スマートコミットの有効化

Bitbucket または GitHub でプロジェクトのリポジトリを管理する場合、または FishEye を使用してリポジトリの参照や検索を行う場合、 コミットメッセージで特別なコマンドを使用して Jira Software の課題を処理できます。

以下のことが可能です。

  • 課題にコメントする

  • 課題の時間管理情報を記録する

  • Jira Software プロジェクトのワークフローに定義されているいずれかのステータス (「解決済」など) に課題を移行する

スマートコミットの使用に関する詳細:スマートコミットで課題を処理する。コードレビューで Crucible を使用する場合、他のコマンドも利用できます。 FishEye/Crucible ドキュメントの「スマートコミットを使用する」を参照してください。

Smart Commit の利用を開始するには、次の手順を実行します。

  1. Jira Software を他のアプリケーションにリンクします。

  2. Jira Software で Smart Commit を有効化します。

Smart Commit を有効化するには、Jira Cloud を他のアプリケーションにリンクする必要があります。

ステップ 2: Jira Software でスマート コミットを有効化する

Bitbucket Cloud または GitHub を使用している場合

リンク先の Bitbucket Cloud または GitHub アカウントに追加されるすべての新規リポジトリは、既定でスマートコミットを有効化します。ただし、Jira 管理者は必要に応じてこれを無効化できます。また、個々のリポジトリのスマートコミットの有効化や無効化も可能です。

新規リポジトリについて、スマートコミットを有効化するかどうかを制御する:

  1. 管理者権限を持つユーザーとしてJira Software にログインします。

  2. 管理 > アプリケーション >  DVCS アカウントに進みます。

  3. アカウントの   (設定) アイコンをクリックします。

  4. 新しいリポジトリで新しいリポジトリでスマートコミットの有効化をクリックします。

個々のリポジトリでスマートコミットを有効化または無効化する:

  1. 管理者権限を持つユーザーとしてJira Software にログインします。

  2. 管理 > アプリケーション > DVCS アカウントに進みます。

  3. リポジトリのスマートコミットオプションを選択 (または選択解除) します。 

Bitbucket Server、FishEye または Crucible を使用している場合

Jira 管理者は、接続されているアプリケーション (Bitbucket Server、FishEye または Crucible) で各アカウントのスマートコミットを制御できます。

個々のアカウントでのスマートコミットの有効化または無効化:

  1. Jira 管理者権限を持つユーザーとして JIRA にログインします。

  2. Jira Software で 左側のメニューから [アプリケーション リンク] を選択します。

  3. アプリケーションのスマートコミットをクリックします。

  4. スマートコミットを有効化するアカウントのチェックボックスを選択します。

セキュリティについて

Git (および Mercurial) で、リポジトリへの変更をプッシュしているユーザー以外のユーザーへのコミットの関連付けが許可されている場合、これによって Jira 製品でのアクセス権限の昇格が発生する可能性があります。

ご利用の環境でこれがリスクになる可能性がある場合、Jira サイトで Smart Commit を無効化することを検討することをおすすめします。

fork とスマートコミット

ワークフローでフォークを使用する場合、DVCS コネクタは Smart Commit メッセージを含む各リポジトリを記録します。実際に処理するのは、最初に確認された Smart Commit メッセージのみです。Jira Software でコミット タブを表示すると、その特定のコミットを含むフォークを表示できます。

最終更新日 2020年12月 1日)
次でキャッシュ 7:11 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ