ブランチを利用すると、メインのコードベースに影響を与えずに新しい機能の作業に取り組むことができます。変更を行った後、そのブランチを Bitbucket Cloud にプッシュしてプル リクエストでのレビューを依頼できます。 

Git ブランチの作成

Git ブランチを作成するには、Bitbucket を使用することをおすすめします。

robotsnoindex
  1. リポジトリのグローバル サイドバーで + をクリックして、[作業に取りかかりましょう] の下の [ブランチの作成] を選択します
  2. 表示されたポップアップから、[タイプ] (ブランチ モデルを使用している場合) を選択し、ブランチ名を入力して、[作成] をクリックします。

    注意

    Bitbucket または Jira Software の課題からブランチを作成するたびに、Bitbucket はリファレンス、ファイル システム、またはシェルから無効な文字を削除し、有効な代替文字に置き換えます。

  3. ブランチを作成したら、ローカル システムからブランチをチェックアウトする必要があります。Bitbucket では、次のコマンドに似たフェッチおよびチェックアウト コマンドを使用できます。

    $ git fetch && git checkout <feature>
  4. ローカル側で変更を行ってから、その変更を追加およびコミットし、<feature> ブランチにプッシュします。

    $ git add .
    $ git commit -m "adding a change from the feature branch"
    $ git push origin <feature>
  5. リポジトリの [ソース] ページをクリックします。ブランチのドロップダウンに master<feature> ブランチの両方が表示されます。feature>ブランチにコミットを行うと、そのブランチに固有のファイルが表示されます。

Mercurial ブランチの作成

Mercurial ブランチの作成は、ローカル側で行うことをおすすめします。

  1. リポジトリで新しい機能ブランチを作成します。

    $ hg branch <feature_branch>

    作業ディレクトリでは何も変更されません。branch コマンドを使用して、次のコミットで使用するブランチ名を Mercurial に指定します。hg branches コマンドを使用すると、default ブランチのみが引き続き存在することがわかります。

  2. 作業用のコピーでファイルの編集、ファイルの追加、およびコミットを行います。

    $ hg add
    $ hg commit -m "adding a change from the feature branch"
  3. 機能ブランチを Bitbucket にプッシュします。

    $ hg push --<feature_branch>