リポジトリやグループをワークスペースに転送する

ワークスペースの管理者として、リポジトリやグループをワークスペース間で譲渡することができます。 

プロセスを開始する前に、どのワークスペースを保持するかを決定します。すでにいずれかのワークスペースで支払いが完了している (つまりメンバーが多い) 場合、そのワークスペースを残すことをおすすめします。

If you are an Atlassian Cloud account holder, Atlassian automatically created a Bitbucket Cloud workspace for you when you signed up for Cloud. You must use this workspace as your KEEP_ACCOUNT when merging two Bitbucket accounts.

ステップ 1. 不要なアカウントからリポジトリを転送する

1 つ以上の Pipelines を含むリポジトリを転送する前に、Pipelines に適用した Deployment 変数を書き留めておいてください。これらの変数は現時点では転送されないためです。注記: リポジトリをすでに転送している場合は、元のワークスペースにリポジトリを転送して戻してから、Deployment 変数を書き留めておき、宛先のワークスペースにリポジトリを転送した後に追加できるようにします。

既存のアカウントからすべてのリポジトリを転送するには、管理者アクセスが必要です。

  1. アカウントの各リポジトリの左サイドバーで [リポジトリ設定] をクリックします。

  2. [リポジトリの詳細] ページから、[リポジトリの転送] をクリックします。

  3. 新しいオーナーのワークスペース ID (のみ) を入力します。

  4. [Transfer (譲渡)] をクリックします。

リポジトリを別の所有者に譲渡すると、Bitbucket はワークスペース管理者またはアカウント所有者にメールを送信します。メールには、ユーザーが譲渡を承認または却下できるページへのリンクが含まれます。ユーザーが複数のワークスペースに対して管理アクセス権を持っている場合、そのユーザーは任意のアカウントにリポジトリを譲渡できます。

ステップ 2. 転送されたリポジトリを目的のアカウントで承認する

転送されたリポジトリを受け取るアカウントを自身が所有している場合、転送をすぐに承認できます。そうでない場合、次の操作を実行する必要があります。

  1. 保持するワークスペースのアカウントにログインします。

  2. リポジトリの転送リクエストのメールを探します。

  3. [転送リクエストの表示] ボタンをクリックします。

  4. プロジェクトを選択して、[承認] を押します。

譲渡が承認されると、Bitbucket は Bitbucket サイト上のすべてのリポジトリ URL を自動的に更新します。結果として、すべてのワークスペース メンバーは新しい URL でクローンしたり、構成ファイルのリポジトリ URL を更新したりする必要があります。

リポジトリを譲渡した場合、そのリポジトリは新しいワークスペースのメンバーに対して設定された権限を継承しません。譲渡を受けた後、そのリポジトリに適切な権限を付与し、必要に応じてワークスペースにユーザー グループを作成できます。

ステップ 3. (オプション) 保持するアカウントのグループを手動で再作成する

この手順は、保持するアカウントに追加したいグループやユーザーがある場合にのみ実行する必要があります。

  1. 不要なアカウントで次の操作を実行します。

    1. [ユーザー グループ] に移動します。

    2. 移動したいユーザーやグループを確認します。スクリーン ショットを撮影するか、対象のグループやユーザーを書き出すことをおすすめします。

  2. 保持するアカウントで次の操作を実行します。

    1. [ユーザー グループ] に移動します。

    2. 不要なアカウントにあったグループやメンバーを追加します。

すべてのリポジトリやグループの移動が完了したら、不要になったアカウントを削除したり、アカウントの名前を変更したりできます。

その他のヘルプ