Wiki のクローン

Wiki は、別のリポジトリと同じように操作できる、ファイルを備えたリポジトリです。Bitbucket Cloud ではオンラインでページを編集できますが、この手法では Wiki 用に TOC を保持する必要があります。そのため、Bitbucket では、少なくとも最初はリポジトリ内で Wiki を編集することをお勧めします。

Wiki ページは、Wiki リポジトリ内にテキスト ファイル形式で表示されます。.wiki 拡張子を持ち、任意のテキスト エディタを使用してローカル システム上で編集できます。Mercurial リポジトリに Wiki を追加すると、その Wiki は Mercurial リポジトリとしてもアクセス可能になります。また、Git リポジトリに追加された Wiki には Git リポジトリとしてアクセス可能です。オフラインで Wiki ファイルの作業を行う場合、以下が可能になります。

  • クローン

  • ページの追加

  • 画像または他のファイルの追加

完了したら、Wiki を Bitbucket Cloud にプッシュします。プッシュを行うと、変更が Bitbucket Cloud に反映されます。このようにしてファイルで作業することで、Wiki のインデックスを作成できます。

Wiki のクローン

Wiki をクローンするには、次の手順を実行します。

例:

Wiki ページを更新する

  1. 左側のパネルで、リポジトリの [Wiki] リンクに移動します。
    既定では、Wiki の [ホーム] ページが表示されます。

  2. [ホーム] の前にあるリポジトリ名のリンクをクリックして、全 Wiki ページの一覧を表示します。

  3. 更新する Wiki ページをクリックします。

  4. 右上の [編集] をクリックします。

  5. ページ コンテンツを変更します。
    マークダウン構文の使用方法については、「Bitbucket で Wiki マークアップを使用する」を参照してください。

  6. 任意で、[メッセージ] テキスト ボックスにコメントを入力します。
    このコメントはコミット メッセージとして表示され、関連するコミット エントリーの上部にページ履歴の一部として表示されます。

  7. 保存をクリックします。

Wiki ページの履歴を表示する

Bitbucket は各 Wiki ページの履歴を維持します。履歴を表示する手順は次のとおりです。

  1. Wiki ページに移動します。

  2. 右上の [履歴] ボタンを押します。
    Wiki ページの変更の一覧が開きます。

  3. 表示したいページ バージョンの [コミット] リンクをクリックします。そのバージョンと前のバージョンを比較した画面が開きます。

最終更新日 2020年12月 5日)
次でキャッシュ 8:59 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ