Git を使用し始めたばかりの場合、コマンド ラインから Git を実行するコツをつかむまで、このページを何度か参照することになるでしょう。

タスクGit コマンド
新しいローカル ディレクトリを作成するgit init
ローカル リポジトリをリモート サーバーに接続するgit remote add origin <server_URL>
リモート リポジトリをローカル システムにコピーする
git clone <リポジトリの URL>
特定のファイルをステージングに追加する (Git) または新しいファイルが作成された後に追加する (Hg):
git add <filename>
追加 all changes to staging (Git) or all new files (Hg):
git add --all
変更をローカル側でコミットする:
git commit -m '<message>'
変更をリモート リポジトリへプッシュする:

git push <remote_name> <branch_name>

通常: git push origin master

変更したファイルや、追加またはコミットの必要があるファイルのステータスを一覧表示する:
git status
新しいブランチを作成 (Git) またはブックマークを作成 (Hg) してそれに切り替える:
git checkout -b <branch_name>
1 つのブランチまたはブックマークから別のブランチまたはブックマークに切り替える:
git checkout <branch_name>
自分のリポジトリ内のブランチ/ブックマークをすべて一覧表示し、現在自分がいるブランチ/ブックマークを示す:
git branch
機能ランチ/ブックマークを削除する
git branch -d <ブランチ名>
ブランチ/ブックマークをリモート リポジトリへプッシュする
git push origin <ブランチ名>
リモート サーバーで変更を取得し、作業ディレクトリにマージする
git pull
2 つの異なるバージョンを 1 つにマージする
git merge
最後のコミット以降に行われたすべての変更を表示するgit diff

他のコマンドについては、Bitbucket Server の「基本的な Git コマンド」を確認してください。