リポジトリを作成する

ファイルがない場合も、多数のファイルがある場合も、最初に Bitbucket Cloud でリポジトリを作成する必要があります。そこから、リポジトリをローカル システムへ複製し、作業を開始できます。

リポジトリの名前に大文字を使用した場合、Bitbucket では大文字として表示されますがリポジトリ URL ではすべて小文字に変換されます。したがって、同じ URL になる 2 つ以上のリポジトリを作成できません。

リポジトリを作成する

  1. グローバル サイドバーで + を選択し、[作成] の下の [リポジトリ] を選択します。

  2. Workspace リポジトリを選択します。 

  3. [プロジェクト] ドロップダウン メニューからプロジェクトを選択します。または、[プロジェクト] ドロップダウン メニューの下部にある [新しいプロジェクトの作成] をクリックして、新規プロジェクトを作成します。

  4. リポジトリを表すリポジトリ名を入力します。これは URL にも表示されます。リポジトリ名が 62 文字未満に制限されていることをご確認ください。これは、URL に表示されるリポジトリのスラッグのサイズを制限します。

  5. リポジトリを公開してすべてのユーザーが閲覧できるようにする場合を除き、リポジトリへのアクセス設定を [非公開] のままにします。

  6. リポジトリに追加したいファイルをすでに保持している場合、[README を含めますか?] で [No] を選択します。その他の場合は既定のオプションで進めるか、README オプションのいずれかを選択します。

  7. バージョン管理システムを選択します。どちらを使用すればよいかわからない場合は、既定システムである Git のままにします。

  8. [作成] をクリックします。

リポジトリを作成したら

リポジトリで実行したい操作に応じて、次のいずれかを実行します。

  • ファイルがない状態でゼロからスタート - リポジトリをローカル システムにクローンして Bitbucket リポジトリをローカル ディレクトリに接続します。詳細情報

  • バージョン管理されていない既存のファイルがある場合バージョン管理されていないファイルをリポジトリに追加して、Bitbucket にプッシュできます。詳細情報

  • 既に Git リポジトリにファイルがある場合 - バージョン管理されているコードを空のリポジトリにプッシュして、コミット履歴を保持します。詳細

新しいリポジトリの内容を確認しましょう。

最終更新日 2021年06月28日)
次でキャッシュ 1:38 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ