Jira 管理者は、チームがワークフローを使用してプロジェクト作業を合理化できるように、ワークフローをアクティブ化する必要があります。ワークフローをアクティブ化するには、ワークフローをワークフロー スキームに含めてから、そのワークフローをプロジェクトと関連付けます。また、チーム全体で共有するためにワークフローをインポート/エクスポートすることもできます。 

最初にお読みください。本ページでは、企業管理対象 Jira プロジェクトのセットアップと構成方法について説明します。企業管理対象 Jira プロジェクトには、チーム管理対象 Jira プロジェクトとは異なる機能と特長があります。

チーム管理対象プロジェクトのセットアップに関する情報をお探しの場合は、次のドキュメントをご確認ください。

ワークフローをアクティブ化する

すべてのワークフローは、ワークフロー スキームと関連付けられるまでは非アクティブです。ワークフロー スキームはプロジェクトと関連付けることができます。ワークフローをアクティブ化する方法は次のとおりです。 

  1. > [課題] を選択します。
  2. [ワークフロー] から、[ワークフロー スキーム] をクリックして、アクティブ / 非アクティブなスキームの一覧を表示します。 
  3. ワークフロー スキームを作成するか、アクティブなワークフロー スキームを編集します。ヒント: [アクティブ] または [非アクティブ] 見出しをクリックして、ワークフローの一覧を展開および折りたたみます。
  4. スキームにワークフローを追加します。詳細は、「ワークフロー スキームの設定」を参照してください。 

  5. 上記の「ワークフロー スキームをプロジェクトに関連付ける」セクションの手順に従います。

ワークフロー スキームをプロジェクトに関連付ける

ワークフロー スキームを関連プロジェクトに関連付けることで、ワークフローをアクティブ化します。課題タイプがプロジェクトの課題タイプ スキームに定義されていない場合、ワークフローは利用できません。

  1. [設定] > [プロジェクト] を選択します。
  2. ワークフロー スキームと関連付けるプロジェクトを選択します。
  3. プロジェクトに移動して [プロジェクト設定] をクリックします。 
  4. [ワークフロー] をクリックします。プロジェクトが現在使用しているワークフロー スキームが表示されます。
  5. [スキームの切り替え] をクリックし、スキームの一覧から関連するワークフロー スキームを選択します。 

  6. [関連付け] をクリックし、移行プロセスを開始します。各課題には有効なステータスが必要です。そのため、ワークフロー スキームを切り替えた後で複数の課題にステータスを割り当てる必要がある場合があります。 

すべての課題はワークフローに従って進行するため、Jira プロジェクトは常にワークフロー スキームと関連付けられている必要があります。プロジェクトからカスタム ワークフロー スキームの関連付けを解除するには、そのプロジェクトを既定のワークフロー スキームに割り当てます。

ワークフローをインポートする

世界中のさまざまな Jira ユーザーが、さまざまな要件に役立つ多数のワークフローを企業管理対象 Jira プロジェクトで作成してきました。これらのワークフローをインポートして、ご自身の Jira サイトで試せます。

Jira Cloud で、Atlassian Marketplace 以外の場所からワークフローをインポートすることはできません。

Atlassian Marketplace からワークフローをインポートするには、次の手順を実行します。

  1. > [Issues (課題)] を選択します。
  2. [ワークフロー] > [Marketplace からインポート] をクリックします。利用可能なワークフローがダウンロード数順に表示されます。
  3. 必要なワークフローを検索し、[選択] をクリックします。
  4. 既定のワークフロー名をそのまま使用するか、新しい名前を選択して、次へ をクリックします。
  5. インポートしたワークフローのステップを既存のワークフロー ステータスにマッピングするか、新しいステータスを作成します。完了したら、次へ をクリックします。
  6. インポート詳細のサマリーを確認し、インポート をクリックします。

ワークフローをエクスポートする

セキュリティ確保のため、Jira からワークフローをエクスポートできるのはサイト管理者のみです。ワークフローのエクスポートの詳細をご確認ください。