リポジトリ アクセス トークンの作成

リポジトリ アクセス トークンは、権限が制限された (作成時に指定) 単一のリポジトリにアクセスできる単一目的のアクセス トークン (または、パスワード) です。トークンは、スクリプト、CI/CD ツール、開発中の Bitbucket 統合や Marketplace アプリのテストなどのタスクに使用されます。

リポジトリ アクセス トークンを作成するには、次の手順に従います。

  1. bitbucket.org で、アクセス トークンのターゲットのリポジトリに移動します。これは、リポジトリ アクセス トークンがアクセスできる唯一のリポジトリです。

  2. サイドバーで、[リポジトリの設定] を選択します。

  3. サイドバーで、[セキュリティ] の下で、[アクセス トークン] を選択します。

  4. [Create repository access token (リポジトリ アクセス トークンの作成)] を選択します。

  5. リポジトリ アクセス トークンに名前を付けます。通常はそのトークンを使用するアプリやタスクに関連する名前を付けます。

  6. リポジトリ アクセス トークンに必要な権限を選択します。各権限の詳細については、「<リポジトリ アクセス トークンの権限>」を参照してください。

  7. [作成] ボタンを選択します。ページに、[リポジトリのアクセス トークンを作成しました] ダイアログが表示されます。

  8. 生成されたトークンをコピーし、それを記録するか、アクセス権が必要なアプリに貼り付けます。トークンは 1 度だけ表示され、後から取得することはできません。リポジトリ アクセス トークンは、取得または再利用するのではなく、新しいトークンを作成すると、古いトークンは取り消されたとみなされます。

その他のヘルプ