リポジトリのグループを整理する

ユーザー グループを使用して、自分のリポジトリに他のユーザーがアクセスできるようにすることができます。新しいリポジトリを作成し、オーナーとしてワークスペースを指定すると、Bitbucket は既存のユーザー グループを (アクセス権なしの場合を除いて) そのリポジトリに追加します。ユーザー グループのアクセス権を、なしの状態から別のレベルに変更すると、Bitbucket はそのユーザー グループを自分が保有しているリポジトリに追加します。

リポジトリからグループを更新した場合、その変更はグループ全体には影響しません。さらに、[ユーザー グループ] ページからグループに変更を加えても、リポジトリ設定には影響しません。詳細は、「リポジトリへのアクセス権をユーザーとグループに付与する」を参照してください。

ユーザー グループには次のアクセス レベルのいずれかが設定されています。

管理

ユーザーは、リポジトリの所有者が実行できるすべての作業 (リポジトリ設定の変更、ユーザー権限の更新、およびリポジトリ削除) を実行できます。

書き込み

ユーザーは、リポジトリに変更を直接プッシュできます。

読み取り

ユーザーは、リポジトリ コードの表示、クローン、フォークはできますが、変更をプッシュすることはできません。読み取りアクセス権が付与されている場合、ユーザーは、課題の作成、課題へのコメント、および Wiki ページの編集も行えます。

なし

この権限のユーザーは、リポジトリの内容を見ることができません。

既存のユーザー グループの更新

ワークスペースのユーザー グループを見つけるには、左下のプロファイル アバターからワークスペースを選択し、[設定] をクリックします。設定ナビゲーションで、[アクセス管理] の [ユーザー グループ] を選択します。既存のグループの一覧が表示されます。グループ名の編集、グループのメンバーに付与されるアクセス権の更新、新しいユーザーの追加、またはユーザーやグループ全体の削除を実行することができます。  

グループを削除する場合

グループは、リポジトリに対して保持していたすべてのアクセス権を失います。その結果、すべてのグループ メンバーもアクセス権を失います (アクセス権を持つ他のグループに所属している場合を除く)。

グループのリポジトリ アクセス権を更新する場合

既存のリポジトリや将来作成されるリポジトリに対するグループ アクセス権が変更されます。所有するリポジトリからグループをすでに削除していた場合、グループのアクセス権を変更してもそのリポジトリには影響しません。

新しいユーザー グループの作成

グループの作成時に、リポジトリについてグループ メンバーに与えるリポジトリ アクセス権の種類を指定します。

  1. [ユーザー グループ] ページから、[グループの追加] をクリックします。

  2. グループの名前を入力します。

  3. [送信] をクリックしてグループを保存します。

  4. グループのリポジトリ アクセス権を選択します。

    • 管理者 – ユーザーは、リポジトリの所有者が実行できるすべての作業 (リポジトリの設定変更、ユーザー権限の更新、およびリポジトリ削除) を実行できます。

    • 書き込み – ユーザーは、リポジトリに変更を直接プッシュできます。

    • 読み取り – ユーザーは、リポジトリ コードの表示、クローン、フォークはできますが、変更のプッシュはできません。読み取りアクセス権が付与されると、ユーザーは、課題の作成、課題へのコメント、および Wiki ページの編集も行えます。

    • なし – ユーザーは、リポジトリの内容を見ることはできません。

  5. グループのアクセス レベルを変更すると、そのグループが持っているすべてのリポジトリ アクセス権が自動的に新しいアクセス権に更新されます。その結果、すべてのリポジトリを更新するかどうかを確認するダイアログが表示されます。[確認] をクリックして、続行します。

  6. ユーザー名またはメール アドレスを入力してユーザーをグループに追加し、[追加] をクリックします。メール アドレスでメンバーを追加すると、Bitbucket により、ワークスペースへの参加を招待するメールが送信されます。

最終更新日 2020年11月23日)
次でキャッシュ 1:38 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ