。

グループの編集と削除

  1. admin.atlassian.com にログインします。

  2. ご利用の組織で、ページの左側から [ディレクトリ] > [グループ] の順に選択します。

  3. 一覧から編集または削除するグループを選択します。

    • グループの説明を編集するには、[グループ メンバーを追加] の右側にある 3 点アイコン、[説明の編集] の順に選択します。

    • グループの製品アクセスを編集するには、 [グループのアクセスを編集]、 次に、 [グループ アクセス] の順にクリックします。。参照 製品アクセス設定の更新 をご覧ください。

    • グループを削除するには、 [グループ メンバーを追加] の右側にある 3 点アイコン、 [グループを削除] の順に選択します。.


以下としてマークされたグループは削除できません: 既定のアクセス グループ.


グループ メンバーシップの更新

  1. admin.atlassian.com にログインします。

  2. ご利用の組織で、ページの左側から [ディレクトリ] > [グループ] の順に選択します。

  3. 一覧から、ユーザーを追加または削除したいグループを選択します。

    • ユーザーをグループに追加するには、[メンバーを追加]、追加するユーザーの順に選択して [追加] ボタンを押します。

    • ユーザーをグループから削除するには、ユーザーの 3 点アイコン > [グループからメンバーを削除] > [グループから削除] の順に選択して確定します。

既定のグループと権限

ユーザーをクラウド製品に招待する際に、ユーザーはデフォルトのグループ ([product]-users-<sitename> 例: Jira-Software-users-atlassian.com) に自動で配置されます。[product]-users-<sitename> グループによって、ユーザーは基本的な権限で製品にアクセスできます。製品の権限を使用して、製品内にいるユーザーのアクセスをさらに制限できます。

サイトを作成した時期に応じて、サイトの既定グループが異なる場合があります。

2021 年 8 月以降に作成されたインスタンスの場合

対象製品

デフォルト グループ

デフォルト権限

組織全体のグループ

site-admins

すべてのサイトと組織を管理するユーザーが含まれます。サイト管理者は、次のデフォルトの権限を使用できます。

  • 所有している製品の "管理者" グループに割り当てられているすべての権限

  • ユーザー管理 (新しいユーザーの作成、ユーザーをグループに割り当て、製品アクセスの付与など) に対するアクセス権

  • 請求情報へのアクセス

  • すべての組織レベルの設定に対するアクセス権

  • すべてのサイト レベルの設定に対するアクセス権

  • サイトにあるすべての製品に対するアクセス権

これらの権限を持つユーザーは、ドキュメントとサポートの目的に関する組織管理者とみなされます。

Jira Software

jira-software-users-<site-name>

<site-name> にある Jira Software 製品に対するアクセス権が付与されます。

すべてのメンバーに "ユーザー" プロジェクト ロールが割り当てられます。これによって、メンバーはすべてのプロジェクト課題 (セキュリティ レベルで保護されている場合を除く) を表示して、新しい課題を作成できます。

Jira Service Management

jira-servicemanagement-users-<sitename>

Jira Service Management ライセンスの割り当てを管理します。

このグループのメンバーは Jira Service Management ライセンスに加算されます。このグループは、'Jira Service Desk エージェント アクセス' グローバル権限を持っています。

Jira Work Management

jira-workmgmt-users-<sitename>

<site-name> にある Jira Work Management 製品に対するアクセスが付与されます。

すべてのメンバーに 'ユーザー' プロジェクト ロールが割り当てられます。これによって、メンバーはすべてのプロジェクト課題 (セキュリティ レベルで保護されている場合を除く) を表示して、新しい課題を作成できます。

Jira 管理者向け

jira-admins-<sitename>

このグループに付与されるデフォルトの権限は、ご利用の製品によって異なります。たとえば、Jira 製品のみを使用している場合、グループ権限には Jira 製品権限のみが含まれます。

Jira 製品の場合:

  • 'Jira 管理者' グローバル権限

  • '管理者' プロジェクト ロールのメンバー。これによって、メンバーはプロジェクトのバージョンを編集してプロジェクト コンテンツを管理 (課題、コメントを削除してウォッチャーを管理) できます。

Confluence

confluence-users-<sitename>

グローバル権限が割り当てられます。これによって、プロジェクトの Confluence コンテンツを作成して表示し、パーソナル スペースとグローバル スペースを作成できます。

confluence-admins-<sitename>

このグループには 'Confluence 管理者' グローバル権限が付与されます。

Confluence 管理者には 'confluence-users' のデフォルト権限が付与されます。

'管理者' グループのユーザーは Jira 製品に対するアクセス権を持つため、Jira ライセンスが必要となります。Jira ライセンスが不要なユーザーが '管理者' グループにいる場合は、Jira ライセンスが不要な管理者のために 'confluence-admins' などの名前で新しくグループを作成できます。

Opsgenie

opsgenie-users-<sitename>

Opsgenie 製品へのアクセス権限で、Opsgenie アラートとスケジュールの作成および編集権限が含まれる場合があります。

Statuspage

statuspage-users-<sitename>

Statuspage 製品にアクセスして任意のページを表示する権限。

statuspage-admins-<sitename>

Statuspage 製品にアクセスしてページに対するユーザー アクセスを管理する権限。

2021 年 8 月以前に作成されたインスタンスの場合

対象製品デフォルト グループデフォルト権限
サイト全体グループusers

2014 年 2 月より前に作成されたインスタンスの場合、これが新しいユーザーが追加されるデフォルト グループでした。2014 年 2 月以降に作成されたインスタンスでは、すべての新しいユーザーは、"user" グループではなく、アクセスする製品の "[製品名]-user" グループに追加されます。

このグループに付与される既定の権限は、サービス内で保有している製品によって異なります (例: Jira 製品のみを利用している場合、グループ権限には Jira 製品の権限のみが含まれます)。

Jira 製品の場合:

  • "Jira ユーザー" および "一括変更" グローバル権限。
    • "Jira ユーザー" はユーザーが Jira にログインすることを許可します。
    • "一括変更" はユーザーに課題の一括変更を許可します。
  • "users" プロジェクト ロールのメンバー。すべてのプロジェクトの課題の参照 (セキュリティ レベルまたはカスタム プロジェクト権限スキームで保護されている場合を除く)、および新しい課題の作成が許可される

Confluence の場合

  • プロジェクトの Confluence コンテンツの作成と参照、パーソナルおよびグローバル スペースの作成が可能な権限

jira-developers

Jira 製品の場合:

  • Jira の "ユーザーの参照"、"共有フィルターの作成" および "グループ フィルター サブスクリプションの管理" グローバル権限
  • 課題の編集、移動、割り当て、担当、リンク、作業、解決、クローズが可能な開発者プロジェクト ロールのメンバー

通常、課題に取り組むユーザーをこのグループに追加します。ユーザー ページからユーザーをこのグループに追加することができます。

2014 年 2 月より前に作成された Jira インスタンスでは、このグループは "developers" という名前を持ちます。



administrators

このグループに付与される既定の権限は、保有している製品によって異なります (例: Jira 製品のみを利用している場合、グループ権限には Jira 製品の権限のみが含まれます)。

Jira 製品の場合:

  • "Jira を管理" グローバル権限
  • "Administrators" プロジェクト ロールのメンバー。プロジェクトのバージョンの編集、プロジェクトのコンテンツの管理 (課題、コメントの削除、ウォッチャーの管理) が可能。

Confluence の場合

"administrators" グループのユーザーは Jira 製品へのアクセス権を持つため、Jira ライセンスが必要となります。Jira ライセンスが不要なユーザーが "administrators" グループにいる場合、"confluence-administrators" などの名前で新しくグループを作成し、Jira ライセンスが不要なユーザーを割り当てることができます。

trusted-users-<id>

このグループのユーザーには信頼済みロールが割り当てられています。

  • Jira 製品の場合:

    • "Jira を管理" グローバル権限

    • "Administrators" プロジェクト ロールのメンバー。プロジェクトのバージョンの編集、プロジェクトのコンテンツの管理 (課題、コメントの削除、ウォッチャーの管理) が可能。

  • Confluence の場合

  • 製品ユーザー権限

  • ユーザーの招待権限

このグループはサイトの [グループ] ページには表示されません。ユーザーのロールを [ユーザーの招待] ページの [ロール] セレクターから設定すると、ユーザーがこのグループに追加されます。このグループは Jira および Confluence のグローバル権限で確認できます。

site-admins

site-admins はサイトを管理するユーザーです。次の機能は、現在 site-admins のみが利用できます。

  • 所有している製品の "administrators" グループに割り当てられているすべての権限
  • ユーザー管理機能 (新しいユーザーの作成、グループへのユーザーの割り当て、アプリケーション アクセスの付与など) へのアクセス権
  • 請求情報へのアクセス

この権限を持つユーザーは、ドキュメント作成とサポートの権限を持つサイト管理者とみなされ、サイト内のすべての製品へのアクセス権を持ちます。

すべての Jira 製品

jira-users

"Jira ユーザー" および "一括変更" グローバル権限

  • "Jira ユーザー" はユーザーが Jira にログインすることを許可します。
  • "一括変更" はユーザーに課題の一括変更を許可します。

"Users" プロジェクト ロールのメンバー。すべてのプロジェクト課題の参照 (セキュリティ レベルで保護されている場合を除く) と、新しい課題の作成が可能。

jira-administrators

"administrators" グループに割り当てられているものと同じ既定権限で、Jira 製品でのみ有効です。

  • "Jira を管理" グローバル権限

  • "Administrators" プロジェクト ロールのメンバー。プロジェクトのバージョンの編集、プロジェクトのコンテンツの管理 (課題、コメントの削除、ウォッチャーの管理) が可能。

Jira Software

jira-software-users

"Users" プロジェクト ロールのメンバー。すべてのプロジェクト課題の参照 ( セキュリティレベルで保護されている場合を除く) と、新しい課題の作成が可能。

Jira Service Management

service-desk-agents

Jira Service Management はこのグループを使用して、ライセンス割り当てを管理します。このグループのユーザーは Jira Service Management ライセンスに計上されます。

Confluenceconfluence-usersプロジェクトの Confluence コンテンツの作成と参照、パーソナルおよびグローバル スペースの作成が可能な権限
Opsgenieopsgenie-usersOpsgenie 製品へのアクセス権限で、Opsgenie アラートとスケジュールの作成および編集権限が含まれる場合があります。

これらのグループに加えて、Atlassian サポートのスタッフが使用するデフォルトのグループがあります。このグループは編集できずユーザーを追加できません。

  • system-administrators

このグループの 'sysadmin' ユーザーはサイトにログインして、サポートを提供して特定のシステム メンテナンス作業を実行できます。このユーザーには製品に対する完全なアクセス権が自動で付与されますが、所属グループにかかわらずライセンス制限には計上されません。

このアカウントはアトラシアンのみが使用します。サポート リクエストを起票していない場合に、このユーザーによるログインが通知される場合があります。これは、特定のタイプのシステム メンテナンスがこのアカウントを使用してシステムの自動パフォーマンス タスクを起動するためです。