ワークスペース ID の変更

ワークスペース ID を変更すると、すべての関連リポジトリ、スニペット、および Bitbucket Cloud でホスティングされているすべての静的な Web サイトの URL が変更されます。

ワークスペースを使用して、アカウントのさまざまな作業ストリームを整理できます。Bitbucket Cloud でワークスペース ID を変更できます。ただし、これを変更すると、すべてのリポジトリ、スニペット、および Bitbucket Cloud でホスティングされているすべての静的な Web サイトの URL が変更されます。

リポジトリ、スニペット、Wiki、および Web サイトの URL のワークスペース ID を変更する

URL の更新プロセスは 2 段階あります。Bitbucket Cloud でワークスペース ID を更新してから、構成ファイルを同様に更新します。

Bitbucket でワークスペース ID を更新する

  1. プロファイル アバターから、更新するワークスペースをクリックするか、[すべてのワークスペース] をクリックしてすべてのワークスペースの一覧を開きます。

  2. ワークスペース左側のサイドバーのナビゲーションで [設定] を選択します。

  3. ワークスペース ID の右側にある [(変更する)] を選択します。

  4. 新しいワークスペース ID を入力します。ワークスペース ID には英数字のみを含めることができ、スペースや特殊文字は使用できません。

  5. 影響を受けるリポジトリが表示されます。この変更による影響を理解していることを確認します。

  6. プロンプトに従って、変更を確認します。

  7. 構成ファイル、ビルド、または古い URL の参照を更新します。

リモートの Bitbucket サーバーでの変更により、Bitbucket のリポジトリを示すすべてのローカル リポジトリが無効化されます。DVCS 構成ファイルで古い URL を参照している場合、ファイルを更新して新しいワークスペース ID を反映するようにする必要があります。 

たとえば、ワークスペース ID を johnc から jcitizen に変更した場合、http://bitbucket.org/johnc/repo で以前利用できたリポジトリには、ID の変更後は http://bitbucket.org/jcitizen/repo からアクセスできます。

構成ファイル内の URL を更新する

リポジトリ用に使用する URL は、HTTPS または SSH のどちらのプロトコルを使用しているかによって異なります。これらの URL は、リポジトリの [ソース] ページの [クローン] ボタンで確認できます。

SSH プロトコルと HTTPS プロトコルのリンクを交互にクリックすると、URL の違いを確認できます。下の表は、プロトコルに基づくフォーマットの違いを示しています。

URL の一部として次の名前が表示されます。

  • <repo_name> にはリポジトリ名が表示されます。

  • HTTPS URL 形式の場合、<workspace_ID> にはお使いのワークスペースの ID が表示されます。

Git リポジトリ URL

HTTPS 形式

https://<your_username>@bitbucket.org/<workspace_ID>/<repo_name>.git

SSH 形式

git@bitbucket.org:<workspace_ID>/<repo_name>.git

または

ssh://git@bitbucket.org/<workspace_ID>/<repo_name>.git

Git リポジトリの URL を更新する

  1. ターミナルでリポジトリに移動します。

    $ cd ~/<path_to_repo>

  2. 現在のリモート URL を表示するには、git remote -v を実行します

    $ git remote -v
    origin https://emmap1@bitbucket.org/tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git (fetch)
    origin https://emmap1@bitbucket.org/tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git (push)

  3. 現在のリモート URL と新しいリモート URL を使用して、リモート URL を git remote set-url で更新します。

    $ git remote set-url origin git@bitbucket.org:tutorials/tutorials.git.bitbucket.org.git

HTTPS から SSH に URL を更新すると、次にリポジトリからプッシュまたはプルを行ったときに、ターミナルは Bitbucket ホストを既知のホストのリストに追加すると応答します。また、パスワードを入力する必要はありません。

最終更新日 2021年02月11日)
次でキャッシュ 9:00 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ