リポジトリのブランチ

ブランチを利用すると、メインのコードベースに影響を与えずに新しい機能の作業に取り組むことができます。Bitbucket、Jira Software、またはターミナルからブランチを作成できます。変更を行った後、そのブランチを Bitbucket にプッシュしてプル リクエストでのレビューを依頼できます。

ブランチの作成

Git ブランチを作成するには、Bitbucket から作成する方法、ローカルのコマンド ラインから作成する方法、Jira Software から作成する方法の 3 つの方法があります。

If possible, create branch names that don't contain special characters, as these would need to be escaped. A safe default set of characters to use for branch names is the following:

  • The English alphabet (a to z and A to Z)

  • Numbers (0 to 9)

  • A limited set of punctuation characters:

    • period (.)

    • hyphen (-)

    • underscore (_)

    • forward slash (/)

To avoid confusion, you should start branch names with a letter.

Bitbucket からブランチを作成する方法

  1. リポジトリのグローバル サイドバーで [+] をクリックして、[作業に取りかかりましょう] の下の [ブランチの作成] を選択します。

  2. 表示されたポップアップから、[タイプ] (ブランチ モデルを使用している場合) を選択し、ブランチ名を入力して、[作成] をクリックします。

    Note: Whenever you create a branch from Bitbucket or from an issue in Jira Software, Bitbucket removes characters that are invalid in references, file systems or shell, and replace them with a valid substitute.

  3. ブランチを作成したら、ローカル システムからブランチをチェックアウトする必要があります。Bitbucket では、次のコマンドに似たフェッチおよびチェックアウト コマンドを使用できます。

    $ git fetch && git checkout <feature>

  4. ローカル側で変更を行ってから、その変更を <feature> ブランチに追加、コミット、およびプッシュします。

    $ git add .
    $ git commit -m "adding a change from the feature branch"
    $ git push origin <feature>

  5. リポジトリの [ソース] ページをクリックします。ブランチのドロップダウンに main<feature> ブランチの両方が表示されます。feature ブランチにコミットを行うと、そのブランチに固有のファイルが表示されます。

ローカルでブランチを作成する方法

リポジトリのクローン バージョンがある場合、ローカルでブランチを作成できます。

  1. ターミナル ウィンドウから、リポジトリのブランチを一覧表示します。

    $ git branch

    1 * main

    この出力は 1 つのブランチ (main) があること、アスタリスク (*) は現在そのブランチがアクティブであることを示します。

  2. リポジトリで新しいフィーチャー ブランチを作成します。

    $ git branch <feature_branch>

  3. 作業するためにフィーチャー ブランチに切り替えます。

    $ git checkout <feature_branch>

    git branch コマンドを使用いて、再びブランチを一覧表示します。

  4. 新しいフィーチャー ブランチへの変更をコミットします。

    $ git add .
    $ git commit -m "adding a change from the feature branch"

  5. main ブランチに切り替えて戻します。

    $ git checkout main

  6. フィーチャー ブランチを Bitbucket にプッシュします。

    $ git push origin <feature_branch>

  7. Bitbucket でリポジトリの [ソース] ページを表示します。main ブランチと feature ブランチの両方が表示されます。feature ブランチを選択すると、対応した [ソース] ページが表示されます。feature ブランチを選択して、そのブランチの最近のコミットを表示します。

Jira Software の課題からブランチを作成する方法

Jira Software でブランチを作成するには、Jira Software が Bitbucket と接続されている必要があります。

  1. [開発] パネルで、[ブランチを作成] をクリックします。Bitbucket のブランチ作成画面が表示されます。

  2. ブランチの作成先となるリポジトリを選択します。

  3. [ブランチ タイプ] および [ブランチ名] を選択し、[ブランチを作成] をクリックします。ブランチ モデルが設定されている場合、Bitbucket が Jira Software の課題タイプに基づいてブランチ タイプを提案する場合があります。 

    ブランチ モデルと課題タイプのマッピング方法について... Jira Software issue typeBitbucket branch typeBug

    Bugfix

    (Bugfix タイプが有効でない場合は Feature)

    StoryFeatureOtherOther/Custom

  4. 新しいブランチが作成されると、Bitbucket はファイルの一覧を表示します。これで、ローカル リポジトリへのプルを行い、新しいブランチに切り替えることができます。

ブランチ モデル

ブランチ モデルを使用してリポジトリのブランチ ベース ワークフローを定義できます。ワークフローをブランチ タイプにマッピングすると、管理者は利用可能なブランチ タイプを設定して、ブランチ名の一貫性を確保することができます。ブランチのプリフィックス案が表示されますが、独自の命名規則を指定することもできます。一貫した命名規則があると、ブランチをタイプごとに簡単に識別することができます。また、開発および本番ブランチを定義することもできます。これにより、作成やプル リクエスト時のソースやターゲット ブランチの推奨精度を改善することができます。

ブランチ タイプ

ソフトウェア開発では、複数のブランチ タイプがよく使用されます。このセクションでは、各ブランチ タイプの用途と、各ブランチ タイプのプリフィックスに関する一般的な規則について説明します。Bitbucket では、プリフィックスは開発または本番以外のすべてのブランチ用に変更できます。

 

 開発ブランチ

通常は機能に関連する作業用の連携ブランチで、多くの場合は既定ブランチまたは独自の名前を持つブランチです。プル リクエスト ワークフローの場合、新しいフィーチャー ブランチのターゲット ブランチです。

main
または
develop

 本番環境ブランチ

リリースのデプロイに使用します。開発ブランチから分岐し、開発ブランチにマージされます。Gitflow ベースのワークフローでは、新しい本番環境リリースの準備に使用されます。 

場合によって異なる

 フィーチャー ブランチ

特定の機能の作業または改善に使用されます。一般に、プル リクエストを使用して、開発ブランチから分岐し、開発ブランチにマージされます。

feature/

 リリース ブランチ

リリース タスクや長期的なメンテナンス バージョンに使用されます。開発ブランチから分岐し、本番環境ブランチにマージされます。

release/

 バグ修正ブランチ

一般にリリース ブランチの修正に使用されます

bugfix/

 ホットフィックス ブランチ

開発ブランチの変更に影響を与えずに本番環境ブランチを素早く修正するのに使用されます。Gitflow ベースのワークフローでは通常、変更は本番環境ブランチとデプロイメント ブランチにマージされます。

hotfix/

リポジトリのブランチ モデルの構成

リポジトリのブランチ モデルを設定する方法は、次のとおりです (リポジトリ管理者権限が必要)。

  1. [リポジトリ設定] に移動します。

  2. [ワークフロー] で [ブランチ モデル] を選択します。

  3. リポジトリ ブランチ モデルの詳細を選択し、[保存] をクリックします。

ブランチでコミットを一覧表示する

Bitbucket はブランチ別にコミットのリストを保持します。リストでは、main ブランチより先の保留中のコミットがあるオープンなブランチのみを示します。特定のブランチに関連付けられているコミットを表示するには、リポジトリを表示して次の手順に従います。

  1. [コミット] ページに移動します。

  2. [すべてのブランチ] がまだ選択されていない場合は、[すべてを表示] を選択します。

  3. コミット タグのリンクをクリックすると、コンテンツの詳細を表示できます。

ブランチをクローズする

リポジトリのブランチを定期的に取り除くことが重要です。ブランチをクローズすると、Bitbucket インターフェイスからブランチが削除されます。ローカル リポジトリ内のブランチには影響しません。これは、Git または Hg の関連コマンドを使用し、必要に応じて削除する必要があります。

ブランチは 2 つの方法でクローズできます。

  • リポジトリの [ブランチ] ページから、右側のオプション リンクにカーソルを合わせて [ブランチの削除] を選択します。

  • ブランチでプル リクエストを作成する際に、[ブランチのクローズ] チェックボックスを選択します。これは、プル リクエストがマージされるとブランチをクローズするものです。

Bitbucket はブランチ別にコミットのリストを保持します。リストでは、main ブランチより先の保留中のコミットがあるオープンなブランチのみを示します。特定のブランチに関連付けられているコミットを表示するには、リポジトリを表示して次の手順に従います。

  1. [コミット] ページに移動します。

  2. [すべてのブランチ] がまだ選択されていない場合は、[すべてを表示] を選択します。

  3. コミット タグのリンクをクリックすると、コンテンツの詳細を表示できます。

ブランチの一括削除

次の手順に従って、ブランチを一括削除できます。

  1. リポジトリでブランチに移動します。

  2. () > [Delete multiple (複数削除)] をクリックします。

  3. 削除するブランチをチェックし、[Delete selected branches (選択したブランチの削除)] をクリックします。

  4. 選択内容を確認します。

最終更新日 2021年10月11日)
次でキャッシュ 1:38 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ