ワークスペース メンバーをグループに整理する

ユーザー グループを使用すると、ワークスペースのメンバーを開発チームまたは役割別のグループに編成することができます。グループを使用すると、ワークスペースのリポジトリや設定へのアクセスを管理することができます。

ワークスペースを作成すると、Bitbucket は自動的に管理者グループと開発者グループを作成します。管理者グループには、ワークスペースで管理者として指定されたメンバーが含まれます。既定では、すべてのワークスペース メンバーは開発者グループに所属します。

グループ権限の種類

ユーザー グループには、既定のリポジトリ アクセスとワークスペース メンバーの 2 種類の権限があります。

リポジトリ アクセス

これらの権限は、リポジトリへのグループのアクセス権を指定します。

管理

ユーザーは、リポジトリの所有者が実行できるすべての作業 (リポジトリ設定の変更、ユーザー権限の更新、およびリポジトリ削除) を実行できます。

書き込み

ユーザーは、リポジトリに変更を直接プッシュできます。

読み取り

ユーザーは、リポジトリ コードの表示、クローン、フォークはできますが、変更をプッシュすることはできません。読み取りアクセス権が付与されている場合、ユーザーは、課題の作成、課題へのコメント、および Wiki ページの編集も行えます。

なし

この権限のユーザーは、リポジトリの内容を見ることができません。

将来のリポジトリや既存のリポジトリについて、グループのリポジトリ アクセス権限を更新できます。

ワークスペース メンバーの権限

この権限は、グループのユーザーがワークスペース内で実行できる内容を指定します。

リポジトリを作成する

ワークスペース メンバーがチームに新しいリポジトリを作成することを許可します。

ワークスペースを管理する

ワークスペース メンバーは、ワークスペースの設定とワークスペース内にあるすべてのリポジトリの設定を更新できます。

既存のユーザー グループ

ワークスペース アカウントのプランにはグループ メンバーが含まれます。つまり、ユーザー グループにユーザーを追加すると、そのユーザーはワークスペースのメンバーになります。アカウント数がプランの上限を超えた場合、プランの制限内に収まるように、グループのメンバーや個別リポジトリへのアクセスを削除する必要があります。詳細については、「ワークスペースのリポジトリへのアクセス権を付与する」を参照してください。

ワークスペースのユーザー グループを見つけるには、プロファイルと設定のアバターからワークスペースを選択するか、または [すべてのワークスペース] をクリックして完全なリストを取得します。[設定]、[ユーザー グループ] の順に選択します。既存のグループのリストが表示されます。

ユーザー グループを選択すると、そのグループに関連付けられている権限、メンバー、リポジトリが表示されます。また、ここからユーザーを追加または削除できます。

グループのリポジトリ アクセス権限を更新する

将来のリポジトリや既存のリポジトリのグループ アクセスを変更できます。[編集] ボタンからグループのアクセス権をアップデートすると、すべての将来のリポジトリは新しい権限を持ちますが、既存のリポジトリには付与されません。そのため、すべてに対するグループの権限を変更する場合は、このセクションの両方のステップを実行する必要があります。また、複数のユーザー、グループ、またはリポジトリに対して権限を設定できます。

ワークスペースの将来のリポジトリに対する設定:

  1. [ユーザー グループ] から、アップデートするグループの名前を選択します。

  2. [ワークスペース権限] パネルで [編集] を選択します。

  3. [ワークスペース権限の編集] ダイアログで、適用する権限を選択します。

  4. [確認] を選択します。

ワークスペースの既存のリポジトリに対する設定:

  1. [ユーザー グループ] から、更新したいグループの名前をクリックします。

  2. グループのページで [リポジトリ] タブを選択します。

  3. アップデートするリポジトリに関連付けられた [権限] ドロップダウンを選択します。

権限の一括適用

リストから複数のリポジトリ、リポジトリのリストの上にある [権限を編集] ボタンの順に選択します。[権限を編集] ダイアログで、[権限の選択] ドロップダウン、これらのリポジトリの新しい権限レベルの順に選択します。[確認] を選択して新しい権限を保存します。

ワークスペース全体についてグループの権限を更新する

ワークスペース権限を取得することで、ユーザーはワークスペースの設定を更新したり、ワークスペース内にリポジトリを作成したりすることができます。

  1. [ユーザー グループ] から、アップデートするグループの名前を選択します。

  2. [ワークスペース権限] パネルで [編集] をクリックします。

  3. [ワークスペース権限の編集] ダイアログで、適用する権限を選択します。

  4. [確認] をクリックします。

新規ユーザー グループ

グループを作成する際、ワークスペース メンバーや新しく作成したリポジトリで、グループ メンバーに付与したい権限のタイプを指定します。

ユーザー グループ ページから [グループの作成] をクリックします。画面上のフィールドをアップデートして [確認] をクリックし、グループを保存します。

フィールド

説明

名前

このグループに含まれるユーザーのタイプを表します。

既定のリポジトリ アクセス

チームに新しいリポジトリが作成されたときの、グループの既定アクセス権を指定します。

  • 管理者 – ユーザーは、リポジトリの所有者が実行できるすべての作業 (リポジトリの設定変更、ユーザー権限の更新、およびリポジトリ削除) を実行できます。

  • 書き込み – ユーザーは、リポジトリに変更を直接プッシュできます。

  • 読み取り – ユーザーは、リポジトリ コードの表示、クローン、フォークはできますが、変更のプッシュはできません。読み取りアクセス権が付与されると、ユーザーは、課題の作成、課題へのコメント、および Wiki ページの編集も行えます。

  • なし – ユーザーは、リポジトリ内の内容を見ることはできません。

チームの権限

チーム アカウントでグループのユーザーが実行できる内容を指定します。

  • リポジトリの作成 – チーム メンバーがチームに新しいリポジトリを作成できるようにします。

  • チームの管理 – チーム メンバーがチームの設定とチームが所有するリポジトリの設定を更新できるようにします。

グループを作成したら、ユーザー グループのリストから新しいグループを選択して、メンバーとリポジトリの追加を開始します。 

グループの削除

グループを削除すると、そのグループはそれまでアクセス権のあったリポジトリへのアクセス権を失います。それによって、すべてのグループ メンバーもアクセス権を持つ他のグループに所属していない限り、アクセス権を失います。

 

最終更新日 2021年07月28日)
次でキャッシュ 7:12 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ