Bitbucket で課題データをエクスポートまたはインポートする

リポジトリ管理者は、Bitbucket Cloud の課題トラッカーから課題をエクスポートしたり、課題トラッカーに課題をインポートしたりできます。この機能は、2 つのリポジトリ間で課題を移動させる際に便利です。1 つのリポジトリから課題をエクスポートして、別のリポジトリに含めることができます。他の課題トラッカーからデータをインポートするようにユーティリティを記述できます。エクスポートされた Bitbucket 課題を他社の課題トラッカーへのインポート用に変換するユーティリティを記述することもできます。いずれのユーティリティを記述する場合も、「課題のインポート / エクスポート データ形式」を理解しておく必要があります。 

課題データを Bitbucket にインポート

はじめる前に

  • リポジトリへの管理アクセス権を持つアカウントが必要です。

  • リポジトリに課題をインポートすると、既存の課題が上書きされます。

  • インポートを「元に戻す」ことはできません。このため、インポートの前にエクスポート機能を利用して課題トラッカーのバックアップを作成することをお勧めします。

  • インポート機能は ZIP ファイルが正しい形式であることを前提としています。Bitbucket リポジトリ間で課題を移動させる場合、エクスポート機能によって正しい形式が自動生成されます。 

手順

  1. リポジトリを選択し、[リポジトリ設定] を選択します。

  2. 左側のナビゲーション パネルで ISSUES の下にある [インポートとエクスポート] を選択します。

  3. [課題をインポートする] セクションで、[ファイルを選択] をクリックして、インポートするファイルを選択します

  4. [インポートの開始] を押します。
    システムに、インポートの進捗状況が表示されます。 

    一部の Mac OS やその他の UNIX ベースのシステムでは、インポートを成功させるために以下が必要となります。db-1.0.json ファイルがアーカイブのルートにあり、サブフォルダーがある場合はそれらもルートに含まれていることを確認します。一般的に、これは次のように実行されます。

    1 2 cd /path/containing/db-1.0.json zip -r archive-name .

     

Migrate issues to Jira

You can copy the issues existing in a repository into a new Jira. If you want to move the issues to an existing Jira project, you have to do it after the copy of the issue is completed by using the bulk issue move.

はじめる前に

  • リポジトリと Jira サイトの管理者権限が必要です。

  • Jira サイトへの移行は、1 つの課題のみ同時に実行できます。


手順

  1. リポジトリを選択し、[リポジトリ設定] を選択します。

  2. 左側のナビゲーション パネルで ISSUES の下にある [インポートとエクスポート] を選択します。

  3. [移行の開始] をクリックします。

  4. 新しいプロジェクトを作成するか、新しいサイトを作成する Jira サイトを選択します。準備ができたら、[続ける] をクリックします。

  5. プロジェクト名とキーを入力し、[課題の移行] をクリックします。

Bitbucket からリポジトリの課題をエクスポートする

はじめる前に

  • リポジトリへの管理アクセス権を持つアカウントが必要です。

手順

  1. リポジトリを選択し、[リポジトリ設定] を選択します。

  2. 左側のナビゲーション パネルで ISSUES の下にある [インポートとエクスポート] を選択します。

  3. [エクスポートの開始] を押します。
    システムに、エクスポートの進捗状況が表示されます。エクスポートが完了すると、ダウンロード リンクを示すダイアログが表示されます。 

  4. 完成した zip ファイルをダウンロードします。
    システムは、ダウンロード ファイルへのリンクを含むメール通知も送信します。 

その他のヘルプ