コード ビューにプル リクエストを使用する

ファイルを追加したり既存のコードを更新したりしたら、そのコードを Bitbucket Cloud のリポジトリにマージできます。ただし、マージを行う前に、そのコードの品質や、既存の機能に影響しないことを確認する必要があります。コードの更新や改善のフィードバックを受け取るために、追加されたすべてのコード行を含むプル リクエストを作成できます。プル リクエストにより、同僚へのコード レビューの依頼と、対象のユーザーの直近のコミットに基づくビルド ステータスの確認を行うことができます。

プル リクエストを使用するには、メインのコード ベースとは別のブランチ (行) でコードを開発できるよう、ブランチまたはフォークを使用する必要があります。 

Git のフィーチャー ブランチ ワークフロー」ヘルプ ドキュメントで、大規模なワークフロー例でプル リクエストを活用する方法を確認できます。

プル リクエスト プロセス

プル リクエストの本質は、コード レビューとコラボレーションです。プル リクエストが複数ある場合、ユーザーはロールに応じて、作成者、レビュアー、またはその両方の作業を行う場合があります。以下は、エンドツーエンド プル リクエスト プロセスの流れを説明しています。

プル リクエスト レビュー ワークフロー

プル リクエストの作成者

作成したプル リクエストを確認するには、[あなたの作業] ダッシュボードの [あなたのプル リクエスト] を確認します。

プル リクエストの作成者がレビュアーを含むプル リクエストを作成すると、コード レビュー プロセスが正式に開始されます。作成時にレビュアーを追加しない場合、あとからいつでもプル リクエストを編集して追加できます。

プル リクエストを作成してレビュワーを追加したら、承認を待ちます。レビュワーがコードを確認してコメントを追加すると、プル リクエストでのディスカッションについてメール通知が送信されます。コメントに返信し、コード レビュー プロセスに能動的に参加することができます。

Bitbucket リポジトリを Jira プロジェクトに接続する

リポジトリを Jira プロジェクトに接続して、「古い」プル リクエストのハイライトなどの機能を利用したい場合は、「Bitbucket Cloud を Jira Software Cloud に接続する」をご参照ください。

プル リクエストのレビュワー

レビュー待ちのリクエストを確認するには、[最近の作業] ダッシュボードの [レビュー待ちのプル リクエスト] リストを表示します。レビュアーとして登録されていないプル リクエストに同僚を参加させる場合、ワークスペースのリポジトリの [プル リクエスト] ページに移動します。

ワークスペースのメンバーがユーザーをレビュアーとして追加すると、メール通知が送信されます。プル リクエスト作成の最初の通知のあとは、次のタイミングで通知が送信されます。

  • 作成者による更新

  • ほかのユーザーからのコメントの追加

  • ほかのレビュワーによる承認

  • ほかのユーザーによるプル リクエストのマージ

通知を無効化する場合、プル リクエストのウォッチを解除できます。

コード レビューでは、フィードバック、提案、アイデアをコメントとして追加できます。ロジックに問題がないか、すべてのケースが完全に実装されているか、既存の自動化テストを書き換える必要があるか、コードが既存のスタイルガイドに適合しているかどうかなどを確認します。

レビューが完了し、プル リクエストをマージする準備が整ったら (またはマージ前に作成者がタスクを完了できる場合)、右上の [承認] ボタンをクリックします。プル リクエストを承認すると、[レビュアー] フィールドで、レビュアーの名前の横に緑色のチェックマークが表示されます。

ワークスペースが Premium プランで契約されている場合、リポジトリ管理者は、一定の承認数がないプル リクエストのマージを禁止できます。

既定のレビュワー

[リポジトリの設定] で [既定のレビューア]を設定することで、すべてのプル リクエストに事前に決められたユーザーを自動的に追加するようにリポジトリを設定できます。これにより、すべてのプル リクエストに常に追加されるユーザーのリストを定義できます。たとえば、リポジトリに多数のコントリビューターがいるものの、変更を確認したい所有者が一組しかいない場合にこれが役立ちます。

レビュアーを事前に決定するもう 1 つの方法は、.bitbucket という特別な設定ディレクトリにある CODEOWNERS という名前のファイルで所有者を定義することです。このファイルでは、ソース ブランチで変更されたファイル/ディレクトリを調べ、CODEOWNERS ファイルの所有権ルールを調べることで、どのレビュアーをどのプル リクエストに追加するかをきめ細かく制御できます。コード所有者の設定と使用の詳細については、「コード所有者の設定と使用」ヘルプ ドキュメントを参照してください。

[既定のレビューア] と [コード所有者] を介して追加されたレビュアーが追加されます。つまり、既定のレビュアーが CODEOWNERS ファイルの一部であっても、常にプル リクエストに追加されます。

その他のヘルプ