VS Code での Bitbucket Cloud パイプライン

Atlassian for VS Code は Atlassian Labs プロジェクトとして公開されています。Atlassian Labs アプリにはユニークで便利な機能がありますが、Atlassian はお客様によるこれらのアプリの使用について責任を負いません。

VS Code 拡張機能は Atlassian サイドバー内で、現在の Bitbucket アカウントに接続されている各リポジトリの Bitbucket プル リクエスト、パイプライン、および課題を示すツリー ビューを提供します。 

ツリー ビューは、[Atlassian 設定] 画面で無効/有効にできます。また、これらのツリーの自動更新の頻度と新しいプル リクエストの通知頻度を構成できます。 また、ツリーのタイトル バーにある更新ボタン をクリックして、ツリー ビューをいつでも手動で更新できます。

VS Code で Bitbucket パイプラインを表示する

  1. 左端のサイド バーにあるアトラシアンのロゴを選択します。これにより [Atlassian] サイドバーが開き、現在の Bitbucket または Jira アカウントに接続されている Jira の課題と Bitbucket プル リクエスト、パイプライン、および課題が表示されます。これらのパネルは既定で表示されます。表示されない場合、それぞれのタイトル バーをクリックして、任意の課題、プル リクエスト、またはパイプラインを開いて表示します。

  2. Pipelines ツリーのビルドをクリックすると、ビルド ログを確認できる [Build Details] 画面が表示されます。

新しいパイプラインを開始する

Pipelines ツリー ビューでブランチ名を右クリックするか、任意のソース コード エディターで提供される右クリックのコンテキスト メニューを使用して、新しいパイプラインを開始できます。

Bitbucket Pipelines 構成ファイルを編集する

拡張機能は、bitbucket-pipelines.yml ファイルの編集のための IntelliSense コード補完サポートを提供します。

bitbucket-pipelines.yml という名前のファイルを開き、入力を開始します。PC で Ctrl + スペース キー (Mac の場合は Command + スペース) を押すといつでも、使用可能な補完オプションを表示できます。

補完オプションはコンテキストに依存し、ファイル内でのカーソルの位置に関連します。

補完オプションが表示されない場合は、カーソルが適切にインデントされていることを確認してください。YAML は空白に非常に敏感であり、補完は適切なインデントでのみ表示されます。

最終更新日 2021年06月24日)
次でキャッシュ 9:00 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ