Bitbucket REST API バージョン 1 を使用する

Bitbucket Cloud v1 API は廃止予定です

Bitbucket Cloud REST API バージョン 1 は 2018 年 6 月 30 日に廃止予定となり、2019 年 4 月 29 日に REST API から完全に削除されました。廃止についての告知をご確認ください。また、バージョン 2.0 の REST API ドキュメントをご確認ください。

限られた 1.0 API リソースの一時的なサポートについて

2.0 REST API では、ユーザーおよびグループ管理は Atlassian Cloud Admin API を使用して行う予定ですが、これらの API エンドポイントはまだ提供されていません。Bitbucket でアトラシアンのプラットフォーム サービスが完全に利用できるようになるまでは、次の 1.0 REST エンドポイントが引き続きサポートされます。

  • /1.0/groups

  • /1.0/group-privileges

  • /1.0/invitations

  • /1.0/users/{accountname}/invitations

1.0 のレスポンス形式

Bitbucket Cloud のバージョン 1 の REST API を使用する場合、ご利用のアプリケーションが HTTP リクエストを作成し、レスポンスをパースします。既定のレスポンス形式は JSON です。必要に応じ、この動作を ?format= クエリ文字列パラメータで上書きすることで XML または YAML 形式で受け取ることができます。たとえば、次のクエリ文字列を利用して出力を YAML 形式で受け取ることができます。

1 ?format=yaml

また、?callback= クエリ文字列パラメータと関数を指定することで、レスポンスを JSONP 経由で受け取ることができます。例:

1 ?callback=myJSfunc

Bitbucket Cloud のレスポンスには必ず、次のいずれかのレスポンス コードを含むレスポンス ヘッダーが含まれます。

コー​​ド

説明

200 OK

成功時に返されます。GET メソッドの場合、レスポンスにはリクエストされたリソースに対応するエンティティが含まれます。POST メソッドの場合、作成されたエンティティが含まれます。

201 CREATED

新しいリソース インスタンスが正常に作成された場合に返されます。

204 NO CONTENT

リソース インスタンスが正常に削除された場合に返されます。

400 Bad Request

不正な形式のリクエストが送信された場合に返されます。必須パラメータを設定し忘れた場合などにこの応答を受け取る可能性があります。

401 UNAUTHORIZED

呼び出しで認証が必要で、提供された資格情報の認証に失敗した場合、または資格情報が提供されていない場合に返されます。

403 FORBIDDEN

呼び出し元が、許可されていないリソースを呼び出しまたは変更しようとした場合に返されます。リクエストが有効で、呼び出し元の資格情報の認証に成功しても、呼び出し元にリソースへのアクセス権が付与されるわけではありません。

404 NOT FOUND

指定したリソースが存在しない場合に返されます。

呼び出し内容よっては、レスポンスのボディが返されない場合があります。ボディが返される場合、JSON 形式の期待される構造については個々のドキュメントをご参照ください。

タイム ゾーン

返されるタイムスタンプのうち、キーに "utc" を含むすべてのものは、世界協定時刻で表されています。その他すべてのタイムスタンプはアムステルダムのローカル時刻で表されます。アムステルダム時間でのタイムスタンプは現在廃止予定です。自身のアプリケーション内で使用している場合、UTC に切り替えることをおすすめします。

最終更新日 2020年12月 2日)
次でキャッシュ 9:05 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ