ユーザーがコードをプッシュしたときに課題を自動的に解決する

このページでは、Bitbucket の課題トラッカーで課題をトランジションする方法について説明します。Bitbucket を Jira Software と連携済みの場合、Smart Commit をご利用ください。

Bitbucket Cloud では、ユーザーが Bitbucket Cloud リポジトリに更新をプッシュしたときに Bitbucket Cloud のチケットを自動的に解決できます。コミット メッセージで、次のようにコマンドや課題を指定できます。

git commit -m "fixes #6, resolve ticket #5 and see ticket #9 and ticket #5 in the tracker"

コミット メッセージに課題を含める

コミット メッセージで課題にコミットをリンクするには、コミット メッセージの任意の箇所に "command" "issue" の組み合わせを入力します。この組み合わせは次のような形式になります。

1 <command> <issue id>

1 つまたは複数の課題にリンクすることができます。<issue id> は次のような形式になります。

1 2 3 4 #4711 issue #4711 bug #4711 ticket #4711

課題へのリンクを解決するには、# 記号を含める必要があります。# 記号がない場合、チェンジセット内のリンクが解決されません。

各アクションでは複数の <command> キーワードがサポートされます。次の表は、コミットで実行できるアクションと、それに対して使用できるコマンドを説明しています。各キーワードは大文字と小文字を区別しません。つまり、課題をクローズしたい場合、closeClose の両方を利用できます。

操作

コマンド キーワード

課題の解決

  • close

  • closes

  • closed

  • closing

  • fix

  • 修正済み

  • 修正

  • fixing

  • resolve

  • resolves

  • resolved

  • resolving

1 close #845
1 fix bug #89
1 fixes issue #746
1 resolving #3117

課題の再オープン

  • reopen

  • reopens

  • reopening

1 reopen #746
1 reopening #78

課題を保留として設定

  • hold

  • holds

  • holding

1 holds #123

課題を修正対象外として設定

  • wontfix

1 wontfix #12

課題を無効として設定

  • invalidate

  • invalidates

  • invalidated

  • invalidating

1 invalidates #45

課題のチェンジセットにリンク

  • addresses

  • re

  • references

  • ref

  • refs

  • see

1 re bug #55
1 see #34 and #456

 

最終更新日 2020年12月 5日)
次でキャッシュ 1:38 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ