Microsoft Azure にデプロイする

パイプを使用して、Microsoft Azure で Bitbucket Pipelines をさまざまな方法で使用できます。

次の Azure パイプを提供しています。

これらのパイプで bitbucket-pipelines.yml をセットアップする方法についてのガイダンスが必要な場合は、リポジトリをご覧ください。

パイプを使用する前に、いくつかの構成を行う必要があります。

認証情報のセットアップ

最初に、Azure リソースを構成する必要があります。最も一般的なのは、Azure CLI を使用する方法です。ローカル コンピューターに Azure CLI をインストールするか、Azure ポータルで提供される Azure Cloud Shell をブラウザで使用することができます。

サービス プリンシパルの作成

Azure App Service アプリを作成するのに十分なアクセス権を持つサービス プリンシパルを作成する必要があります。サービス プリンシパルは、Azure を操作するツールで使用できる ID です。次のコマンドを使ってサービス プリンシパルを作成します。

1 az ad sp create-for-rbac --name <name for your principal>

これにより、Bitbucket の変数 ([リポジトリ] > [設定] > [リポジトリ変数]) に追加できる値の一覧が表示されます。

ここで:

  • appId → AZURE_APP_ID

  • password → AZURE_PASSWORD

  • tenant → AZURE_TENANT_I

詳しくは、サービス プリンシパルの作成についての Azure ドキュメントを参照してください。

これで、Azure パイプを使用する準備が整いました。bitbucket-pipelines.yml ファイルをオンラインで編集してエディターからパイプを選択するか、パイプ リポジトリから直接スクリプトをコピーして貼り付けます。

最終更新日 2020年11月13日)
次でキャッシュ 7:12 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ