Bitbucket Cloud のサポート終了のお知らせを見る

可能な限りのユーザー エクスペリエンスを提供するため、Bitbucket Cloud から既存の機能を削除することがあります。Atlassian では、このような変更が日々使用するワークフローや機能に与える影響を考慮しています。機能のサポート終了を決定する際には、使用の実態、製品の方向性との調整、および運用コストを慎重に検討します。

Atlassian では、機能のサポートを終了する前に、その機能を使用しているすべてのユーザーに事前通知を提供できるよう最善を尽くします。また可能な限り、代替機能を提供するか、廃止する機能に代わる新機能についてもお知らせします。

通知形式には、このページの更新に加えて、メール、アプリ内メッセージ、API 応答、および blog.bitbucket.org のブログ投稿が含まれる可能性があります。

サポートを終了する機能

以下の表は、今後の Bitbucket Cloud リリースでのサポート終了のお知らせを要約したものです。

機能

サポート終了

影響を受けるユーザー

詳細

2022 年 3 月 1 日に、Atlassian アカウントのパスワードは API と Git アクティビティで無効になります。

2022 年 3 月 1 日

ユーザーは 2021-09-13T00:00:00.000Z 以降にサインアップしましたが、基本的なユーザー名/パスワード ベースの認証を使用する Bitbucket の Git/API 操作による非インタラクティブ認証を使用しようとしています。

 

以前、Bitbucket のブログでお知らせしたように、2022 年 3 月 1 日以降、Bitbucket ユーザーは API および Git アクティビティで Atlassian アカウントのパスワードを使用できなくなります。

さらに、先日お知らせしたように、2021 年 9 月 13 日以降に Atlassian アカウントを作成した新しいユーザーは、これらの Bitbucket アクティビティでそれぞれのアカウント パスワードを使用できません。

API 操作と Git 操作については、アカウント パスワードの代わりに、適切なスコープが設定されたアプリ パスワードを使用できます。アプリ パスワードやそれらを作成して使用する方法に関する詳細な説明については、Bitbucket Cloud のドキュメントをご確認ください。

スマート ミラーリングは廃止予定

2021 年 4 月 21 日

現在、スマート ミラーリングを使用しているユーザーまたはチーム

2021 年 4 月 21 日以降、Bitbucket Cloud のスマート ミラーリングは新規インストールで利用できなくなります。既存のインストールはこれまでどおり機能しますが、この機能は今後サポートされなくなります。

 

以下の表は、過去の Bitbucket Cloud リリースでのサポート終了のお知らせを要約したものです。

機能

サポート終了

影響を受けるユーザー

詳細

Mercurial サポート

2020 年 8 月 1 日

Mercurial リポジトリを使用しているユーザー

Mercurial のサポートは、Bitbucket Cloud と API から削除されました。2020 年 2 月 1 日に、Bitbucket で新しい Mercurial リポジトリを作成する機能は無効化されました。2020 年 8 月 1 日に、Mercurial の機能とリポジトリは Bitbucket と Bitbucket API から正式に削除されました。

AWS CodeDeploy アプリの削除

2020 年 6 月 1 日 

AWS CodeDeploy アプリをインストールしているユーザー

2020 年 6 月 1 日に、Bitbucket は AWS CodeDeploy パイプを推奨して AWS CodeDeploy アプリを削除しました。つまり、AWS CodeDeploy アプリは Marketplace にリストされなくなり、新規インストールは無効化されます。2020 年 6 月 1 日に、AWS CodeDeploy アプリの既存のインストールは削除されました。この変更の詳細をご参照ください。

サービス

2019 年 7 月 1 日

Services 機能を活用するリポジトリ。

Bitbucket webhook への移行をお勧めします。

すべてのチーム API キー

2019 年 5 月 1 日

API キーを使用して Bitbucket コンテンツにアクセスするチーム

既存のチーム メンバーのアカウントまたは専用アカウントでアプリケーション固有のパスワードを使用するか、OAuth コンシューマーを作成することをおすすめします。

OAuth 1.0

2017 年 7 月 31 日

Bitbucket の認証に OAuth 1.0 を使用しているすべてのユーザー

以降の認証方法としては OAuth 2 を使用することをお勧めします。

一般招待

2017 年 5 月 1 日

チームまたはリポジトリを指定せずに invitations エンドポイントを使用しているすべてのユーザー

チームまたはリポジトリへの招待を使用して、新しいチームメイトを Bitbucket に簡単に追加し、必要なアクセス権を付与します。

個人アカウントやチームのフォロー

2017 年 4 月 15 日

他のユーザーまたはチーム アカウントをフォローしているユーザー

リポジトリ、プル リクエスト、および課題のフォローは引き続き同様に機能します。関連アクティビティを常に把握できるよう、関心のあるリポジトリをフォローすることをお勧めします。自分がフォローしている/フォローされているアカウントの完全な一覧は、引き続き API 経由で利用できます

チーム レベルのパスワード

2017 年 3 月 31 日

Bitbucket Web UI にパスワードを使用してサインインするチーム

この変更は当初 2014 年に行なわれましたが、一部のチームに対し、チーム パスワードを使用したログインを一時的に許可していました。

クロスドメイン JavaScript 用 JSONP

2017 年 3 月 31 日

現在 JSONP を使用してクロスドメイン JavaScript を実行しているユーザー

こちらに記載しているクロスオリジン リソース共有 (CORS) 実装を使用することをお勧めします。

チームレベルのソーシャル ログイン

2017 年 3 月 31 日

Bitbucket Web UI にソーシャル ログインを使用してサインインするチーム

チームレベルのパスワードと同様、この変更は当初 2014 年に実施しています。

Mercurial Queues

2017 年 3 月 31 日

Mercurial Queues リポジトリを使用しているユーザー

ブランチベースまたはフォークベースのワークフローを使用することをお勧めします。

ホストされたサイトfoo.bitbucket.org から foo.bitbucket.io へのリダイレクト

2017 年 3 月 1 日

ホストされたサイトを使用するチーム

ホストされたすべてのサイトを引き続き https://foo.bitbucket.io で利用できます。必要な操作は外部リンクの更新のみです。

チーム API キーの作成

2017 年 1 月 21 日

API キーを使用して Bitbucket コンテンツにアクセスするチーム

既存のチーム メンバーのアカウントまたは専用アカウントでアプリケーション固有のパスワードを使用するか、OAuth コンシューマーを作成することをおすすめします。

新しいレガシー サービス連携の作成

2017 年 1 月 16 日

サービスを使用する他の製品にリポジトリをリンクしたいユーザー

Bitbucket を他のサービスと連携させるには、Bitbucket の webhook または接続フレームワークを使用することをお勧めします。

最終更新日 2021年09月22日)
次でキャッシュ 9:05 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ