Slack を Pipelines と連携させる

Pipelines では、既存の Bitbucket 通知以外にも、リポジトリ全体または特定のブランチに対して、パイプラインやデプロイメントの結果について Slack に通知できます。


Slack アプリのインストール

  1. 通知を設定するリポジトリを開きます。

  2. [リポジトリ設定] をクリックしてから、[Slack] > [設定] を選択します。

  3. Slack の下の [接続] ボタンをクリックします。Slack にログインしていない場合は、Slack のログイン ダイアログが開かれる場合があります。

  4. リポジトリに接続する Slack ワークスペースを選択します。

Slack に「ようこそ」メッセージが自動的に送信されます。

 

通知の設定

通知は、リポジトリ全体またはブランチ単位で構成できます。

  1. Slack に接続しているいずれかのリポジトリを開きます。

  2. [リポジトリ設定] をクリックしてから、[Slack] > [設定] を選択します。

  3. 関連ブランチの右側にある下矢印を選択するか、必要に応じて新しく作成します。

  4. 受信する通知を選択します。

ブランチごとに通知を設定すると便利です。たとえば、規定の main ブランチではパイプラインの修正通知を受信して、リポジトリ内のその他のブランチでは受信しないようにすることが重要な場合があります。

Pipelines では次のような通知を利用できます。

  • pipeline succeed

  • pipeline failed

  • pipeline fixed (失敗した試行の後に正常に完了した場合)

  • デプロイメントの成功

  • deployment failed (エラー ステータスを含む)

  • deployment stopped (同時実行による一時停止を含む)

既定の構成はここに表示されます。

Slack 通知の規定の選択

: build failed および build succeeded は外部サードパーティ ビルド ツール用であり、Bitbucket Pipeline 通知には含まれません。

Slack でパイプラインの失敗通知を受け取ったら、Slack のチャンネルから失敗したビルドを再実行できます。

最終更新日 2021年06月 8日)
次でキャッシュ 7:12 PM on Oct 21, 2021 |

その他のヘルプ