Bitbucket Pipelines でのクロスプラットフォーム テスト

Bitbucket Pipelines では、異なるビルド イメージを使用する複数のステップを使用して、同じプラットフォーム、ライブラリ、または依存関係の異なるバージョンでソフトウェアをテストできます。

複数の Java バージョンでのテスト

以下は、Maven プロジェクトで Java 7 および Java 8 を使用して同じテスト セットを実行する方法を示す、YAML 構成ファイルの例です。

1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 pipelines: default: - step: name: Java 7 image: maven:3.5.2-jdk-7 script: - mvn clean install - step: name: Java 8 image: maven:3.5.2-jdk-8 script: - mvn clean install

その他のプラットフォーム

Pipelines ビルド環境で使用可能なさまざまな Docker イメージについては、「Docker イメージをビルド環境として使用する」を参照してください。

テスト レポート

テストを実行して xUnit 互換の結果を生成した場合、ログ ビューにテスト レポートが表示されます。

最終更新日 2020年11月19日)
次でキャッシュ 1:39 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ