ブランチをチェック アウトする

ローカル リポジトリで作業している場合、メイン コード行ではなくブランチ コードでチェックアウトや作業をしたい場合があります。メイン コード行と同じように、ブランチ コードを Bitbucket Cloud にプッシュすると、Bitbucket Cloud はユーザーに代わってブランチを追跡します。自分やワークスペースの他のメンバーがプッシュしたブランチを見るには、リポジトリのブランチ リストを参照します。

ブランチは高度なテクニックです。このページの情報は Git または Mercurial の決定的なガイドではなく、Bitbucket によるブランチのサポートについての参考資料です。ブランチを何度も使用する予定があり、詳細について知りたい場合は、使用中の DVCS (Git または Mercurial) 専門のサイトにアクセスするか、本を購入して詳細を学習することをお勧めします。

Bitbucket でチェックアウト コマンドを確認する

ブランチをチェック アウトすると、親リポジトリのクローンがローカル側に作成されます。Bitbucket のインターフェイスでは、ブランチをチェックアウトするための基本的なコマンドが提供されます。Sourcetree を使用している場合、Bitbucket では 1 つのボタンでチェックアウトを行えます。

  1. リポジトリの [ブランチ] タブから、チェックアウトしたいブランチをクリックします。

  2. [チェックアウト] ボタンを押して適切なチェック アウト コマンドを表示します。

  3. コマンドをコピー (または Sourcetree を使用したい場合は [Sourcetree でチェックアウト] を選択) します。

  4. ローカル マシンのターミナルを開き、リポジトリのルート ディレクトリに移動します。

  5. コマンド ラインに Bitbucket からコピーしたコマンドを入力し、Enter キーを押します。

Git を使用してコマンド ラインでブランチをチェックアウトする

このステップでは、<feature_branch> はお使いのブランチの名前を表します。

ローカル システムに、リモート リポジトリからクローンしたローカル リポジトリがあることを確認します。その後、次の操作を実行します。

  1. ローカル リポジトリのルートに変更します。

    $ cd <repo_name>

  2. すべてのブランチを一覧表示します。

    $ git branch -a

    次のように表示されるはずです。

    * main <feature_branch>
      remotes/origin/<feature_branch>
      remotes/origin/main

    ローカルのブランチと Bitbucket 上のリモート ブランチの両方が一覧表示されていることにご注意ください。一覧を参考に、チェックアウトしたいブランチを選択します。この例では、ブランチは feature_branch です。

  3. 使用したいブランチをチェックアウトします。

    $ git checkout <feature_branch>

  4. 対象のブランチで作業中であることを確認します。

    $ git branch

    次のように表示されるはずです。

    $ git branch
    * <feature_branch>
      main

これ以降、すべての Git コマンドはこのブランチに適用されます。リモート Bitbucket リポジトリへ変更をプッシュすると、これらの変更はリポジトリのブランチに適用されます。

 

最終更新日 2021年06月 8日)
次でキャッシュ 1:38 AM on Oct 16, 2021 |

その他のヘルプ