プロジェクトを設定する

プロジェクトを設定するには、次の手順に従います。

  1. [ 設定] > [プロジェクト] の順に選択します。

  2. 設定するプロジェクトを選択します。

  3. プロジェクトに移動して [プロジェクト設定] をクリックします。 

  4. 別のプロジェクト設定に切り替えるには、サイドバーのリンクを使用します。各設定の説明については、以下のセクションをお読みください。

プロジェクトの詳細

プロジェクト設定サイドバーで、詳細をクリックして、必要に応じてプロジェクト詳細を編集します。編集が完了したら、必ず保存ボタンをクリックしてください。次の点に注意してください。

  • プロジェクト キーの編集: これには少し複雑な手順が必要です。プロジェクト キーを編集する前に、次のページをお読みください: 「プロジェクトキーの編集

  • プロジェクト説明での Wiki スタイル レンダラーの使用:Wiki スタイル レンダラーを使用して、プロジェクト説明でリッチテキスト(HTML)を表示します。

  • プロジェクトアバターの選択: プロジェクトアバターを使用しない場合、透明ピクセルをアップロードできます。これにより、効果的に透明ピクセルがロードされます。したがって、画像は表示されません。

課題タイプ

Jira では、様々な課題タイプを使用してバグ、タスク、ヘルプデスクチケットなど、様々なタイプのものをトラッキングできます。各課題タイプが異なる振る舞いをするように設定することも可能です。たとえば、異なるプロセスフローに従うようにしたり、異なる情報をトラッキングするようにしたりできます。

左側のメニューの課題タイプ、またはバグタスクストーリーなど、その下の課題タイプのいずれかをクリックします

  • 課題タイプ:これをクリックして、プロジェクトに適用する課題タイプを設定します(課題タイプスキームを選択するか、または既存のスキームを編集します)。プロジェクトの課題タイプで使用するワークフロー、フィールド、画面を設定できますが、課題タイプのどれかをクリックして、設定する方が簡単です。

  • いずれかの課題タイプ (バグ、タスク、ストーリーなど): これをクリックし、プロジェクトの課題タイプに関してワークフロー/画面を設定します。ワークフロー画面 (ワークフロータブ) にはワークフローデザイナーが表示されます。画面 (表示タブ) には画面デザイナーが表示されます。

課題のレイアウト

Jira プロジェクト管理者は、プロジェクトで課題タイプのレイアウトを編集できます。課題ビューに表示されるフィールドや、それらのフィールドの配置を決定できます。プロジェクト設定の課題レイアウト オプションにアクセスするか、課題を開き、課題右下の [設定] を選択します。詳細は、「課題ビューでのフィールド レイアウトの設定」を参照してください。 

ワークフロー

Jira 課題はチームの慣行を反映するプロセスをたどることができます。ワークフローは、オープン、進行中、解決済みなど、課題が従う一連のステップ(またはステータス)を定義します。課題のステータスのトランジション方法を設定できます。たとえば、ステータスをトランジションできる人、トランジションの条件、各トランジションで表示される画面などを指定します。

  • ワークフロー スキーム - プロジェクトのワークフロー スキームは、どのワークフロー(課題の状態のトランジション)がこのプロジェクトの課題タイプに適用されるかを決定します。

画面

Jira では、画面を定義することによって、課題情報の特定部分を特定の時点に表示できます。画面はただフィールドが集まったものです。課題を作成、表示、編集するときに表示する画面や、ワークフローの特定の工程を経て移行するときに表示する画面を選択できます。

  • 画面スキーム - プロジェクトの画面スキームは、さまざまな課題操作 (表示、編集、作成) に対して使用する画面を決定します。

  • 課題タイプ画面スキーム - プロジェクトの課題タイプ画面スキーム は、さまざまな課題タイプのさまざまな課題操作(表示、編集、作成)を表示するために使用する 画面を決定します。

フィールド

Jira では、フィールドの振る舞いを定義できます。フィールドごとに、必須/オプション、リッチテキスト/プレーン・テキスト、非表示/表示を指定できます。フィールド設定を使用してこの振る舞いを定義します。

  • フィールド設定スキーム - プロジェクトのフィールド設定スキームは、このプロジェクトの課題タイプに適用されるフィールド設定を決定します。(フィールド設定は各フィールドの全体的な表示方法、必須事項、書式設定(Wiki、リッチ テキスト、プレーン)、ヘルプテキストを決定します)。

設定

  • アプリケーション リンク (プロジェクト リンクを設定する) — Jira インスタンスを Confluence、Fisheye、または他の Jira 製品インスタンスなどの他のアトラシアン アプリにリンクした場合は、それらのアプリ内で対象のプロジェクトやチームに関連する情報が含まれている領域に、この Jira プロジェクトをリンクできるようになります。たとえば、Confluence スペース、Fisheye リポジトリ、(別の Jira 製品インスタンスの) Jira プロジェクトなどです。これによって、こうしたアプリ間の統合ポイントを利用できます。アプリケーション リンクおよびプロジェクト リンクに関する詳細は、「アプリケーション リンクを使用して他のアプリケーションにリンクする」を参照してください。

ロール

さまざまな人々が異なるプロジェクトで種々の役割を果たしている場合があります - 同じ人が一つのプロジェクトのリーダーであっても、別のプロジェクトのオブザーバーであってもかまいません。Jira では、プロジェクト内の特定のロールに特定の人々を割り当てることができます。

  • プロジェクト リード - プロジェクト リードの役割を果たすユーザー。「既定の担当者」として使用され (「未割り当て」に設定されている Jira を除く)、また、Jira の他の場所 (たとえば、権限スキーム、通知スキーム、課題セキュリティ スキーム、ワークフロー) で使用される可能性があります。

  • 初期設定の担当者 — このプロジェクトの課題が作成された際に、最初に割り当てられるユーザー。「プロジェクト リード」(上記) となるか、Jira の一般設定で [未割り当て課題を許可] が「On」である場合に「未割り当て」となるかのいずれかです。初期設定のコンポーネント担当者もあります。

既定では、新規プロジェクトにも「未割り当て」に設定されている「既定の担当者」があります。特定の役割、すなわち「プロジェクト リーダー」に設定したい場合は、ここで変更できます。

  • プロジェクト ロール - メンバーは、このプロジェクトの特定の機能を果たすユーザーまたはグループです。プロジェクト ロールは、権限スキーム、通知スキーム、課題セキュリティ スキーム、ワークフローで使用されます。

バージョン

課題は、バージョンを割り振って Jira で分類できます。たとえば、製品の開発管理やハウスのビルド管理に Jira を使用している場合、製品やビルドの様々なフェーズに関連する課題のトラッキングに役立つように、様々なバージョンを定義する必要がある場合があります (例: 1.0、1.1、1.2、2.0、2.0.1)。Jira をバージョンの管理、リリース、およびアーカイブに利用できます。バージョンには、リリース日を含めることも可能です。この日付を過ぎてもそのバージョンが未リリースの場合、自動的に「期限切れ」と強調表示されます。

  • バージョン — プロジェクトで定義されるバージョン。詳細は、「バージョン管理」ページを参照してください。

コンポーネント

コンポーネントはプロジェクトのサブセクションです。プロジェクトの課題を小さく分けるために使用します。様々な課題を分類および管理するために、さまざまなコンポーネントを定義する必要がある場合があります。たとえば、ソフトウェア開発プロジェクトで、「データベース」、「ユーザビリティ」、「ドキュメント」と呼ばれるコンポーネントを定義するとします。課題には複数のコンポーネントを設定できます。各コンポーネントに対して既定の担当者を選択できます。これは、プロジェクト内に複数のサブチームがあり、それぞれのリーダーが異なる場合に便利です。

権限

Jira では、プロジェクト権限 を使用して、プロジェクトにアクセスできるユーザーを制御したり、ユーザーが実行可能な作業内容(たとえば、"課題の作業"、"課題へのコメント"、"課題の割り当て"など)を正確に制御できます。セキュリティ レベルを使用して、個々の課題へのアクセスを制御することもできます。特定のユーザーやグループ、ロールにアクセスを許可できます(多くの場合、ロールの管理が最も簡単であることに注意してください)。

  • 権限スキーム — プロジェクトの権限スキームはこのプロジェクトの課題を表示または変更する権限を持つ人を決定します。

  • 課題セキュリティスキーム — プロジェクトの課題セキュリティスキームは、このプロジェクトで課題に設定できる表示範囲を決定します。

通知

Jira can notify the appropriate people when a particular event occurs in your project (e.g. "Issue Created", "Issue Resolved").

Notification settings enables the selection of specific people, or groups, or roles to receive email notifications when different events occur. (Note that roles are often the easiest to manage.)

  • 通知スキーム — プロジェクトの通知スキームは、このプロジェクトの課題に対する変更についてメール通知を受け取る人を決定します。

  • メール — このプロジェクトから送信されるメールの「差出人」アドレスを指定します。

The Default Notification Scheme (shipped with Jira) is associated with all new projects by default.

Project administrators can use the Issue email audit to monitor email suppression and unblock issue notification emails after bounces or other errors.

Search by email address or user name to check any undelivered project issue notification from the past 21 days. Use the filter to display emails you can unblock.

Go to your specific Project settings, Notifications, Issue email audit

After unblocking requests are complete, users should start to receive issue notification emails within an hour. If a user is included in multiple projects, an Email unblocked update will show across all those project Issue email audits so relevant Project administrators have visibility.

For the time being, the Issue email audit will not include email notifications from business projects.

開発ツール

開発ツール セクションは、Jira でのみ使用でき、Jira ユーザーのみが表示できます。このセクションには、統合機能を使用できるユーザーと、そのユーザーに接続された開発ツールの概要が記載されています。

  • 権限を表示 - このセクションには、課題の表示画面で開発ツール連携機能 (ブランチの作成リンクなど) およびコミット、レビュー、ビルド情報などのその他の開発関連情報を表示できるユーザーがリストされます。この機能は「開発ツールを表示」プロジェクト権限により制御されます。

  • アプリケーション - このセクションは、どの開発ツールがアプリケーション リンクを介して Jira に接続され、Jira の開発ツール機能を使用する資格を持つか示します。

 

さらにヘルプが必要ですか?

アトラシアン コミュニティをご利用ください。